麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

ラノベとギャラリーと作家名

とらドラ!』とりあえず本編は読み終える

名前をとりあえず4つ持つ

 昨日の記事で、1日休むみたいに書いたのに、結局長文を書いたりしていまして。
 この記事を書いている翌日もぐったりしているので、あまり長くは書かないのですが。3つほど。

 

 一つ目は読んでいたとらドラ!について。
 僕はライトノベルを読み始めたのが20代前半(≒約10年前)ラノベのターゲット層からしたら遅く、本来、自分の世代なら読んでいたはずのものも読んでおらず。

 また、アニメ(主に深夜アニメ)を見始めたのもその辺りなので*1
 この『とらドラ!』はそんな「僕の世代なら見ていてもおかしくないけど見てない作品」だったりしました。

 

 で、本編が10巻程度と少ない*2こともあり、とりあえずその本編だけは先に読んだのですが。
 第1巻の段階で主人公とヒロイン、それぞれ複雑な家庭環境にあることはわかっていたのですが、その後しばらく、おそらくは他のメインキャラの紹介のためかその辺りはあまり触れられずに数巻が進み。

 しかし、夏休み明けの文化祭編あたりからそういった〈家庭問題〉の要素が出てきて。最終巻はほぼ家庭問題(特に親子問題)を扱った内容になっていました。

 

 さて。僕自身、最終巻で竜児や大河たちが抱えていたような問題。つまり〈自分が生まれたのは正しかったのか〉にいまだ悩んでいて。

 しかも〈間違っていた〉という結論よりなのですが。
 そうなった理由というのが、そもそもその原因の母が既に亡くなっているので「そんなことはない」という事ができず。

 しかも残った方の父もその一件に触れないのでこちらからも謝罪はなく。

 

 この作品の竜児も父親が当初からいないとはいえ、父親のいない理由が彼が生まれたことにあるのかは不明ですが。
 僕の場合は母親の死因が「家事や育児のストレス」なので家庭や子供を持ったことでもあり、結果的に僕が生まれた事*3が死に繋がっていると思っていることもこの作品の二人(あるいは他の登場人物)とも違うのかな……と思っています。

 

 また、この作品ではそれで全部片付いたわけではないですが。恋愛ものなので、恋愛によって事態が動いていった部分があるのですが。
 僕の場合生まれたのが間違いで、しかも異常がある僕は子供を持てない」から「恋愛や性は必要ない」という価値観になった……か。
 また、母が家事や育児のストレスから亡くなったため〈世間でいう女性的な事をしている女性を恋愛対象にできなくなったこと……などがあり*4*5

 

 思春期にまともに片思いすらしたことがなく。結果として恋愛によって何かが変わった経験が、30歳の今までなかったりします。
 なんか「恋愛で何かが劇的に変わるわけがない」とも思っていたのですが。
 よく考えると「失恋で」というのは現実でも聞きますし、なにより恋愛による結婚が普通の現在においては、恋愛で人生が変わるのもまた普通なので。今更ながらそう思ったと。
 
 と、こんなことを考えながら読んでいましたが。
とらドラ!』はスピンオフの方まで読もうかと。アニメまで見るかは未定ですが。

 
 次に、午後から晴れたので。相模原市古淵にある〈もざいくハウス〉というところでやっている「あてのない表現展」に行ってみました。
 これは古淵の隣にある淵野辺駅でポスターを見かけて、アートブリュット*6に関係があるとしていったのが一つ、それとアニメ系のイラスト作品がありそれが気になったので行ったというのがあります。
 
 で、ここの作品も面白かったのですが。関係者や作家さん、さらには他のギャラリーへのお客さんとの話が面白く。
 特に2名ほどには僕が町田市を舞台にして制作しているヒーロー作品『超伝神トライブレイバー』のプロットと設定、更に現在制作中の作品を見てもらいたいと思い。
 最終日の26日に再び行くことを約束しました。

 

 で、最後に。そのギャラリーに行くまでに歩いていて考えをまとめたのですが。
 僕が今使っているハンドルネーム、あるいは作家としての名称に〈麦粒〉と〈窓井来足〉があるのですが。これらを〉あるいは〈〉や〈〉の面としたら。

 その裏〉あるいは〈〉や〈〉の面として麦龍〉と〈真導院機足を使おうかと思っています。

  まあ、〈負〉あるいは〈暗〉〈動〉などの面の方はこの時の思い付きで漢字を当てているのですが。


 ただ一応〈龍〉を当てたのは〈架空のとはいえ動物〉なので〈粒〉より動きがあることだったりしまして*7
 また、〈マドイ〉を〈マドウイン〉と読ませるのは実は〈窓井来足〉を考えた際からあって*8
 まあ、なるようになったというところです。

 

 ちなみに同時にですが。〈ムギリュウ〉の方は〈現実(物質世界)〉での名称で。
〈キタル〉の方は〈虚構(精神世界)〉での名称とも考えていて。
 なので、キャラクターとして僕自身の分身を作中に出す場合は〈窓井来足〉か〈真導院機足〉になります……
 キャラクター名義で作品を作った場合の作者名も〈窓井来足〉〈真導院機足〉になるので*9結構この辺りは曖昧です。

 

 また、フィクションの中の自分は、この世界における僕の年齢や性別……というか身体そのものとあまり関係ないため。
 例えば〈仙人のような老人〉〈ハイティーンぐらいの少女〉〈性別不明のアンドロイド〉〈人語を使う犬〉などの名称として〈窓井来足〉〈真導院機足〉を使用することもあります。
 では、よろしくお願いします。

 

f:id:mugiryu:20171124201214j:plain

ちなみに、ギャラリーの前にはこんな感じでポスターがだな……

*1:先日の記事で散々書いた『武装錬金』がアニメ化した際に「どうせなら深夜アニメ片っ端から見てやろう」としたのがきっかけだったりします

*2:書くと多いんですがねぇ……書くと

*3:実は、小学校低学年の担任に母が僕のことで「お宅の息子さんは脳に異常があるのでは?」と言われていて、しかも母がそれを僕に言ったので、結果として「母が亡くなったのは、異常がある僕が生まれたせい」とも思っていました。ただ、結局異常が先天的にあったのかは謎で、むしろこの一件により異常が出た可能性の方が高いという……

*4:ただ、僕は心理学などは独学で本を読んだだけなので、実際これらが恋愛観にどの程度どう影響していたのかはわかりませんが。実際、ボーイッシュな女性と知り合う18歳ごろまで、そもそもの〈初恋〉あるいは〈片思い〉にあたるものが思いつかないので

*5:恋愛対象に関して。僕の好みは〈カッコいい〉か〈闇を感じる〉なのですが、なんか最近これらは〈僕がそうありたいが、抑えてきた感情〉に非常に近い気がしています

*6:僕自身は美大受験をしていたので〈美術教育を受けていない〉とはいいがたい反面、その時には数年かかって1枚も作品が完成せず、精神病んで絵を描けなくなり、今描いている絵はその後に独自に学んで描いたので、なんと扱ってよいものか……

*7:〈竜〉あるいは動きがあるというなら〈流〉でもよかったのですが、せっかく暗黒面の名前なので中二病っぽくこっちを使おうかと

*8:前にも書いたようにこの名前は〈惑い来る〉に〈窓(ウィンドウ)で風、井は水、来と足は〈麦〉の字を上下分割したもので植物(あるいは大地)〉という意味もあり。〈麦〉はそもそも本名由来だったりはするのですが

*9:キャラソンの歌手が声優さんではなく、キャラクター名だったりするのに近いかと。声優さんの名前も一緒に入っていたりしますが……

体力がそろそろ限界……ですが

中学時代から好きな作品の作者が……

いまだ「僕の見間違いでは?」とさえ

 朝4時半に起きました。今までむしろ3時から4時ごろに寝ていたことを考えると、何か妙な感じですが。眠気はあまりありません。

 

 で起床後、絵を描いたり部屋の片づけをしたりして、間にゲームをちょっと遊びながら昼まで過ごしました。
 実はここ最近、身体的に無茶な行動をしている(スケジュール的にきつい)ので、疲れと、肩や首の痛みがあり、この日はできればゆっくりしようと思っていました。

 実際にはテンション的に抑えられなくてできていませんが……。
 
 でラブライブ!スクールアイドルフェスティバルなんですが。
 プレイヤーのメッセージ欄に「凡俗人間ゲカイダー共よ、闇の大堕天使夜翅様の前に跪くがよい!!」と入れておきました。
 一応断っておくと「ゲカイダー」は〈下界だー〉であって〈外科医だー〉ではないです。鏡飛彩さんとも関係がないという。
 このゲームに登場する堕天使ヨハネ*1がよく〈下界〉と言っていて、自分を堕天使だと言っておられるので。そこからの名称です。

 
 しかし元ネタの〈キカイダー〉という名前に加えて〈ハカイダー〉や〈ビジンダー〉〈ワルダー〉という名前。
 一発でどんな奴だかわかるあたり、結構パロディしやすい名前だと思っています*2
 

 昼食後、疲れから一度昼寝していて。起きた後、ヒーローなどのキャラクターデザインのラフを描いたのですが。
 それをちょっとTwitterに書き込んだ際にるろうに剣心明治剣客浪漫譚』の作者、和月伸宏さんが女児の児童ポルノ動画を所持したとして書類送検されたと知って、ショックを受けたりしました。

 

 おそらく彼が幼い子供が好きだというのはまあ、作風からうすうす思ってはいたのですが。
 一方るろうに剣心』の頃は女性の裸や水着などは描くのが恥ずかしくて苦手武装錬金』の時にようやく水着を描いたり。
 女性キャラクターに羽根をつけるのは露骨過ぎて嫌だとも言っていたので、女性に対してはもうちょっとストイックな感じを予想していたのですが……。

 

 他にも仮面をつけて顔を隠す奴が美形なわけがない」といいつつファンから指摘されたからか最終的に〈恥ずかしがり屋だから〉という理由の顔を隠した可愛いキャラを出したり。
 キャプテンブラボーのラッシュに「ブラブラブラブラ」という掛け声を入れようとしたけど元ネタがわからないと伝わらないからやめたり*3
 刀での戦いの面白さは間合いだとして〈飛ぶ斬撃〉を批判したり*4
 雑誌の方でパピヨン武装錬金*5の名前をニアデスパピネス〉と誤植されたのが面白いとしながらも、元ネタがあるからとして〈ニアデスハピネス〉に戻したこととか。
 結構、創作に対しての姿勢がしっかりしていて、そこも気に入っていたりします。

 

 ……『武装錬金』の話題が多いから補足すると、異能力バトルでもないのに「自分に催眠術をかけて強化」「腕が伸びる錯覚で攻撃」「刀から炎が上がる仕掛け」などの理屈を説明することで行うという『るろうに剣心』の戦闘は結構好きでしたし。
 何より新選組斎藤一と聞いて最初に浮かぶのはあの斎藤一で、歴史上の人物の方が〈あれの元ネタになった人〉なんですよね。

 何せ中学生の時に夢中になった漫画なので、歴史上の事件や偉人より先にこっちで知ったという。

 

 あるいはGUN BLAZE WEST』でボツにした〈デューク・ザ・パピヨン〉とかを『武装錬金』で設定を変更して登場させたり。
 同じ作品の甲冑男爵(アーマーバロン)というキャラクターを破壊男爵(バスターバロン)という武装錬金として再登場させたりするあたりで。
 キャラクターに対しての思い入れが強いのだろうなぁ……とも思っていて、そこも好きです。


 が。ただ、僕が和月作品を読んだのはその『武装錬金』までの3作で。『エンバーミング』は読み切りと、他最初の数巻しか読んだことがなく。
 最近連載開始したという『るろうに剣心』はまだ全く読んでいなかったりしました。

 

 しかし、僕が今こうやって作品を作る方法を知っているきっかけになったのは和月さんが単行本などで創作の裏話を明かしていたことが大きく
 また時代の陰には虐げられた者たちもいる」という『るろうに剣心』のメッセージや。『武装錬金』のパピヨンの「奇麗事ばかり並べる偽善者は結局誰も救わないし救えない」という価値観は好きなので。
 正直、事件を知って何かの間違いではないのか?」「騙されて買ったのでは?など、いろいろ推測しています。
 
 ですが、もし事実なら。反省してやり直していただきたいと思っていて。

 何故なら和月さんの作品のメッセージには「過去に過ちを犯した者も償い、やり直せる」というのもあるので、それを描いた以上は自分もやってほしいという事です。
 もし、やり直しすらしなかったらファンレターとして「謝るなよ 偽善者*6パピヨンのコマを、いちいち手描きで模写して送り付けるかもしれません。

 

 と、このニュースを知った後、時間的に即、市民大学に行って。
 その市民大学の講義自体は比較的集中して聴けたのですが、市民大学が歴史講義で今回の講義は違うとはいえ、少し前まで明治を扱っていたので。
 その際に感想文などで『るろうに剣心』を紹介していたこともあり、先の話題は頭から離れませんでした。

 

 ただ、こんな時期なので。逆に励ましのファンレターでも書いて送ろうかというのもあり。この時期だと誹謗中傷の手紙が多そうなのでどうしようか迷っていますが。
 かえって傷つく気もしますが、ファンとしては〈奇麗な思い出〉を穢されたんだから当然なんですよね……。

 逆に、濡れ衣であったら励ましになるわけですし。

 

 また、ド素人とはいえ一作家としての自分は、自分の過去に書いてきたキャラクターに失礼じゃないか?
 特にキャプテンブラボーみたいな〈子供たちの夢を護る〉という正義側の奴とか、逆に悪役として描かれたのに作者が事件起こしたという意味では悪側のキャラクターもですが。
 なんて、思い。

 自分自身も作品創り続けたらより一層、生き方に責任を背負うんだろうなぁ……と、思っています。

 

 しかし、創作の力でとはいえ〈この世は所詮弱肉強食〉と思っていて力により世を変えようとしていて、ある意味では国盗りをしようとしている僕が。
 それを悪と描いた作者に対して、こう説教臭い文章を書くというのも皮肉なものです。

 

 まあ、後は児童ポルノということでいうと。


 作者がロリコンなのは大体予想ついていたが、この人の場合は身体じゃなくて「思春期ごろの揺れ動く少女の内面」とか、そっちが好きなロリコンだと思ってたぞ。

 ポルノ自体もそうだが、全国の少女のファンを裏切った以上〈少女愛としても失格なんじゃないのか?

 というか、なんだキミ「Hでキレイなお姉さん」が好きなんじゃなかったのか?*7

 みたいな、皮肉もありますね……。

 

 まあ、ここまで酷く書いておいて「実は中身アニメだと騙さえて買ったら実写でした」みたいなオチだったらどうしようかなぁ……とも思っているんですがね。
 ……いや、そうだと結構信じているんですよ。

 これなら「少女に興味があって購入」でも嘘ではないですし。


 またはGUN BLAZE WEST』連載時に流れた「作者は宇宙人にさらわれた」とかいう話……だったりするかもしれないですからね*8

 

明日やろうが馬鹿野郎か試してやる……

 で、翌11月22日。

 また今日も4時半に起きました。多分精神が昂っているのでしょう。
 創作的には良いのですが、体力が減少していってそこが良くないという……。


 まあ、昨日の和月さんの一件とは関係なく、創作面でテンション上がっているだけなのですが。
 それでもやっぱりあの件に関してはいろいろ考えさせられました。

 

 ただ、2つの意味で僕は彼の作品、あるいはそのキャラクターに罪はないと思っていて。
 1つは「過去の段階では悪事を行うかどうかはあくまで可能性だった。その段階で生み出したものは今の本人とは別のもの」というリアルな意見。
 もう1つは「創作というのは、異世界の波動を受け取ってそれを〈こちらの世界〉の作者が表現したもの」という非現実的な意見*9なのですが。

 

 ただ、今後も特にこの手の事件なので『武装錬金』の斗貴子さん*10の台詞から。

エロスはほどほどにと言っていたのに、このブタ野郎!!*11とは言われるのだろうなぁ……と。

 

 で、まあ。

 話は切り替えて。いきなり中二病の話を。


 僕はそろそろ〈むしろ中二病をカッコよく扱った芸能人〉みたいな人とかがブームになると予想していて。
 で、その前にだが、その中二病日本じゃ二番目だ*12といえるような人物になろうかなぁ……と。

 

 まあ例えば「俺に邪気眼などない。何故なら俺の全身は邪気が満ちている故、眼だけ特別視する必要性がないからだ。お前は自分の目をわざわざ人間眼とか言うのか?」*13とか。
「大気を操り、絶対零度とそれを相殺するだけの熱を発生させているから何も起こっていないように見えるのだ」

「ただ歩いているのではなく、俺を中心に宇宙そのものをずらして移動しているのだ」みたいな。


 すでにある中二病ネタを利用したネタや、凄そうな能力だが起きていることは普通なネタならいくらでも出せるので。
 この手のネタを連発するような奴に……とか、考えています。

 

 で、そん関連で「闇の力」とか考えていて。

 ヒーロー作品がわかりやすいのですが。この手の作品はやはり悪(主に闇)と正義(主に光)がいて、作品は完成していて。
 悪が視聴者の欲望や負の感情の代わりに悪事を行ってストレスを発散させ、頃合いを見計らって正義が前向きな方に持っていくとなると。

 実は悪と正義が協力して視聴者の感情的な問題を解決しているのではないかと考えたりしていました。


 この要素は、プリキュア』シリーズみたいな女の子が変身する作品*14でよくある敵幹部が登場人物の心の闇から怪物を生み出すだと分かりやすいのですが。

平成ライダー』でもOOO』や『ウィザード』がこの手の感情や精神由来の怪人でしたね*15


 ここから最初から悪役と魔法少女が実は協力していて、負の感情を発散させてから浄化し、人を救っている」みたいなストーリーを考えたりもしていました。

 

 で、今日はそんなことを考えながらも、予定通り美容院に行ったり、夕食作ったりしました……が。
 原稿(文章)とイラストの描き過ぎで気持ち悪くなってきたレベルなので。明日は丸ごと休むことにしました。

 このブログも、更新自体は休もうかなぁ……と、思っています。

 

f:id:mugiryu:20171122202751j:plain

f:id:mugiryu:20171122202757j:plain

22日昼食のチャーハン風炒め飯と。

同日夕食のパスタとトリッパのトマト煮(トリッパはレトルト)。

*1:人間としての名は津島善子

*2:ちなみに〈ザ・ブレイダー〉というのもいますが、これは『人造人間キカイダー』ではなく『超光戦士シャンゼリオン』の2号ヒーローで、その上別段無礼ではないです。強いて言えば(善意とはいえ)勝手な勘違いで貴重な資料を食べてしまった上、その理由が「資料の所有者の上司に対して『こんなものを食べていたなんて』と勝手に思い込んで、共感するため食べた」だったのが無礼だったのかもしれませんが

*3:でも「ブラボー!おお…ブラボー!」は入れた。『武装錬金』には『ジョジョ』ネタがいくつかありましたが、第1回目のパピヨンとカズキの戦いは〈舞台が屋敷〉〈人間やめる&仮面〉〈主人公の槍を掌で防ぐ〉〈その後、主人公の武装錬金の名が〈サンライトハート〉になる〉〈一方、パピヨンも生きている〉〈主人公の師匠的存在も登場〉など第1回目のディオとジョナサンの戦いをオマージュしていると思っています

*4:まあ、自分ならあえてそれを使ったネタをしますが。例えば〈実は飛ぶ斬撃に見せかけた別のものだった。だって、誰も飛ぶ斬撃なんて見たことないから〉みたいな。作者自体が『るろうに剣心』で〈飛ぶ斬撃〉ネタを使って失敗したことや、和月さんと関係のある漫画家の方の作品に飛ぶ斬撃技が登場していたことと関係していたのかもしれません

*5:漫画タイトルではなく、異能力あるいは武器の名称です

*6:単行本『武装錬金』(2) 第17話「FADE TO BLACK」より

*7:武装錬金』(1)第6話「VS蛙井(後編)」で主人公のカズキの部屋にエロ本を持ってきたカズキの友人・岡倉に対して、たまたま部屋にいたヒロイン・斗貴子が言ったセリフと、そのエロ本のタイトルより。しかし、こういうのブログに書いていると「自分の作中でエロネタやった後に性的な問題を起こしたくないなぁ……絶対」と思ったりもします

*8:今回の記事の出展まとめようかと思いましたが。場合によっては単行本ではなく、雑誌か何かの記事に書いてあったこともあった気がするので。間違っていたら誰か指摘してくださいという形にしたいです。あまり鵜呑みにされると困るとも言えます

*9:ただ、自分の創作は大体この方向で作っていて〈フィクションにリアリティ〉だけでなく〈リアルにフィクション味〉を与えているという。また作者が間違って矛盾などを描いてしまった場合も〈作者の波動の受信ミス〉〈向こうの世界では辻褄が合っている〉などで対応しています

*10:実は相当好きなヒロインなのですが。ヒロインなのに顔に傷があり、カッコいい頼れる先輩キャラというあたりが特に。主人公のカズキという公式なカップリングがあるので自分の恋人扱いは……というか、和月作品のキャラクター、特に女性って大体公式に恋人関係や片思いの相手がいる気がしています。『GUN BLAZE WEST』コリス・サトーぐらいがいないのですが、彼女の場合、打ち切り作品のかなり後半からの登場なので

*11:台詞の前半は『武装錬金』(1)第6話「VS蛙井(後編)」、後半は『武装錬金』(3)第19話「カズキと斗貴子の選択(前編)」より。しかも後半はモブに紛れて出演していた作者の分身の豚キャラクターへの台詞だったのがなんとも……

*12:元ネタは『快傑ズバット』ですが〈中二〉なのに〈二番〉で否定されるというネタです。念のため

*13:なんかデーモン小暮閣下の「お前は自分の子供に“人間”と名前をつけるのか」に近い発想ですね。これ

*14:変身ヒロインとしたいですが、女性だけれどヒーロー扱いのもあるので

*15:どちらも錬金術、魔法由来のヒーローなのが気になります

名前からして圧倒的中二力……っ!!

最終復讐者/絶夢……とは?

詳しくは後程……なんですが

 昨日は結局3時ごろまで作業したり読書していて。
 今日は起きたのが9時頃でした。

 

 11時から町田市内にある団体にカウンセリングを受けに行き。
 そこでまず金曜日に受診した心療内科*1の対応がおかしい

 具体的には「部屋に悪臭が漂い、しかも消臭スプレーが2本も置いてある(≒悪臭は僕の気のせいではない)」「何故か〈抗鬱剤で対応できるか〉ばかりを話題にあげる」「こちらの価値観を否定する」といったことをしたと言っておきました。


 また、電話で私の相談を受けた知り合いが〈世界平和〉や〈人類愛〉を語っておきながら実際には困っている人を助けたりはしないという事と。
 そこから奇麗事ではなく、虐げられた者を助けるために、今後は僕自身が活動していきたいと思っているという話をしました。

 

 あとは、母の亡くなる前の日記について。

 父は「プライバシーの侵害」といって、母の育児日記を私が読めないように処分してしまいましたが、何故かこれだけはそのまま放置してあって、今現在私の手元にあるのですが。
 いつまでもこれを隠しておいても、僕が辛いだけなので、僕がその日記から感じたことをカウンセラーに言いました。

 日記の内容や、文字の線の太さなどからいくらか推測できたことがあるのですが、流石にそれはここで明かすのはやめておきます。

 

 と、こんな感じのカウンセリングでしたが。
 個人的に自分が生まれたのは間違いで、間違って生まれた者がさらに子供を持つのも間違い、そして子供を持っても親子ともに幸福になれるとは限らないから子供を持つこと自体が間違い。よって、人間は子供を持つべきではない(結果、人類は滅びるが関係ない)」という価値観を持っている僕ですが。

 この価値観に至った人間、しかも発想ではなく実際に人生に影響を与えるような、根幹的な価値観になっている人間はどのくらいいるのかが気になっていて。


 もし少数なら大学かなんかで心理学や精神医学か何かを研究している方にデータをとっていただきたいし。
 逆にそれなりにいるのなら、他のそういう価値観の方がどうやって生きているのか教えていただきたいと思っているとも話しました。

 

 さて、そんな感じでカウンセリングが終わった後は。
 町田駅周辺でちょっと買いたいものを探し、あまりなかったので近所の百円ショップに行って、コスプレ用の武器の材料を買いました。


 コスプレと言っても既存のキャラクターや何かの職業、あるいは歴史上や伝説上の人物、怪物などになるのではなく、完全にオリジナルのものですが。
 丁度ハロウィンの売れ残りの鉈型のおもちゃが置いてあり、また音が出るカラクリの銃のおもちゃもあったので、それを1つずつ購入しました。
 あと、コスプレに関して、眉毛がボサボサなのが嫌だったので水曜日の12時に美容院で髪と眉毛のカットを予約しました。

 

f:id:mugiryu:20171121072837j:plain

こんな感じでくっつけたい……

 

 で、この買い物の途中で。2つほどくだらないことを考えていて。
 一つはこの際彼女5人ぐらい作ってやるかという事で。

 

 僕の場合。

「肉体的関係は〈手を繋ぐ〉のレベルで相手が求めなければしない」

「付き合う異性にも当然『ほかの異性とも付き合う』と公言する」

「実際に既に誰かと付き合っていた場合、2人目以降はその既に恋人である人と会わせる」

「内面的に異性であれば身体の性別は問わない。場合によっては年齢も問わない*2

 ので。


 果たして「君だけを愛している」と言っておきながら、別れてからまた別の相手と付き合う人、しかもそのたびに肉体関係を持つような人とどっちがより純愛なのか*3


 そう考えたという感じです。

 まあ、それでも「創作活動に必要ない」なら付き合いませんが。
 まあ、もし僕が裏切ったら、このブログや顔写真あるいはその他活動のアカウントなどを晒して「こいつは裏切り者」とでも報復して構わないとも思っていたりします。
 無論、それが不当な罵倒だった場合、こちらも反撃しますが。

 

 それともう一つのくだらないことは「僕は〈新世界の神〉よりは〈新世界のアダム(あるいはイヴ)〉になるべきだと思う。しかし僕自身は〈新世界の悪魔〉にでもなる」と思っています。
 このアダムとか悪魔というのは、神を一神教的な神として考えての表現ですが。
「自分だけが偉くなる」よりは「自分のような人間を増やす。その第一号」の方が僕は共感できて。


 しかし僕は、誰にも僕みたいに「この世に生まれたのが間違い」だとは思って欲しくないので。

 仮に新世界ができたら僕みたいな異常者は「悪魔(あるいは悪魔憑き)扱い」されるだろうなぁ……という事です。


 まあ、この辺りの価値観、あるいは逆に「科学が発展する以前なら僕は妖怪や、〈悪霊に憑りつかれた人〉と扱われただろう」というのがあって僕は自分のことを「悪魔」とか「妖怪」「悪鬼」と表現しているのですが。


 ちなみに、「新世界の神」云々を考えたきっかけはDEATH NOTE夜神月……ではなく、『仮面ライダーエグゼイド』檀黎斗神*4「私は神だ!私の夢は……不滅だ!!」の方だったりします。

 

 なんかどっちにしても中二病臭い話題ですが。
 何せ僕は〈EMSDEternal Medium Second Disease)〉(永遠の中二病)ですので。

 

 ちなみに、檀黎斗といえば。以前から。

「窓井来足ゥ!*5  何故君が創作のジャンルを一つに絞れなかったのか。何故様々なキャラクターを生み出せたのか。何故どんなに創っても満たされないのかァ! その答えはただ一つ……窓井来足ゥ! 君が世界で最初の……戒め憎むために生み出された〈戒憎人間〉だからだぁぁぁぁ!! アーハハハハハハハハハアーハハハハハハハハハ!!!」
 というネタを考えていますが*6

 どこで使うべきか。です。

 

 帰宅して、この日記を書いていたら16時になり、ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』の更新があって新しい称号が入手できるとされていたので。
 即善子推しの称号を入手しておきました。

ヨハネ推し」ではないのが気になりますが……やはり真名はみだりに唱えてはならないのでしょう。
 しかし、ヨハネみたいなアイドルを10代後半から20代前半ぐらいに知っていたら、僕はアイドルオタクになっていた……かもしれませんね。

 

 ちなみに、僕が遊んでいるラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』『Fate/Grand Order』『ファイアーエムブレムヒーローズのアカウント名を「最終復讐者/絶夢」(ラストアヴェンジャー・ゼムと読みます)に変更していたりします。

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝はメッセージ欄に書いておきました。


 意味が解らないかもしれませんが、この名称については12月以降に何なのか明らかにしていきたいと思っていて。
 あるいは以前載せたこの小説を読んでいただけるとヒントがあるかと思います。

 

www.pixiv.net

 

 ちなみに、僕の小説はまあド素人の一時創作というのもあって、今のところ見てくださっている人は、一作(あるいは一章)あたり多くても100人前後しかいないのですが。

 この作品は何故か〈いいね〉が2件、ブックマークも2件されていたりします。

 

 で、夕食に餃子を作りました。

 実は忙しくて朝から珈琲とか、缶飲料ぐらいしかとっていなかったのですが、まあ食べたので満足です。


 その後、ちょっとイラストを書いたり、このブログやCOOKPADのブログを更新しまし、体調があまりよくないので寝ることにしました。

*1:厳密には精神科ではなく、心療内科だったようです。ただ、精神障害の問題を扱うといっていたから受診したことには変わらないのですが

*2:流石に法に触れるような年齢だと危ないのでそっちは問いますし、よくある〈高齢者の遺産目当て〉と誤解されても嫌だからその辺も考えています

*3:私はそんな純愛みたいなものは奇麗事で愛はもっとドロドロしていると思っていますが、一方、奇麗事抜きの誠の愛はどちらかというと……です

*4:と、いっても当時は檀黎斗

*5:自分が創作関係で使っている名前。ですがこのブログでの名称〈麦粒〉も創作の方でも使っているので、今後はダーク路線は〈窓井来足〉で行きたいかと思います

*6:〈何故〉の後の内容などについては変更可能です

ゲームの話題、多めで

FGO』と『スクフェス

まあ、ぼちぼち遊んでますぞ

 体調がよろしくないです。10時ごろに起きたがなんか気持ちが悪く、ちょっと目も熱い
 喉の風邪は収まっているのですが、何か別の体調不良を感じます。疲れかもしれません。

 

 で、とりあえず気分転換に入浴しながら。
 昨日のブログでFate/Grand Orderを書いたことを改めて考えていて。

 

 そういえば、自分が好きだと初期のころから思っていた*1モードレッド、織田信長(ノッブ)、荊軻の三人。
 個人的には性格で判断していたのですが。


 モードレッドと信長は「一国の王になろうとしたが、途中で死んでいる」というところが。
 モードレッドと荊軻は「一国の王(皇帝)を討とうとしたら返り討ちにあった」というところが共通していて。

 しかしモードレッドは叛逆した側、信長は謀反を起こされた側
 モードレッドは己の為に王を討とうとしたが、荊軻は民の為に皇帝を暗殺しようとした
 と、立場は逆に近い形で違ったりするという。

 

 あくまでこのゲーム内での設定で、実際の歴史や伝説での描かれ方は違うかと思うのですが何か自分の好みがわかる気もします


 まあ、わかりやすく自分の好みを言うと〈カッコいい女性が好きで。
 この三人が〈史実や伝説では男性だが、ゲームでは女性になっている〉という共通点があるのはその辺りの影響の気もします。
 
 実際には男性だがゲームでは女性といっても、アルトリア(アーサー王)は何か違う気がする*2
 ドレイク姐さん(海賊・私掠船船長)はカッコ良すぎて頼ってしまう感じがあり、逆に心配な気もして。
 ネロちゃま(ローマ皇帝)は、好きなんですが……あのタイプだと恋愛対象と意識しにくいのが自分です。

 

 しかしノッブ
 他のサーヴァントが自分の死や、悪名を気にしたりする中
 本能寺のネタを連発し、そもそも生前から〈第六天魔王〉とか名乗っている(まあ、歴史上そうだったらしいですが)辺り
 他のサーヴァントから見たら「お前、何なんだよ」という感じでしょうね……その辺りが好きですけれども。

 

 昼食後。薬を飲んだからか、それとも単に寝起きが体調が悪かったのか。体調が回復してきたので。
 デザインしたかったキャラクターなどをラフですが一気に何枚か描いておきました。
 まだ足りないのですが。肩が痛くなったので、夕飯前には途中で一度やめています。

 

 夕食後は、部屋の片づけなどをしながら。
 一昨日から「闇は恋人」という発想になったのでラブソングなどを聴いてもさほど抵抗がなくなったことに気が付きました。


 特にラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』を遊んでいるとき、恋愛要素のある曲をやってもあまり抵抗がなくなったのは大きいですね。
 相手が闇なら見つめあおうが、抱き合おうが、口づけしようが大して抵抗はないので*3

 まあ、堕天使ヨハネ*4が『スクフェス』にいる段階で「闇は恋人」の発想に気がついても良かったかなぁ……と思っています。

 

 で、まあ片づけをしている最中もやっぱり絵が描きたくなって。結局一枚描き上げました
 ええと、クリーチャー系というか、今までの怪人とかとも違う化け物路線です。
 ただ、これは自分のためというだけの絵ではないので、今すぐは公開できないかと思います。

 

f:id:mugiryu:20171120210042j:plain

代わりに描きかけの作品を。これもまた今までと違う路線ですが。

*1:実際にはかなり好きな登場人物が多いので最早どれが好きとは言い難いですが

*2:ただし、腹ペコ設定は好きです。ご飯作ってあげたくなります

*3:恋愛は身体目当てではいけないと生きてきたので、手を繋ぐことさえ抵抗があるのですが。闇はそもそも身体を有していないので関係ないという事です

*4:島津善子……という人間の名前を名乗り真名を隠しているが、その正体はあまりに美しいため天界を追放された堕天使。という設定の女子高生アイドルです。おそらく漢字表記では〈夜翅〉で『ヨハネによる福音書』の「一粒の麦」の例えになぞらえ歌で情報を広めるのが目的なのでしょう。堕天使なのに聖人の名と同一なのは「悪魔も聖書を引用する」と『ヴェニスの商人』にもあるので、そういう事だと思います……いや、僕の周りに『ラブライブ!』のファンが誰もいないので、僕が勝手にそう思っているんですが

Eternal Medium Second Disease

 圧倒的な中二力!!

我は醜悪な獣なり!!

  昨日は、正確には今日ですが4時ごろまで起きていて。
 今日は10時ごろに起きたのですが、風邪がやや悪化していました。まあ薬を飲んだら落ち着きましたが。

 

 起きてから、今後の活動方針やこれまでの記録を資料にまとめて、更に絵を描いたり小説を読んだりしながら。
 そういえばTwitterをやめた13日から作品の制作速度が速いし、そのうえでこのブログの記事も書いていると気が付き。
 この際、Twitterはただの宣伝にだけ利用しようかとも思いました。
 まあ、小説の執筆が止まっているのですが。絵の方の作品展が近いので仕方がないかと思います。
 
 で、昼食後。昨日寝る前に考えた「おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ」に対しての「闇っ娘を見つめたら見つめあえる」に関して。

 冗談みたいなことを言ったつもりでしたが人が恋に落ちるように私は闇に堕ち、人が恋人と見つめあうように私は闇と見つめあい、恋人を抱くように闇を抱いているとしたらまあ、詩的な(中二病的な)表現で許される気もしました*1


 というか、僕は。大抵のフィクションで出てくるキャラクターで闇系キャラは男女問わず好きだし。

 一見明るくても影があったり、あるいは自ら〈叛逆〉とか〈魔王〉とか名乗ったりするようなタイプだったりするので。むしろ、なんで今まで光の側にいたのかが謎とも言えます。
 そもそも〈正義の味方〉ではなく〈弱者の味方でありたいなら、大抵悪役にされる側の〈の方を味方するべきなんですよね。

 

 まあ、それで言うと「生まれてきてよかった」という人より「生まれてきたくなかった」という人の方が。

 そんな価値観を持つまでに虐げられていて、しかも周りにそれは間違っていると価値観まで否定されるので。
 むしろ僕は、ほかの似たような価値観の人のためにも「この世は地獄以下。生んだ奴が悪い」と主張していいかと思っています。


 ただ、そういう価値観の人間が僕とともに闘う側に属するか。それとも単に助けを乞う側になるか。
 僕自身が今、こんな状況な以上一方的に助けを求められても助けられないので、できれば闘う側に回って欲しい反面、弱っている人に闘いを無理強いはできないと思っています。


 ただ「(仮面)ライダーは助け合い」という言葉があるように、虐げられたり悲惨な目に遭ってそれでも立ち向かいたい者同士が、立ち向かうために協力するのなら僕は参加したいと思っています。

 

 それと。家で「闇だ」「地獄だ」などと言っていると妹に中二病扱いされるのですが。
 母親が自殺のような死に方をし*2友人も自殺の可能性のある死に方をし、別の友人は女性に暴力ではなく騙したとはいえ乱暴を働いたとしたら。
 その状況で闇やら地獄というのを〈中二病〉と言われても困ります。


 が、この際〈中二病の汚名を豪快に名乗る〉のも悪くないかと思い〈永遠の中二病という意味で。

EMSD(Eternal Medium Second Disease)〉

 とでも名乗ろうかと思っています。
 エターナルと入っていたり、本来の意味とは微妙にずれているあたりがかえって中二病っぽいのでありかと思っています。

 

f:id:mugiryu:20171119164201j:plain

創作風景。見よ! これがMSP(中二力)だ!!

 

 その後は今日返却しなければいけない小説を読んだり、作品制作をしたりして夜まで過ごしました。


 返却予定だった小説は読み終わったのですが、現在読んでいるフランケンシュタイン・コンプレックスという本は結構興味深く、まだ『フランケンシュタイン』の章の途中ですが。


 単に原作(厳密には和訳ですが)小説を読んでいる際は意識しなかったこと。

 例えば200年前の執筆当時、人類は北極点に未到達で、電流と磁力は別のものでマスクウェルの電磁理論は登場していなかったこと。

 あるいは生み出した科学者のヴィクター家は美形の多い血統なのが醜い怪物との比較になっていることなどを気がつかされたのは非常に良かったです。


 それとこれは小説を読んでいる時から思っていたのですが、怪物は醜い容姿ですが、一般的な怪物とは違い、知的で言語を操る能力に長けているというところで、生みの親であるヴィクターとは物理的な戦いではなく、論戦を繰り広げるというのがあり。
 この辺りが非常に気に入っていたりします。

 

 で、怪物の台詞の中に世にある無数の人間のなかに、おれを哀れみ、助ける者はひとりもいない。敵に対して優しい心をもてというのか? 否。その瞬間から、おれは永遠の戦いを宣言したのだ。人類に、そしてとりわけ、自分を創り、このしのびがたい苦悩のなかへ送りだしたその男にというのがあり。
 非常に共感できる……と言っても僕には哀れんだ者はいるし、助けようとした者までならいるから、ここまで酷くはないですが。


 僕は自分のことを「人類は滅びればいい」などと考えるまでになった〈醜い化け物〉だと思っていて。
 この内容の特に後半についてはすごく〈怪物〉に「お前は孤独ではない。ここに後輩がいる」と言ってやりたくなります。

 

 おかげで最近Fate/Grand Orderフランケンシュタイン*3を愛用していて。
 自分の中では彼女を〈フラン先輩〉と勝手に思っています
 実のところ、今年の夏の水着ガチャで、織田信長*4狙って回したのにフランケンシュタインとネロ*5だけが来て。
 フランについては3枚も来た*6ので。何かの縁かもしれません。

 

 ちなみに親に叛逆した人造人間という意味では自分が好きなキャラクターの一人であるモードレッド*7も同じなのでこちらもモードレッド先輩なのですが。
 彼女に加えてジャック・ザ・リッパ―*8あたりのFate/Apocrypha組とは生まれた事、生きる事」について議論したいかと。


Fate/Apocrypha』組なら子供の幸せを願っているアタランテ姐さん*9も交えてこの辺り語りたいですかね?

 

 しかしFate/Grand Order』の影響と、そもそものシリーズで聖杯が胡散臭いせいか。
 Fate/Apocrypha』はまだ小説版を買ったはいいものの、読めていないのでラストがわからないのですが。

 

 アニメ。現状だと「胡散臭い人(天草四郎)が胡散臭い道具(聖杯)を使って、胡散臭い目的(人類救済)を達しようとしているのを、胡散臭いおじさん(シェイクスピア)が喜んでいる」というのが敵側で。

 一方、個人的にこの作品の味方側であるジャンヌから感じるのは「正義感や親切心で相手を傷つけ、悲劇を生んでしまう人」なイメージで。


どっちも味方したくねーッ!!がんばれモーさん。あとアストルフォくん可愛いという感じで見ています。

 

 さて。寝る前に自分の仕事について。
 どうして芸術などでは〈業種業態〉という価値観が理解されないのだろう? と考えていて。


 僕の職業に一番近いのは、岡本太郎の言う〈人間〉なのですが*10
 例えば画家とか小説家というカテゴリーは〈業種〉に近いものですが、〈人間の闇〉とか〈ヒーロー作品〉みたいなのなら絵でも文章でも音楽でも扱うとなったらそれは〈業態〉になる。

 にも関わらず創作に関わる世界ではいまだに〈業種〉の方のカテゴリーで一本に絞るのが正しいという風潮があって、これは不思議だと思っています。

 

 まあ、僕の場合「恋愛も創作の為にならなければしない」「友人付き合いもほとんどない」「仮に結婚しても子供は持たないので。
 空いた分の時間と費用を当てれば十分、二種類以上の創作活動が可能だと思っているのですが*11
 まあ、そんな感じです。

*1:ちなみに、これに似た感じで人間でもキャラクターでもないものに惚れたのは2回目で、1回目は地元の神社の神様(ただし、祭神として書いてある名前ではなく、あくまでその神社の神様)だったりするので。やはり何かおかしいのかもしれません

*2:妹は単に「身体的な病気で病死」と思っています。そのため気をつかって僕が自宅では母の死について相談できなかったというのもあります

*3:科学者ではなく、怪物の方ですが女性になっています

*4:こちらも女性になっています

*5:ローマ皇帝の。これもまた女性に……

*6:まあ、ネロも2枚来たのですが。☆5(レア度最高)のが来たので当たりなんですが。狙っていた☆4のが来なかったので喜んでいいのか……

*7:アーサー王伝説に出てくるアーサー王の息子……ですがこれまた女性になっています

*8:切り裂きジャックですが、この作品では〈水子や間引きされた子供の霊の集合体〉になっています。そしてやはり女性に……なんで今回紹介した奴ら、みんな女性になっているんでしょう?

*9:ええと、彼女は元から女性です。そして男性になっていたりはしません

*10:人間ではなく〈ヒトという獣〉を自ら名乗る自分が、職業で人間をするのも面白いかと思っています

*11:何人育てるかによりますが、仮に一人の子供を育てるとしても、それが一つの創作活動をそれなりの域に持っていくより容易いことだとは思えません。人間の命や人生はそんなに軽くないはずです

正義と悪は誰が決める

 解決できない問題山積みな毎日

僕らは何処へ行くのだろう……

  昨日は『映画 キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!』を見ていました。
 こんな精神状態ですが、あるいはそんな状態だからこそ映画を見たいというのもあり。ただ、体力的にもう一本見たかった映画は別の日に見送りました。

 

 で、その映画の後、化粧品として口紅……というのでしょうか? 紅でないのもあるのですが、まあ、今回買ったのはマゼンタに近い奴ですが。
 それとマニキュア、そしてそれらを落とすためのものを買いました。

 

f:id:mugiryu:20171118211649j:plain

使い方は……妹にでも聞きます


 化粧などというものは覚えている限りしたことがないのですが、前からしてみたかったのと、今後ステージなどで活動する際のコスチュームに合わせたメイクもしたいので買いました。
 髪を染めたりもしたいのですが……コストがいくらほどかかるかが問題です。

 

 帰宅後、また元友人や父について考えていました。

 

 父について。
 私が「生まれてきたことが間違いだと育った私の気持ちがわかるか!!」と怒った際に。
 父が「わかるか!! ならお前に怒られている俺の気持ちがわかるか!!」と反論したことが非常に気に食わず。

 私を造ったのは間違いなく父ですし、そして「生まれたのが間違い」と育つ原因になったのも両親なので。


 それを行ったものに対して「お前(等)のせいで苦しんでいる気持ちがわかるか」と言ったのに。
 何故その答えが「苦しめた相手に非難されている私の気持ちがわかるか」という理解不能な回答になるのか……本当に意味不明です。

 

 ただ、更に困るのは。
 父にしろ元友人にしろ、一緒にいる際は少なくとも普段は私に対して親切だったり優しかったりするので。
 そちらの方を〈通常〉だと錯覚し、反抗心がなくなることです。


 何かDV被害者の「でも相手も謝ってきたし、優しいところもあるから」という理由で引きずってしまうのがわかる気もしました……父に関しては物理的な暴力ではないというだけで、家庭内暴力だと思いますが。

 
 ですが、冷静に考えると、仮にこれが〈私以外の第三者〉が被害者だったとしたら(元友人に関しては実際に第三者が被害者ですが)
〈私以外の人に暴力を振るったり、不当な扱いをしているけれど、私には優しいから〉で許すことになり。
 そう考えるといくら優しい時があっても悪は悪だと思いました。

 

 17時頃から知り合いと電話で話し、色々アドバイスをもらいました
 確かに、彼にメールで相談した際は「こんなに辛いのに僕が助からない」という内容でしたが。
 今はどんなに辛くても、護るべき者の為に戦い続ける」と覚悟をするべきではないかと思っていて、しかしその戦いの前に自分が倒れて二度と立ち上がれなくなったら意味がないとも思い。


 結果としてまず自分が幸せになり、その後虐げられし者達を救うという発想になっています。自分が幸福でありながら不幸な者の味方ができるのかが問題ですが、今味わっている気持ちを忘れないようにしていきたいところです。

 

 ただ、一方。人と比較しないというのは理想ですが。
 その理想を持った状態で7月ごろから社会で活動した結果が、気がつけば自分より幸せな者と比較してしまうという状況。
 さらには人を見捨てて、自分たちの幸せを追い求めるような人たちの幸せまで助ける必要性をまるで感じなくなったこともあり。

 

 他者との比較を捨てられる人間は、他者との比較を捨てられる環境にある人間だけではないか。
 例えば、宗教の修行者のようなものでさえ、そもそもそういう団体に所属し、修行が周囲に認められなければその域に達しないではないか。
 そういう考えもあります。

 

 まあ、そんな深いことを考えなくても。
 私が助けてもらえないことそのものだけなら私が我慢すればいい、だが私を助けなかった者は、次に困っている人がいても助けないだろう。
 つまり、私を助けないものは他の人も見捨てるのだから、今のうちに対処した方がいい
 という考えだとも言えます。

 

 他にも前にブログで書いた「タイムマシンでもあって、歴史上の優れた芸術家が不幸な目に遭うのを阻止できたとして、その結果、不幸な目に遭った経験から生まれた作品が誕生しなくなるとしたら、助けるべきか、助けないべきか」という問題を考えていて。
 そこから皆が幸せな世界には、悲劇から生まれた作品は登場しなくなるし、場合によっては悲劇を扱った作品は必要なくなるのでは?とも思いました。


 まあ、ここから派生して「もし『人質を解放してほしければ、名画を燃やせ』と指示されたらどうするのか? 名画を守って人質を救わない人に、芸術を鑑賞する資格があるのか」というも考えていましたが。

 

 そういえば〈物語〉シリーズ』で「過去に起きた事件によって、すぐれた人物が生まれた場合、過去の事件は良しとなるのか?」という内容は扱っていたなあ。
 なんて思い出しました。実はセカンドシーズンに入ってから収入の関係で手付かずなのですが。できれば早めに読みたいです。

 

 その後、自分はTwitterで自分自身の事を「戒めるために憎む人間」として「戒憎人間(かいぞうにんげん)」と名乗ろうかとしていましたが。
 僕は自分を「人と成った(成人)とは認めていないという意味では大人になっておらず、しかし年齢や能力的には大人である」と考えると。
 仮面ライダーが「身体は怪人だが、頭(心)は人間」というのと同じで、だから「大人の力を使って、大人ではないもの(≒子供)を護るべきではないか」とも思えてきました。


 しかし、この場合のいつまでも子供」を世間でいういつまでも子供」と一緒にするとややこしいかと思っています(おそらくアダルトチルドレンという言葉の誤解などもこの辺りにあるかと思います)。

 

 翌、17日。朝起きて最初に思った事は「奇麗事は人を助けないという事で。
 僕は友人が亡くなった後なら10年、母が亡くなった後なら20年。基本的に〈人が亡くなった〉こと自体を黙って生きてきたし。
 母の件に関しては「家事や育児のストレスで亡くなって、自分のせいだと思っている」ことは家族や親戚にさえ言わずに生きてきました。
 何故なら自分が辛いことを他人に話して心配をかけるのは間違いだと思っていたからです。

 

 また20歳以降は自然保護のボランティアにも参加し、他にも地元活性化のイベントなどにも参加しようとしていきました。
 私を裏切った元友人にも決して冷たく当たったわけではないと思います*1し、そもそも友人が起こしたトラブルに関しても「反省しているのだろう」と思っていたから付き合っていたというのもありました。

 

 ですがそんな僕を待っていたのは、何をやっているか意味不明な30歳の無職として虐げられ精神を病めば病むだけさらに使い物にならない奴として相手にされなくなり。
 家庭環境によって世間とは変わった恋愛観や人生観をまるで理解されず

 友人は裏切るという状況で。


 そのうえ、悩みを話しても「自力で助かれ」と言ってくる者までいる始末。
 仮に僕が今まで誰かを虐げておきながら、苦しくなった途端に助けを求めたなら納得ですが*2決してそこまで非情に生きた覚えはない
 
 で、これが僕一人が我慢したらみんなが幸せになるという事ならば良いのですが。
 今後も善意の人*3を利用した挙句、その人が困ったら助けないという社会は続いていくのだろうかと考えています。
 だとしたら、そんな社会の未来に貢献する意味はあるのか?

 

 ただ、一方でやっぱり世の中にはそういう消費されていく善意の人達がいて。しかもその中には〈この世に生まれることを拒否できない子供達まで入っている。
 ならば誰かがこの状況を変えないとならないのではないか? 例え非力でも無力でも、立ち向かわねばならないのではないか?

 

 それが朝起きて最初に考えたことでした。
 こんなこと考えていて、しかも風邪気味で喉は痛いですが。

 外はいい天気だったりします。

 

 しかし、子供という話ならば。僕がいまだに夢を追っているような生き方をしているのもまた「奇麗事が嫌い」だからで。


 正確に言えば「奇麗事だけなら好き、だけど世の中その奇麗事を語って悪を行うものが多すぎるし、深く考えずに奇麗事を言って他人を惑わすものもいる」と思っていて。
 夢に関しては〈大人〉は「夢を追うのは素晴らしい」みたいに子供に言っておきながら、自分たちは年齢とか才能とかを言い訳にして夢を追わない。
 そのくせ子供に対しては「夢を追うのは素晴らしい」というようなことをいう奴もいる。


 この状態が許せないので僕は夢を追うのは素晴らしい。だが残酷な事だ。夢の為に傷つき、時に命さえ落とす者もいる。それでも挑むかはお前が決めろ」と子供には伝えたいし。
夢はいつか叶う。あるいはその前に死ぬ。ただし、死んだ後叶うこともあるとも言っていきたいです。

 

 奇麗事に関して。
 僕が思っているのに近いのは一方では仮面ライダークウガ』のEPISODE41の台詞、もう一方では仮面ライダーアマゾンズ』の主題歌「Armour Zone」ですかね。
 興味がある方はぜひ視聴していただきたいです*4

 

 で、話を戻すと。
「みんな仲良く」とか「人を憎まず恨まず」な社会を作るのには、誰かが〈悪〉とお互いに「仲良くせず、憎んで恨む」をして人々を脅かす存在と戦わないとならない。
 でも奇麗事を守るために、誰かが穢い仕事を引き受けなければならないとして、そんな世界に何故守る意味があるのか……。
 だから、僕は個々の人々は守るけれど、人類は守りたくないと思っています。

 

 それと、自力で助かれという人間は〈今の僕〉が30歳の大人だからそう言っているのでしょうが。
 問題の大元である母親が死んだ際、僕は11歳だったのに誰も助けなかったことを考えると。
 この人たちは11歳の子供にさえ自力で助かれと言うのでしょうか?

 たまたま僕が生き残って大人にまでなれただけで、似たようなケースで助からずに死んでいく子供もいる事を考えてほしいと思っています。

 

 生きている人間は「あの時は辛かったけど生きていてよかった」と言えますが死んでしまった人間にはそれをいう機会すらない
 僕はたまたま生き残っただけだという事は忘れないで生き続けていきたいと思っています。


 ただ、僕がここで死ぬと〈後に出てくる同じように虐げられる者達〉に対しての裏切りにもなるので、自ら死を選ぶ予定はないです。

 

 結婚について。

 何人かの知り合いから、彼ら自身の家庭環境に対して「親が暴力を振るうような親だった」とか「浮気するような人だった」みたいな話を聞いていて。

 何故それでも自身は結婚して子供を持つのを良しとできるか考えていましたが。

 

 僕の場合、母も父も望んで子供を持ち、そして暴力を振るわず責任をもって育てたという、そこだけ見たら善良な親で。
 しかし、その善良さの結果として母は死に、父は「子供を助けられるのは自分だけ」とむしろ愛情や責任によって子供を縛り
 結果として僕のような子供がそのまま大人になったので。


「悪い親が不幸な子供をつくる」ではなく「たとえ善良な親であっても、不幸な子供にならないとは限らない」と考えているあたりが。
 結婚や家庭についての価値観で違うのではないかと思いました。

 

 もちろん、暴力や育児放棄のような明確な虐待を行った親とどちらが悪かと言ったら、虐待親の方が悪なのでしょうが。
 この場合ややこしいのが「本人が悪であるかないか」と「結果起きた出来事が悪であるかないか」は違うという事で。


 この辺り仮面ライダーOOO』の第31話から第32話の「良かれと思ってやっていたことが、結果的に悪に繋がる」というのに近いかと思います。

 

 食事中、ニュースを見て。核のゴミの話を聞きながら。
 ストレートに反対意見や賛成意見を言うよりは、皮肉を込めた方が、一旦相手に考えさせる時間を与えられる分、優れているのではないかと思いました。
 弱点として考えない人や、理解しない人が出る可能性もありますが。

 

 核のゴミを未来に残したくなければ。
「古代から我々は神話で〈神の怒りを買った者が滅ぼされた〉と語り継いできた。未来の人は〈神の怒りを買った原因の証拠〉としてこれを見つけるだろう」とか。
「我々は2万年前の絵や彫刻を発見して感動する。10万年後の人はこれを発見してがっかりする」くらいに言った方が良いし。


 逆に原発などを推進するならば。
「未来の為に今の我々が犠牲になったら、そもそも未来に生まれてくる子孫がいなくなる」とでも言えばいいかと思っています。

 

 まあ、私は「子孫はいらない」という価値観なので。
 この件に関しては「どちらにしろ、子孫を残す気がある者は、彼ら子孫に負の遺産を残してはならない」くらいしか言えませんが。

 

 しかし、食後から喉が痛く熱っぽくもあり、やはり風邪ではないかと感じ。
 しかし16時から精神科の方で病院に行くので、起きていなければならないため、今日は帰ってきたら早めに寝ようと思いました。

 

 そんな中でも絵を描いていて。
 そういえば「優れた芸術が悲劇から生まれた場合、悲劇を良しとするか」に関して。
 中学時代の英語の先生が「黒人差別に反対した英語の歌」を紹介した際に「こういう歌が作られなくなるような世界になってほしい」と言っていたのですが。
 差別や戦争を扱った作品は、それが批判であっても、悲劇から生まれているという点ではない方がいいものなんですよね。
 
仮面ライダー龍騎「人間はみんなライダーなんだよ」という台詞があり、この作品の内容だと「人間はみんな、自分の目的の為に他人と競い潰し合う」という意味なのですが*5
 初代のライダーのように〈悲劇から生まれ、自身を生み出した悪と戦わなければならない〉という意味では、悲劇に対しての反対メッセージの作品はみんな〈仮面ライダー〉ではないかなんて考えていました。

 

 まあ、僕はまだ中学生の頃は特撮は(幼いころを除いては)見ていなかったし。
 先の英語の先生は、暴力的要素は嫌いな人だったので、中学時代とも、英語の先生とも『仮面ライダー』は関係ないのですが。

 

 16時頃から予約してあった精神科に行きましたが、最悪でした。

 ラッキーだったのは初診で相手が「うちは鬱でなければ扱わないし、鬱ならば昔かかった医者に行ってください」として縁を向こうから切ってくれたことだけで。


 部屋に入った途端に、なんか体臭というか口臭というかそんな感じの妙な臭いが漂っていて。
 しかもこれが僕の勘違いではないらしく、医者の後ろの棚にファブリーズのようなタイプの消臭スプレーと、スプレー缶タイプの消臭剤が、消臭という文字まで見える形で置いてあるという。

 

 医者が机によりかかるような妙な姿勢で話していたり、髪の毛やら服装が乱れているというだけならまだ何か事情があるのではと考えて納得できましたが。
 部屋が臭くて、しかも消臭剤が置いてあるという事は、臭い部屋だと分かったうえで消臭剤で誤魔化して診察しているという事で。
 精神科とはいえ、病院が不衛生とか、絶対に関わりたくないじゃないか。

 そう思ったところです。

 

 まあ検査自体はできないが、精神障害発達障害の検査の相談を受ける」みたいなことを言ったから受診したのに「鬱でなければ薬で対応できないからうちでは無理*6と言い出したのも大変失礼だと思いますし。


 あるいはこちらの価値観を単に「それはおかしいと価値観の否定の意味で言ったのですが、世間的にはおかしい価値観を持ったまま育ったから相談しているのであって。
 おかしいから相手にしないでは単に「それは病気です」と言って何もしないのと同じではないかとも思っています。

 

 以前、受付が二階にあるが階段やエレベーターが狭い、これで足を骨折した人とかどうやって利用するのかという整形外科もありましたが。
 なんかこうなってくると世の中には〈厄介な患者は自分から通わなくなるようにして、追い返そう〉みたいな医者や医療機関もあるんじゃねえの?」と疑いたくなってきます。

 

 まあ、身近には親身になって相談に乗ってくれる医者*7もいるので、仮面ライダーエグゼイドに出てきたような医者や仮面ライダーOOOの伊達さんのような医者もいるんじゃないかとは思っていますが。


 正直、病気で弱っている人に追い打ちをかけたりする医者って、患者だけでなく、同業者の評判を下げたり、悪徳的な似非治療を栄えさせたりして、こいつらの方が〈社会の病気〉ではないかと思えてきます。

 

 で、その後町田の高原書店遠藤周作の本を買って帰りました。


 本当なら映画にもなった『沈黙』を買おうかと思ったのですが、自分が遠藤周作の作品を読むと、今後も基本的に絶対に暗い話ばかり選びそうなので。
周作塾 読んでもタメにならないエッセイ』なる見た目的には、棚にあったもので最もくだらなそうな書籍を買っておきました。


 何より、人間の残酷さや悲劇を描いた作家が、帯によると「ツキを呼ぶ、金持ちになる、モテる秘策」のような俗物的な内容を書いているらしいので、これは逆に気になると思ったというのもあります。

 

f:id:mugiryu:20171118211749j:plain

 同名の別人ではないのですか? と気になるギャップ

 

 19時ごろに帰宅し、夕食をとり、その後『歴史秘話ヒストリア』の国宝を扱った内容を見ながら。
「仏教は興味があるし、仏像は好きだけど、悟りを開いたら仏像って必要なくなるよね」とか「国宝に選ばれた途端に注目する奴って何が楽しくて芸術鑑賞しているんだろう?」みたいなひねくれたことばかり考えていました。
 こんなことばかり考えているあたり、素直な鑑賞者よりはまだ皮肉屋の方が自分には向いているのかもしれません。


 ちなみに、自分が国宝で一番好きなのは火焔型土器で、他は曜変天目茶碗とかですかね? もちろん土偶とか刀とか仏像とか好きですが、特に上げるならばそのあたりかと。

 

 で、その後また考え事をしていて寝られず、結局深夜まで起きて読書やら絵を描くやらをしていまして。
 その際に人間の闇を扱った作品を検索していろいろ購入しようとしたのですが……適当にネットで買おうとすると送料が高くついて、余計な出費がかさむので。

 古本屋で探したり、ネットを利用するにしてももっと安く購入できるようにしたいかと思いました。

 

 その際に僕はやはり闇が好きだと思い。もしかしたら、もうこの世界は闇と光が入れ替わった世界なのでは? とも思いました。
 よく悪役みたいなやつがそういう「善と悪」とか「正と負」「陰と陽」「生と死」みたいのをひっくり返そうとする展開がありますが、実は過去に既にされているのではないかと。

 

 何せこの世は奇麗事が弱者を縛り、が他者を苦しめ、正義が誰かを傷つけ、平和を語って争い、人間を名乗る者が非人間的な行いに走る世界です。
 ならば穢れた事が弱者を解放し、憎しみが他者を助け、が誰かを癒し、争いを語って平和に生き、を名乗る者が人間的な行い*8をしてもいいのではないか?
 そんなことを考えたという事です。
 
 まあよく考えると俺は穢れている、悪党だ。憎しみを背負って争っている獣だ」と自らを自覚している奴の方が。
俺は清らかで、善人。愛によって平和にする人間だ」という奴より胡散臭くない気もするのですが……。

 

 そしてそんなことを考えてから。

 ニーチェの「おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだに対して。
つまり〈中二病ツンデレ女子〉か〈文科系なジト目が似合う女子〉みたいなのを見つめたら、相手も見つめてくるという事か。最高ではないか」とも考えていたので。


 ただのアホかもしれません。

*1:私が一方的にそう思っているだけの可能性もありますが、相手側から「15年間付き合いがあるのだから、これからも仲良くしていきたい」と言っていたので、これが嫌味でなければそうでしょう

*2:これも厄介で、誰のことも虐げていない人などいない以上「僕は悪くない」という事もできないという……ただ、そんなこと考えない人は平気で「私は悪くない」というんですよね

*3:先の例と同じで、自分のことを「善意の人」というのは抵抗があるので、今回は「私は悪人かもしれないが、今後似たような状態の〈善意の人〉が現れても切り捨てるのだろう」としておきます

*4:ちなみに「Armour Zone」は最近は1日に30回程度は聴いていると思っています

*5:仮面ライダー龍騎』というのは13人の仮面ライダーが、勝者が願いを叶えられるというルールの中で争うという話です。実はこの作品、アメリカの同時多発テロやその後の戦争を受けて「それぞれの価値観の違いにより争う」というような作品になったらしいので、この作品もまた〈悲惨な事件が生み出した作品〉だったりします

*6:よく考えると相手の医者は頻繁に「それは薬では対処できない」みたいなことを繰り返していました。病院の掲示物やチラシなどにはカウンセリングやその他の対応なども書いてあったのに、何故薬で対応できるかできないかだけ問題にしているのかが謎です

*7:主に小児科担当の方と、内科の方で精神関連ではないですが、風邪や健康診断の際はいつもお世話になっています

*8:獣を名乗っているが人間的な奴らというとやはり『けものフレンズ』が浮かぶのですが……このアニメ〈描かれていないからこそ暗い〉部分がありますよね

奇麗事にトドメ

因果を断ち切れ!!

過去が変わらないなら明日に抗う

 昨日の夜、市民大学終了後「この一点のみが我であり、過去は我にあらず、未来もまた我にあらず。因果を断ち切り、因果を支配し、因果に支配されずという事を考えていました。


 この世において。産まれた時から悪である存在など有り得ず、あるいは産まれたことすら万物の流れの一点でしかないのなら。
 最早、親やかつての友人などに縛られる必要性はないという事です。

 

 情は時として執着となり、親や友を裏切らないという善意は答えを濁らせるものだと理解しました。
 よって、親を切り捨て、友を切り捨てでも、僕が僕であるために生きようかと覚悟を決め。
 翌日、つまりこの記事の日付に、市役所や保健所などの公的機関に親との縁を切る方法を訊ねに行くことにしました。

 

 昼食に鶏そばを13時ごろに食べて、保健所、市役所、そのほかいくらかに相談しに行き。
「医者などに〈精神問題の原因が家庭環境にある〉となれば、家を出て、生活保護を受けられる可能性もある」と言われました。

 

f:id:mugiryu:20171118185835j:plain

鶏そば。腹が減っては戦はできまい。

 

 また、この際にヒーロー活動について「児童虐待被害者の救済・支援」を入れたいかと考え。
 帰宅後にそのような活動を掲げているヒーロー団体に連絡してみたというのもあります。

 

 今回、私がここまで精神的に荒れていたのは。
 母の自殺の疑いのある死に方により自分自身が「生まれてくるべきではなかった」と思っているに。
 その悩みを元友人が軽く扱った事。


 しかもその男は、彼の元恋人に結婚すると騙して避妊せずに性関係を持ち、切り捨てて自殺未遂に追い込んだ過去があり。
〈自殺〉と〈望まれない出生〉二つの可能性を運よく回避しただけなのに、全く反省していなかった事があるので。

 そんな親の元にもし子供ができていたらと考え、ヒーロー活動を続けていくならば、得た収入の一部を児童虐待被害者の支援に使いたいと考えたという事です。

 

 しかし、この元友人に関して考えると。
 彼は確か、会社で出した損害の方が、彼が就職してからその損害を出すまでに出した利益より大きいとも語っていたのですが。
 風邪の時に無理やり出勤させられた結果起こしたミスの責任を取って退職している私が無職で、なぜこのような男に職があるのか……まるで謎です。

 

 いや、よく考える。どちらも真実か確認していないこと。
 また彼の親戚の話として彼は「暴力沙汰を起こした」「出会い系に写真送って脅された」みたいないことも言っていたこともあり。


 彼が異様なぐらいな虚言癖がある男だった可能性もある*1
 あるいは私の方が聴き間違えを何度も繰り返した可能性すらあると思うのですが……そっちの方がまだマシなのが恐ろしいところです。

 

 で、この日の夕方は普通に夕食を作って、その後はイラストを描きながら。
 先日Twitter憎むのは良くない」といった人が「弱者を語るのは強者に対する差別だ」「弱者も自力で助かるべきだ」とも言っていたのを思い出し。


 この世から怒りや憎しみが無くならないのは、強者は弱者が、強者に怒り憎しみを抱いて「何をしでかすかわからない」と思わせないと助けないからで。
 助かった後に強者となった元弱者に、元強者が同じことを繰り返すからだと思いました。

  憎しみの連鎖を断ちたければ、強者が弱者に手を差し伸べなければならず。
 弱者の方に憎むなと強要してもそれは強者が弱者に立ち上がらせないための方便にすぎない


 しかし、弱者の中には弱っているためかその方便を鵜呑みにするものや、憎む気力さえ削がれている者もいる。
 だから、私は弱者に代わって人々を虐げて、のうのうと暮らしている強者に憎悪を燃やしていきたいと思いました。

 

f:id:mugiryu:20171118190323j:plain

ちなみに、夕飯はこんなです。

*1:正直、これを書いている私の方が妄想癖があると読者に思われている可能性すらあると思っています