Eternal Medium Second Chaotic Room

ただの中二病だと思うなよ!!

ものを教えるとは厄介だ

考える事を考えない

あるいは考えない事を考える

 

 ふむ。真導院機足*1である!!

 

 最近はまた。人に教えるのは難しい。

 という事を考えている。

 

 まあ、何。

 よくある話で。

 

 あまり考えない人が何かの問題について考えると。

 そんなに深く考えた結論でなくとも。

 自分が出した結論にたどり着くことこそ「考えた結果」だと思っているので。

 

 他人に別の結論を言われた際に。

 自分の結論が間違っているかどうか自体を考えない。

 

 それでいて、自分の結論にたどり着いていない相手を。

「考えが足りない」と思っているので。

 相手にもっと考えることを要求してしまう。

 

 一方。その要求された相手が考え過ぎるだと。

 当然、自分の考えが足りない可能性を考えてしまう。

 

 なので。

 

 あまり考えない人の言った「考えろ」という意見を。

 真に受けてしまう。

 

 すると。

 

 あまり考えない人は、考えない結果。

 自分は考えていると思い続け。

 

 考え過ぎる人は、考える結果。

 自分は考えてないと思ってしまう。

 

 で、この状態を。

 

 あまり考えない人に教えても。

「自分は考えている」と思っているから。

 考えてないという事を考えないし。

 

 考え過ぎる人に教えても。

「自分は考えが足りないのでは?」と思っているから。

「本当に考え過ぎなのか?」と考えてしまう。

 

 うむ。

 人にものを教えるとは大変なことだ。

 

 などと、日々考えている我は……さて、諸君。

 果たして「あまり考えない」「考え過ぎる」どっちだと思うね?

*1:まどういんきたる

不真面目に生きてみる

もっと適当に!!

そしていい加減に!!

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 ……いきなりだが。

 このブログ。

 

 もっと適当、というかいい加減にしたい

 ……かもしれん!!

 

 という事についてだ。

 

 そもそも、我が思うには。

 このブログで応援したいような「自己評価が極端に低い人」は。

 

 真面目過ぎるのだ!!

 基本的には!!

 

 何故ならば、それは。

 

 他人から「不真面目」だの

「努力しろ」だの。

 非難されたくないからだ!!

 

 つまり、根本的には。

 

 世間的に悪いものとされそうなものに。

 手を出せないのと同じという事だ!!

 

 まあ、そもそも世間では。

怠惰」はであり「勤勉」こそ

 というのが多数派なので。

 

 いい加減なことができないこと自体が。

世間的に悪いものに手を出せない」という。

 まさにそれなのだが……。

 

 個人的にやっている事で、誰かと何か約束したわけでもないものまで。

 何で真面目に、律義にならねばならんのか!!

 

 という事だ。

 

 で、そう発言している我本人が。

 堅苦しいブログなどやっても説得力がないので。

 

 今後は。

 

 軽い記事もどんどん書く!!

 事にする!!

 

 という訳で諸君!! 楽しみにしてくれたまえ!!

 

*1:まどういんきたる

試行錯誤しつつ

何をやりたいのか……だ

我が目的は……

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 さて、どうも。

 このブログ、もう少し人が見るようにしたいと思い。

 

 そのためにはターゲットを絞らないと。

 と考え始めたのだが。

 

 改めてこのブログを我が始めた理由を考えると。

自己評価が極端なレベルで低い人のために。

「もっとワルになれ」と書くためだった……はずだ。

 

 と、すると。

 果たして今までのブログのやり方が良かったのだろうか?

 

 例えば日常に関しての記事とか。

 あるいは作品感想は必要だったか?

 

 などと現在少し考えている。

 

 いや、勿論。そういうのもあった方が。

 人々がこのブログを知る〈きっかけ〉にはなるだろう……

 

 かといって、そういう〈きっかけ〉のために記事に時間をかけ過ぎではないか?

 とまあ、そういうところである。

 

 ので、ちょっとブログに手を入れて。

 今後、少し方向転換しようと思っているので……。

 

 諸君!!

 期待して待っていてくれたまえ!!

 

 ちなみに。

 

 ブログ更新が滞っている理由は。

 そういう方向転換のためではなく。

f:id:mugiryu:20190226105142j:plain

 

 こういったグッズを作っているためである!!

 これに関しては、こちらで紹介しているので。

sessiion.com

 是非、読んでくれたまえ!!

 では、また次回!!

*1:まどういんきたる

きっかけなど何でもよかろうよ

やりたい事をやるがよい!!

自らの意思で選ぶがよい!!

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 ……うむ。ここ最近。

 小説の更新や、デザイングッズの制作などに忙しくてな。

 

 いくら我が闇の存在とはいえ、憑依している者の肉体は人間

 一人でこなせる量には限度があるという事だ。

 

 さて。

 だが、久しぶりに何かこのブログに書いてみようかと思ったので。

 今回は、我が様々なものに手を出していることから。

 

 やりたいことをやれ!!

 

 という話でもしようかと思う。

 

 うむ。よく我がこうもいろいろやっていると。

 

「一つの事だけをするのが正しい生き方だ」とか。

「あれこれやるのは良くない事だ」という。

 

 ありがたい言葉をいただくことがある。

 

 が、我にとっては。

 そのような助言はあまり役に立たない。

 

 そもそもだ。

 人生は一回しかない。

 

 我が人間ではないとはいえ。

 この肉体における〈人生〉もまた一度きりであろう。

 

 そして、その現実に気がついた時に。

「一度しかないから、一つの事を極めよう」とするか。

「一度しかないから、様々なことに挑戦しよう」とするか。

 

 それを選ぶのは各自の自由である。

 

 そして、我の場合後者を選んだのだが。

 無論、前者を選んだものは認めるし。

 むしろ我が選ばなかっただけに尊敬さえしている。

 

 だがまあ。

 個人的に、どうにも理解できぬのは。

 

 何か一つの事を極めんとするわけでもなく。

 かといって様々なものを楽しむでもなく。

 

 やりたい事をやると苦労するだとか、意味がないだとか。

 何らかの理由をつけて、結局何もしない者の事である。

 

 いや、別に。

 

 そのような者がいることも。

 あるいはそういう一生を送ることに満足するのも構わないのだが。

 

 我には理解できない。

 というただそれだけの事である。

 

 そして、我としては。

 その理解できない生き方に巻き込まれる事。

 これが中々に不快であるのだが……。

 

 まあ、それはともかく。

 

 もしも、何かやりたい事があり。

 そしてそれが金銭的あるいは時間的に可能であるならば。*2

 

 迷っているよりはやってしまった方が良い。

 と、我は思っているという事を今回の意見としよう。

 

 何せ、世間では。

なんでもできる、なんでもなれる」というではないか。

 挑戦してみて損はあるまいという事だ。

 

 ……何か光の者っぽい結論になったが。

 まあ、闇も光も両方やってみるのもよかろうよ。

 

 ちなみに。

 やりたい事の一環として、我は。

 バレンタインの時にチョコレート料理を作っており。*3

 

 今回は定番のガトーショコラパウンドケーキ

f:id:mugiryu:20190217153632j:plain

 

 そして、ポジョデモーレなる。

 メキシコの〈鶏肉のチョコレート煮込み〉を作っていた!!

f:id:mugiryu:20190217153719j:plain

 

 これに関しては。

 

 我が肉体の所有者が書いている別のブログである。

 こちらでも書いているので。

 

tribraver.hatenablog.com

 是非、こちらも読むがよい!!

 

 では、諸君!! また次回を楽しみにせよ!!

*1:まどういんきたる

*2:どこを可能な範囲とするかは人によりますが。まあ、できるところから手を出せばよいかと。

*3:そもそも中の人がバレンタインにチョコレートあげたい系男子ですが。同時に真導院機足に憑依している冥彩皇帝は性別不明なので。女子である場合もある……という。

二日ばかり遅いのだが

今週のお題「わたしの節分」

当日に小説なら投稿していたがな……

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 今回は、お題に節分関係のものがあったため。

 節分にちなんだ話を……。

 

 比較的知っている人も多いことだが。

 

 鬼を祀った神社仏閣や。鬼にまつわる苗字などを持つ家庭だと。

 節分でも「鬼は外と言わないことがあるという。

 

 そして。そんな場所の中では。

 我個人としては、かつて節分ではないときだが訪れたことがある。

 埼玉県の鬼鎮神社に、一度節分の時に行ってみたいものだが……。

 

 豆撒きだと「福は内、鬼は内、悪魔は外」というらしい。

 ……我は悪魔に入れられないだろうか? それが問題ではある。

 

 ちなみに。この鬼鎮神社以外に。

 全国に「鬼神社」という名称の神社が3つあることや。

 

 関東では鬼を祀った神社は鬼鎮神社だけらしいという事など。

 前から、この辺りはいろいろと調べてみたいと思っている。

 

 個人的に鬼は好きなので。*2

 

 で、ちなみに。

小説家になろう」の方で節分の日に。

鬼娘の災難という小説を投稿していたりするのだが……。

 

 こちら、是非読んでいただきたい。

 

 と、今回はこの程度の内容だが……諸君!!

 次回の更新も楽しみにしてくれたまえ!!

*1:まどういんきたる

*2:理由が、大人になってから最初に1年通してみた(≒はまった)特撮が『仮面ライダー響鬼』だったからというものであったりするのですが。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を

実は結構Queenは聴いていた

世代……ではないはずだが。

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1である!!

 

 さて、今回は。今月17日に見た映画。

ボヘミアン・ラプソディについて感想を書こうではないか。

 

 現在、我が肉体の年齢は30代前半なので。*2

 当然、Queenが若い頃に直撃した世代ではない。

 

 が、20代前半で頻繁に

 Queenを聴いていたという事はある。

 

 理由は……ジョジョの奇妙な冒険なのだが。*3

 

 Queenの場合。

 特に『ジョジョ』に関係のある曲が入っていないアルバムまで借りて聴いていたので。

 作中に登場した曲はほとんど知っていたりした。

 

 まあ、Queenとは関係なく。

 ライヴエイドのシーンで流れていた〈Sultans of Swing〉もわかったのだが*4

 

 それはともかく。

 

 我、個人的には〈Keep Yourself Alive〉から好きな曲が登場し。

 その後もKiller Queen〉や〈Another One Bites the Dust

 そしてタイトルにもなっているBohemian Rhapsodyなど。

 

 映画を見ていて、またQueenの曲を聴きたくなり。

 最近では頻繁に聴いていたりする状況である。

 

 さて、映画は。

 

 フレディ・マーキュリーを中心に。

 Queenのメンバーが描かれていたが。

 

 我は、Queenに限らず、今まで音楽は聴いていても。

 そのバンド、あるいはミュージシャンが。

 何者で、どういう人生を送り、どういう価値観を持っているか

 を、あまり意識していなかった。

 

 これは我が。

 物語として物事を認識するため。

 単なるプロフィールだと興味を持てないから。

 の、ようだが。

 

 今回の映画は当然、物語として描かれていたので。

 

 彼ら、特にフレディがどういう人物かがすんなりと頭に入り。

 しかも、フレディの人生には共感できる部分も多かったため。

 

 物語としての面でも、この映画は気に入ったというのがある。

 

 また、これにより。

 Queen以外のバンドでも。

 

 物語性のある描き方をしているもの。例えば自伝のようなものを読んで。

 

 この曲を作った人々は何者か。

 を、知るのも良いのではないか?

 

 などと思い、近々。

 昔興味を持ったバンドについていろいろ読んでみようと思っている。

 

 そして、その関係で。

 Queenのみならず、最近は洋楽を聴いているのだが……。

 

 うむ。

 やはり音楽は素晴らしいものだな!!

 

 という事で。

 今回紹介した映画は実に楽しめた。

 

 では諸君!!

 次回の感想も楽しみにしてくれたまえ!!

*1:まどういんきたる

*2:普通に年齢31歳という事です。あと1ヶ月ほどで32歳になりますが。

*3:ジョジョ』の登場人物やスタンド(超能力)の名称は洋楽からとられていることが多く、Queen由来のものいくつかある。

*4:この曲を演奏しているDire Straitsもまたジョジョで登場人物の名前の由来になっているため。

この世界VS我

この世に存在するのが間違い……ならば

その答えはただ一つ……

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 さて、このブログは。何度も書いたように。

 自分の存在そのものが許せない人。

 の、為に書いている!!

 

 とりあえずDIE SET DOWN」という曲の歌詞に共感できるならば。

 大体このブログのターゲットである。

 知らない人は是非検索してみてね。

 

 で、今回は。

 自分は「この世に間違って生まれた」あるいは。

「この世に生きているのが間違い」ならば。

 

 そう思っている人がするべきことは。

 現世界、現人類と対決し。

 自身の存在を証明することにある!!

 

 ……と、思うのだがどうだろうか?

 

 という話をしたい!!

 

 そもそも。

 何にとって。

 自分の存在は間違いなのか。

 

 そう考えると。

 それは社会の常識あるいは暗黙のルールである!!

 

 ――が、よく考えるとその〈社会の常識(ルール)〉は。

 そもそも人間が作ったものであり。

 

 それをさらに自分自身が解釈して作ったものである!!

 事が多い。うん。

 

 つまり、法律や規則として明確に定義づけられていない限り。

 それを厳格に守る必要性はない!!*2

 

 が、そう気がついたからと言って、自分だけならともかく。

 周りの常識、暗黙のルールを変えていくのは難しい。

 

 例えば。

 

 私の場合、自分が生まれたせいで人が死んだと思っており。

 だから世間の「人を死なせるのは良くない」というルールに反していたから。

 自分は生まれたのが間違いだったと思って生きていた

 

 が、よく考えれば。

 

 間接的にならば。

 誰だって人を死なせている可能性はあるし。*3

 また、全ての人は、誰かの悲劇の上に存在している!*4

 

 だから

「間接的とはいえ、人を死なせてしまったから悪」

 というルールは間違い。*5

 だと私自身は納得した!!*6

 

 ……が。

 

 これを周囲に

 言っただけで納得してもらうのはまず不可能だ。*7

 

 ……ので。私がやることは。

 

 私の価値観、別の言い方をしたら世界観を

 人々に広め。

 現人類の価値観、世界観を侵食する!!

 

 ……という事になると思う。

 

 と、説明したが。

 別の書き方をしてみると。

 

「自分が生まれた、あるいは存在するのは間違い」という価値観自体は否定せず。

 その「間違い」はどの(誰の)視点においての間違いかをはっきりさせ。

 

 そしてそれが「自分にとって」ではなく「世間一般の価値観にとって」ならば。

 生きるために世界と戦って構わない……と、なる。*8

 

 ここ。

 みんなを基準、つまり世間を基準にしていたら。

「みんなのために、自分の存在は間違い」になってしまうが。

 

 自分を基準にしたら。

「私の存在を否定する世界など必要ない」になる!!

 

 という話でもあり。

 

 こうやって意見を出すと。

 一般的には後者が悪いという扱いになってしまい。

 

 だから悪い価値観ではない前者をとると。

 今度は自分の存在が悪となってしまい……

 

 というループから抜け出せなくなってしまう

 ……ので!!

 

 それを断ち切るために。

 このブログでは。

 

 お前の存在を否定するものにとって善であるぐらいなら。

 そいつらにとっての悪になれ!!

 

 といっているのだ。

 

 まあ。そもそも。

 本当の悪人なら「自分の存在は間違いではないか?」などと思い悩み。

 他人のために自分の感情を押し殺して犠牲になんてならないだろうから。

 

 あまりにも自己否定が強い人は。

 ちょっとぐらいワルになって構わないぞ。

 ……という意味に思っていただきたい。

 

 という訳で。

 今回はここで終わりとしよう。

 

 では諸君!!

 また次回も楽しみにしてくれたまえ!!

*1:まどういんきたる。窓井来足(まどいきたる)の闇バージョン。要は中二病

*2:他者との問題が発生した場合は、その都度解決する。とはいえ、問題の発生は想定して動いた方が良い場合も多いので、この辺りは時と場合によると思いますが

*3:自分がやった些細な行動が回りまわって、人の死につながっている可能性もあるという事。バタフライエフェクトみたいなものかと

*4:わかりやすく言うと〈今の自分〉が存在するためには人類の歴史に起きたありとあらゆる悲劇も必要で、何故ならその事件が〈なかった世界の自分〉は、その事件の事を当然知らないから、その段階で〈今の自分〉ではないし。また、そういう悲劇によってできた技術や生まれた思想の影響を受けている以上は過去の悲劇を無しに今の自分はないと思います

*5:この場合の〈間違い〉は自然法則に反するからという意味で、価値観以前の問題になるかと

*6:「必ずしも悪である」が間違いで「絶対に悪ではない」ではないのでご注意を。また罪悪のうち〈悪〉は否定しても〈罪〉は否定していないというところもあるのですが

*7: 多分、普通の人は〈自分も人を死なせているかも〉みたいな残酷なことからは目をそらすと思います

*8:勿論先に書いたように、厳密には「世間一般の価値観と、自分自身が思い込んでいる価値観」なのですが