Eternal Medium Second Chaotic Room

ただの中二病だと思うなよ!!

価値観の根幹と無理解

その価値観が孤立した点ではなく

多くの価値観に影響を与える起点ならば

 

 ……ふう……真導院機足*1だ。

 

 どうも、最近。

 私は周囲から理解されていないという感覚が強く。*2

 

 しかし周りの人は。

「相手の気持ちを完全に理解できる人などいない」とか。

「お前にそんなこと言われる、俺の気持ちがわかるか」とか。

 

 そういうレベルの意見しか言わなかったので。

 今回はその手の発言を無視して。

 

 何故、私が自分の価値観を理解されていないと感じるか。

 を自分なりに分析してみた。

 

 そしてその、結果として。

 

私は生まれたのが罪

 と、11歳の時からおよそ15年。

 誰にも相談できずに生きていた。

 というのを軽視されている。

 

 事がそう感じる原因の一つ。

 だと理解した。

 

 まあ、さらに言えば。他にもあるのだが。

 それは最後に回すとして。

 

 どうやら、大体の人は。

〈生まれたのが罪〉という価値観を単なる孤立した〈〉。

 としてしか見ていないらしいのだが。

 

 こちらからしたら、それは。

 現在自分が社会に馴染めない価値観の〈起点〉。

 

 なので、これを軽視されると、相手から理解されていない。

 という感覚が強くなるのだと思うのだ。

 

 では〈生まれたのが罪〉というのが、どういう形で。

 社会に馴染めない価値観の〈起点〉となっているか。

 

 といえば、例えば。

 

 生まれたのが罪であるならば。

 そういう人間が他の人を愛するのには抵抗があるし。

 当然、子どもを持つのも問題になる。

 

 また、自身の存在がマイナスであるならば。

 基本的には他人の価値観や意見の方が、自分のより上

 と、なってしまう……などと。

 

 最初の〈生まれたのが罪〉から。

 社会には馴染みにくい価値観が多数現れるわけだ。

 

 で、こういう最初の価値観からの派生を説明しても。

 まだどうして社会に馴染めないのかが。

 わかってもらえていないこともあるので。

 

 更に具体的に。

 どう社会に馴染みにくいかを説明すれば。

 

 例えば、恋愛や結婚などに関して言えば人を好きになっても。

自分にはその資格がない」として諦めるしかなく

 

 知り合いに子どもができた時は。

この人達は自分が生まれた事を肯定できる人なんだと。

 普通とは違う意味で嫉妬心を抱き。

 

 そもそも。

 誕生日を祝うということ自体で。

 生まれたのが罪と育った自分にとっては、劣等感を感じることであるし。*3

 

 また、職場では。

 

 相手のミスを咎めることはせず。

 助けを要求されれば、反論せずに指示に従ってしまい。

 結果的に出た、作業の遅れを指摘されてしまう事が頻繁にある上*4

 

 明らかに無理のある要求でも全て従って。

 結果的に心身を壊して、退職し。*5

 しかし、職を持っていないことで更に劣等感を抱えるため。

 

 基本的に。普通の生活を送るだけで。

 ストレスが強く発生するのだが。

 

 これ。

 一つ一つを解決しようと思っても、最終的には。

 根源である〈生まれたのが罪〉を解決しない限りずっと苦しむだけ。

  ……と思う。

 

 だが、周囲はその根源になっている問題を軽視しているためか。

 そこから目を背けさせようとするので。

 今まで一向に解決しなかった。

 

 と、ようやく気がついたのだ……が!!

 

 次の問題は。

 

 現在、自分は〈生まれたのが罪〉という価値観を。

生まれたのは間違いという価値観に変えたのだが。

 

 今度はこの〈生まれたのは間違い〉という価値観を。

 

 ネガティヴな価値観

 と、勝手に解釈されてしまい。

 

 そういう意味で否定されてしまう。

 というものだ。

 

 と、ここで話題が変わるので。

 次回は、この続きを書きたいと思う。

 

 では、諸君。次回もよろしくお願いしたい。

 

f:id:mugiryu:20190117201954j:plain

 今回の中二病闇の文字は〈罪〉。

 一部〈咎〉もあるが。というか手前のは一体……

 

*1:まどういんきたる

*2:厳密にいうと、真導院機足はあくまで〈このブログを書いている人の中二病的部分をキャラクター化したもの〉なので、理解されていないのは〈書いている人〉であり〈真導院機足〉ではないのですが。まあ、ややこしい設定なので「同じ肉体を共有しているから感覚的にそうなっているのだ」くらいに思ってください

*3:これには価値観以前の問題として〈生まれたのが罪〉と思うようになった原因である〈家事育児のストレスから亡くなった母の命日〉が、私の11歳の誕生日の翌日なので。誕生日が来るたびに嫌な気分にしかならないというのもあるのですが。

*4:実際、相手のミスで作業が遅れたのに、その相手に私が「作業が遅い」と怒鳴られ、最終的に私の方が額が腫れるまで頭を打ち付けて土下座をするという事態になったこともあるので。

*5:例えば最後に働いた職場では体調が悪いため休もうとしたら仮病を疑われて出勤させられ、その結果ミスをした事の責任を一方的に取らされ、精神的に限界がきて退職したのですが。この例以外でも大体、仕事は似たようなパターンで辞めているかと。

それはお前の価値観か?

お前の思考パターンか、それとも

そうなるように操られている……だと

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 今回は。

 我が、自分自身を分析して考えた事を書いてみようと思う。

 

  何せ、我も当然完全体ではない

  よって日々、自己を分析をして。

 より上位の存在を目指すことが必要だからだ。

 

 ……いや、考え方次第では。

 

 現状が完全体であり。

 今後は完全以上を目指しているのだ!!

 ……ともいえるが。

 

 それはともかく。早速。

 今回私が分析したことを書くと。

 

 私はよく。

 他人から「白黒はっきりつけたがる」「0か1かで判断している」

 そう言われ、それが私の思考パターンだと思っていた

 

 が。

 ある時、気がついたのだ。

 

 これは私の思考が

 相手に操られているのだと!! 

 

 ……と、いう話をしたい。

 

 なんだ?

 その「出たな中二病という目は?

 

 まあ、いい。

 今まで通り、論理的に説明するとだ。

 

 例えば私が。

 

「恋人として付き合いたいような相手がいない」と話す。

 すると相手が。

「完璧に理想通りの相手なんていない」と返す

 

 あるいは。

 

「あなたのこの行いは問題だ」と指摘する。

 すると相手が。

「お前にも問題がある。だから私は悪くない」と返す。

 

 などという経験が。

 私にはかなり頻繁にある

 いや、あなたにもあるかもしれないが……。

 

 しかしこれ、冷静に考えると。

 

 相手が勝手にこちらを。

「白黒つけたがる人」と思っているから、

 私の意見に対しての答えが。

 そういったものになっている。

 

 ……のだと思うのだが、どうだろうか?

 

 いや、勿論。この際。

 私がわざわざ相手のレベルに合わせて話してしまうと。

 結果的に、こちらの考え方が白黒つけたがる考え方。

 

 に、なってしまうのだが……

 

 ま、まあつまり。

 

 自分が思っている「自分の思考パターン」は。

 実は、周囲の人間が作り出している。

 

 という事もあるのでは? という事だ。

 

 勿論。

 

 相手の意見に乗っかってしまう段階で。

 その思考パターンが自分のものになっているから。

 結局は、自分の思考パターンが「白黒つけたがる」という事。

 

 とも言えるのだが。

 

 しかし。

 こう考えてみると。

 

 自分の直したい価値観や考え方は、自分自身が元なのか。

 それとも周囲にそういう人間がいるのか。

 

 そのあたりを判断しないとならない……かもしれない。

 と、私は考えている。

 

 まあ、そもそも。

 この問題自体が当然。「自分か他人か」に白黒つけられない話。

 なんだろうが……。

 

 この場合は比率の問題だ!!多分

 と思っていただこう!! 

 

 と、今回はこんな感じで。

 我自身を分析してみた

 

 今後、こういう事をどの程度するかは不明だが。

 また機会があれば、楽しみにするが良い!!

 

f:id:mugiryu:20190114183149j:plain

 ちなみに。

 今回は「0か1か」という事で「零」という漢字を書いていたのだが……な。

*1:まどういんきたる

どこまでが初心者か、知らんがな!!

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉

楽しめ、書くことを

 

 フハハハハハ!! 我がブログにようこそ。

 

 我はこのEternal Medium Second Chaotic Room*1の管理者……

 即ち、支配者である真導院機足*2だ!!

 

 さて、今回も雑談。

 というわけで、このブログにあるお題機能を使ってみたが。

 

 ふむ。

 初心者に贈る言葉……ねぇ。

 

 やりたいようにやれ!!

 

 ぐらいになるか。

 

 そもそも。

 生きている限り、何かを書いてしまう私にとって。

 そうではない人に出来るアドバイスはないし。

 

 また、宣伝などを目的としたブログはほとんどやったことがない。

 というか、むしろ今、私が勉強しているところなので。

 そういう目的の人にできるアドバイスもない

 

 ので、私がアドバイスできる人は。

 何か書かないと生きた心地がしないような存在

 だけになるが。

 

 そんなヤツに。

 ああしろだの、こうしろだの。

 余計なアドバイスできるか!!

 

 となる。

 

 ま、まあ。

 強いてあげるとするならば。

 

「読者のために毎日やらないと」とか。

 下手に考えると、むしろ書くのが負担になって続かなかったりするから。

 

 仕事上必要とか。そうでもない限り。

 無理して書き続ける必要はない。

 

 とか、そういうアドバイスならあるが……。*3

 と、ともかく。

 

 書くことを楽しめ!!

 

 というのを、我が助言として贈っておくことにしよう。

 

 欲を出せば。

 書かねば生きた心地しないみたいな者と友達になりたいので。

 

 そういう人がブログを始めるのならば是非、教えて欲しいとかは。

 無くはないのだが……いや、まあ。

 

 とにかく。楽しんで書いてくれたまえ!!

  以上!!

*1:〈永遠に中二的なヤツの混沌とした部屋〉的な意味。EternalとChaoticあたりや、インチキっぽい英語に中二病的アトモスフィアを感じていただきたい

*2:まどういんきたる

*3:経験者は語るというやつですけども。あと、自分の場合、むしろ書きすぎて一つの記事が数千文字とかになり、かえって読まれないとかありましたけれども

さて、我が友を探すとしよう

お題「あなたの「今年の漢字」」

今後は、雑談もしながらだな

 クックックッ……諸君!! 真導院機足*1だ!!

 

 さて、我が思想を広め、我が友を探すためには。

 単に自己肯定や健康管理について書いているだけでは足りぬ!!

 

 そう、我が主・冥彩皇帝は告げた!!*2

 

 よって、今後は。雑談や。

 我の好む作品紹介なども入れていければと考えているが……さて。

 

 とりあえず、雑談として。

 このブログの機能であるお題というものを使ってみようではないかと思う。

 

 そして、お題の中から。今回は。

今年の漢字」というものを引き当てた!!

 

 いや、とは言っても何度か書きやすいのが出るまでお題スロットを回したが。

 それはともかく。

 

 よかろう!! 今年の漢字か……

 

 それは当然「闇」!! ……ではなく。

 にしようと思う!!

 

 何せ、書いてしまったからな、この前の書初めで沢山

何故か一枚しか書いていない「無」の方がうまくいった気もするが

 

f:id:mugiryu:20190103110551j:plain

 

 さて。ではなぜ〈虚〉なのか。

 それは

 

  私にとって。

 自分なんてものは、理屈の上では存在しないからだ!!

 

 ……いや、流石の我でも「無我の境地」に至ったなどとは言わないが。

 

 我にとって。

 過去は記憶であり、未来は予測

 

 つまり記憶は偽りかもしれないから「過去は確かにあるとは言えないし。

 予測もおそらくこうなるだろうというだけだから「未来はあるとも言えない*3

 

 つまり〈しか私には存在していない……が。

 

〈今〉は時間を〈線〉にして考えると〈点〉であり、点は広がりがない。

 その上、私が〈今〉について考えている時点で。

 時間が流れているので捉えることもできない。*4

 

 つまり、私が存在する時間自体が存在しない。

 

 あるいは。

 私を身体とするならば。

 

 言うまでもなく私は成長や老化をしているし。

 細胞も日々変化している。

 これを確かな私と定義することはできない

 

 ならば変化しないものとして、例えば遺伝子という事はできるが。

 

 では、自分の細胞一つを取り出して。

私の遺伝子を持っているから、これが私自身だ

 と言えるかといえばそうでもない。

 

 なので、私という身体、つまり物質。

 あるいはそれが占めている空間も存在しない。

 

 自分が所有する時間も空間もないならば。

 私という者は存在しない。

 

 よって私というのは虚である。

 

 ……などと。

 たまに考えているのだが。

 

 ……え?

 雑談ですることではない?

 

 ううむ、そうかもしれぬ。

 そうかもしれぬが。

 

 正直、我は。

 こういう話をずっとしていられる友が欲しい!!

 ので、あるから。雑談記事もこうなってしまうという事だ。

 

 いや、だったら今年の漢字は「友」にするべきか。

 そ、それでは闇の力のイメージが薄まってしまうではないか!!

 

 とまあ。

 今回はこの程度にするとしよう。

 

 次回も、楽しみするがよい!!

 ……読者がついてきているかは知らないけど。

*1:まどういんきたる

*2:以前は暗黒害帝だったが、封印を解かれたことで新たな名を名乗ることになったので。細かい設定はまたいずれ

*3:過去についてはSFでいう「世界は五分前に出来た」とかを考えていただければわかるのですが

*4:そもそも、脳の電気信号にしろ脳内物質にしろ、それが働くためには時間がかかるので。今という点のみを捉えることは人間には不可能ではないかと思います

正義と悪の境界

誰がそれを決めるのか

しかし、最終的には……

 

 諸君!! 真導院機足*1だ!!

  さて。

 

 昨日も言ったように、このブログは。

「誰かにやさしくしないと、自分の存在が許せない

 ような人。

 

 もっと、別の言い方をしたら。

「自分は、誰の役にも立たず、

ただ生きているだけなら人間以下の存在だ」

 と思って生きている、あるいは生きてきた人。

 

 のために書いている。

 

 ので、書いていることは世間では。

 場合によっては〈悪〉の価値観になるのだが。*2

 

 今回は。

 助けたくない人は助けるな。

 

 あるいは。

 許したくない人は許すな。

 

 という話になる。

 

 おそらく。

 自身が普通に人間並みだと思って生きてきた人には。

 説明しても感覚的には分からぬかもしれぬが。

 

 自分は生きている価値がない人間だ。

 そう思って生きている人にとっては。

 

 綺麗事ではなく、本当に。

「誰であっても、助けなければ」と思ってしまうのだ。*3

 

 ところが結果的に、そういう人間は。

 

 社会では足手纏い扱い。

 あるいは、悪人の餌食にされてしまう。

 

 例えば。

 

「誰でも助けなければ」というような自己評価が低い者が。

 仕事をする際に。

 

「自分の過失の責任は他人に押し付け、その上で他人の些細な過失さえ責める」

 そういう、我儘な者と組んだとしよう。

 

 自己評価が低い者は。

 そういう人も「自分よりは上」だと思うため。

 助けようとしてしまう事が多い。

 

 故に。

 

 その人が過ちを犯しても責めることはせず。

 そして見返りを求めず救いの手を差し伸べてしてしまう。

 

 一方、我儘な者は。

 自分の過失は気にせず、相手に迷惑をかけて当たり前だと思っており。

 その上で、自己評価の低い者が失敗をしたら当然責める

 

 結果として。

 周囲からは自己評価が低い者ばかりが失敗しているように見えるし。

 

 ストレスが溜まるのは自己評価が低い方だから。

 この状況が続けば続くだけ、実際に自己評価が低い方がミスを頻繁にしたり。

 作業効率が落ちたりするようになってしまう

 

 当然。そうなれば自己評価が低い者は。

 ますます「ミスをよくする」「作業が遅い」と責められ。

 結果として、更に自己評価が下がるという負の連鎖に陥ることになる。

 

 ……で。

 ここで、問題なのは。

 

 そもそも、そんな我儘な奴。

 助けたり許したりする必要あるか?

 ということだ。

 

 よく。

「他人を許し、助けられる人は強い人」という……が。

 

 そもそも。

 永久的に許し。

 万人を助け続けられるほど〈強い人〉など。

 この世に存在しない!!*4*5

 

 また「自分を許せないならば、相手を許せない」

 ともいうが。その理屈ならば。

 

「相手と同じこと」を自分がやったら。

 自分で自分を許せなくなるような事をした者に対しては。

 許す必要がないのではないか? という事だ。*6

 

 しかし。

 

 では何を許すかとか、何を助けるかとかは。

 言語による説明が難しく。

 そもそも、それぞれが価値観が違うので。

 

 どこまでを許す、どこまでを許さないなどは。

 論理的な線引きが難しく。

 仮に引いても曖昧な部分が出てしまうのだが。

 

 おそらく。普通に自己肯定ができている人は。

 そのあたりを理屈で線引きなどまずしていない。

 と、私は考えている。*7

 

 ので、今回は。

 

 お前が助けたくない相手は助けるな!!

 お前が許したくない相手まで許すな!!

 

 と、伝えられれば。

 それで良しとしよう。

*1:まどういんきたる

*2:ちなみに、ここでいう〈悪〉については昨日の記事を参照

*3:ここが厄介で、そういうと「あなたは犯罪者とかも助けるのか?」みたいに言われてしまう事もあるのですが。この場合「法的には許されるとはいえ、悪いことをする人」まで無条件に助けてしまう……というのが問題かと思います

*4:ちなみに、ここでいう〈強い〉〈弱い〉はある一面からの見方で。例えば〈我慢をする〉が強いならば〈死ぬまで辛い事を我慢する〉のが強いことになるが、〈生き残る〉が強いならば我慢をやめて逃げる方が強いとなるので。強さは別の視点から見たら弱さという事になると思います

*5:この場合「世界中の全員を助けられるほど能力がない」というより「仮にそういう能力があっても、その状態に耐えられる精神力がある人などいない」に近いかと

*6:この辺りこそ、先の脚注で書いた「犯罪者を許せるか」も説明できる考えで。仮に自分が人を傷つけたり、盗みを働いたら、自分で自分が許せなくなるから、そういう犯罪をする人は許せないというのは。説明としてわかってもらえるかと思います

*7:勿論、法律で裁くならば、法を基準にした線引きが必要ですが。ここでいう〈許す〉とか〈助ける〉とかはあくまで法に触れない程度での話なので

人類皆侵略者

この世に生まれたならば

生きる事は即ち侵略!!

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 早速だが。

 

 このブログは基本的に。

「自分より他人を優先してしまう者」や。

「他人に優しくしなければ、自分の存在自体を許せない者」

 などのために書いている!!

 

 よって。

 世間一般の〈善〉のイメージとは逆に〈悪〉な方になっているが。*2

 

 ま、それはともかく。今回の内容は。

 人類は皆、生まれながらに侵略者という事だ!!

 

 いや、そもそも生物がそうであるとも言えるが。

 

 人間は、あるいはヒトは、生まれたら。

 

 自分が生きるために呼吸をし、つまり空気を手に入れようとし。

 ものを喰らい、つまり食物を手に入れようとし。

 

 自分の居場所を手に入れようとする。

 つまり空間と時間、あるいは精神的な意味ならば他人に認めてもらおうとする。

 

 つまり、どんなに欲の無さそうな人でも。

 生きている以上は、何かを侵略しているという事だ。

 

 勿論。その侵略の程度や手段によっては。

 他者から非難されるだろうが……

 

 このブログの対象にしている者はむしろ。

 侵略者としての能力を抑え過ぎているであるから。

 

 もっと欲を持て!!

 というのが、私が今回の記事で伝えたい事になる。

 

 この辺り。

〈欲望〉あるいは〈願い〉等ををテーマにした作品を見てもらえれば。

 より一層、共感してもらえるのだろうが……。

 

 ともかく。

 欲望を支配するというのは。単に無欲になれという事ではなく。

 ここぞという時は強欲になれ!!

 

 という事でもあるという事が、伝われば。

 今回の記事は良しとしよう。

 

 では、諸君!! 次の記事で会おう!!

 

f:id:mugiryu:20190103110551j:plain

 しかし。

 強欲について書いた日の前日。

 

 書初めで〈無〉と書いていたのだが……。

*1:まどういんきたる

*2:本来〈悪〉とは突出していた者の意味で、結果的に周囲に従わない・妨げになる人となり、現在の悪いという意味に変わったので。このブログで言うところの〈悪〉は元の意味での〈悪〉のイメージに近いかと。ちなみに現在のイメージだと〈アク〉より〈ワル〉に近い感じです

世界征服をしよう……いや、

今週のお題「2019年の抱負」

既に世界は征服した!!

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1だ!!

 

 新年、明けましておめでとう!!

 さあ、今年も闇の講義の始まりだァ!!*2

 

 ……とはまあ。言ってみたが。とりあえず、新年なので。

 

 今年の我が抱負を。

 

 我が抱負は、今朝、闇の中で目覚めた時に。*3

 世界征服!! にした……が。

 

 そう思った瞬間に

 完了してしまった。

 

 おいおい、何を言っているのかという顔をするな。

 とりあえずはいつものように論理的に説明しよう。

 

 まず。話を別の視点にずらして。

 誰もが自分のものだと大体思っている、自分の身体について考えるとだ。*4

 

 自分の爪や髪は私の意思とは関係なく伸びているし。

 自分の心臓は、まあ呼吸で多少整えられるとはいえ、意識せずとも勝手に動いている

 

 ということは。

 

 私の思い通りにならないものでも

 これは私のものという事ができる

 

 ならばだ。

 世界、あるいは宇宙でも良いが……

 

 既にこれは私のものであり。

 しかし、すべてを思い通りに動かそうとすると手間がかかるので。

 なるように任せているのだ!!

 

 と、考えればその瞬間。

 世界は我が物!! という事だ。

 

 だが、自分のものである身体も。

 具合が悪ければ対策を打たねばならなくなるな?

 

 つまり。

 思い通りにならないのは受け入れるが。

 

 それがあまりに問題だと感じたならば、それを良い方向に変える

 それは構わないという事だ。

 

 そもそも。

 この世が私のものであれば。

 つまり私は世界もしくは宇宙の王

 

 王が、民のため、あるいは治める世界のために。

 働くのは当然の事ではないか?

 

 また、この理屈では。

 王は物質世界に何人いても良い事になる。

 

 それは勿論。

「この世は我が物である」と思っているのは。あくまで。

 私の精神的世界においての話だから。

 ではあるが。

 

 例えば。

 二人の人間がお互いに「この宇宙は私のものだ」と言っていても。

 

 相手の事を「お前が『宇宙は私のもの』と思うように、王である私がしているのだ」とお互いに思ってしまえば。

 どちらが正しいかは謎になるが。論理的には特に問題がなくなるという事だ。

 

 と、まあ。

 話を戻すと。

 

 我が今年の抱負は世界征服だったが。

 それは今日既に完了してしまったので……。

 

 そうだな。

 わが友と呼べる者を探す事……に、しようではないか。*5

 

 ちなみに。

 今日は我が付近に住む神に挨拶に行ってきた。

 いわゆる初詣というヤツだ。

 

f:id:mugiryu:20190101174420j:plain

 

 私にとって神もまた友である。

 ……こういうと罰当たりに聞こえるかもしれないが。

 

 都合の良い時だけ神頼みするぐらいならば。

 

「神は友、つまり神が困っていれば助けに行くし、

事情があって神が助けられないときは寛容に認めようではないか」

 

 とした方が。

 むしろ、神(あちら)としても助かるのでは?

 

 そう、私は考えているという事である。

 

 などという事はともかく。

 今年も、このような雰囲気で突き進んでいこうと思うので。

 

 楽しみにするがよい!!

*1:まどういんきたる

*2:「〈明け〉まして」といったのにいきなり〈闇〉でいいのかというのは疑問ではあるが……

*3:単に起きたのが午前5時で、まだ暗かっただけともいう

*4:むしろ〈自分の身体は我ではない〉と思っている人ならば、今回の説明が逆に分かりやすい気もするのですが

*5:基本的に価値観の合う人がいないので、こっちはちょっと切実。かも