読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

真鶴をちょっと散歩する

歴史・民俗 動植物・自然

真鶴一人散歩

ちょっと歩いてみたよ

 この日は父と弟の釣りに付き合って真鶴半島に来ていた。

 まあ、僕は釣りはあまりしないので、一人で散歩していたのだけれど。

 

 で、その散歩。

 とりあえず家族が釣りをしている場所からスタートしたのだけれど。

 最初に行った場所が三ツ石だったりする。

 

 

f:id:mugiryu:20170325100750j:plain

何やら神聖っぽい雰囲気。

 

 どうやら後に行く貴船神社の建立の元となった、平井翁が発見したという12体の木像はこの付近にあったらしく。この岩場も信仰の対象になっているようだ。

 ちなみに干潮時には歩いて三ツ石までわたる事が出来、そこには鳥居と祠もあるという。

 

f:id:mugiryu:20170325101716j:plain

貝の博物館!!

 

 で、そのすぐそばにあったのが遠藤貝類博物館

 ここは主に貝類を展示している博物館で、収蔵数は50000点であるという。

 自分は今回、そもそもどこに釣りに行くのか知らない状態で家族に同行していたので、当然この博物館も知らなかったのだが。

 

 普段、貝だけを中心にものを考えることがなかったので。結構面白かった。

 特に個人的には信仰の対象になっている貝についての興味があり。

 

 例えば、スイジガイ(水字貝)が沖縄などでは魔除け(特に火の難に対して)使われているとか。

 ハチジョウダカラ(別名、子安貝安産のお守りだったりとか。

 あと西洋ならジェームズホタテガイヤコブのシンボルであり、巡礼者が持って歩くとかいう話が面白かった。

(ちなみに、ボッティチェリの『ビーナスの誕生』の貝もこのジェームズホタテガイらしい)

 

 そして信仰と貝といえばホラガイなのだが。

 なんとここでは法螺貝を試しに吹くことができたりもした。

……まあ、全く音が鳴らなかったけど。やはり本物の〈法螺吹き〉になるには修行が必要ってことだ。

 

 で。この博物館を出てから。

 僕は歩いて先に挙げた貴船神社に向かった。

 

f:id:mugiryu:20170325102845j:plain

鳥居。結構いい感じ。

 

 先に挙げたように、ここは三ツ石の付近で寛平元年(889年)に発見された船の中にあった木像を祀った神社であるという。

(ちなみに、ここの貴船神社は京都の勧請ではないらしい)

 

 祭神は大国主神事代主神少彦名神らしい。

 事代主神は恵比寿と同一視される神様で、一方大国主神は大黒天と同一視される神様。そして恵比寿と大黒天は対で祀られることが多いのだという。

 また、少彦名神大国主神と共に国造りをした神様で、天乃羅摩船に乗って海から来たともされている。

 

 で。帰宅後に調べたところ。

 この神社はキノミヤ信仰という信仰の顕著な神社で。名前もかつて貴宮大明神といっていたらしい。

 このキノミヤ信仰というのは相模灘沿岸部に広く分布する信仰で、樹木神か漂着神を祀る信仰であるという。

  この神社に祀られているのが漂着した木像と考えるとまさにその信仰という事になる。

 

 この信仰や、この神社の由来については非常に興味深く。

 もしかしたら年代と潮の流れなどを考慮して木像やそれを乗せた船の正体を推測している方もいるのではないかと、帰宅後、ちょっと調べていたりもした。

 

 ちなみに。

 この神社では7月に貴船祭りという〈日本三大船祭〉に数えられる祭りがあるらしい。実際に行ってみたいのだが、どうするか。ちょっと考えたいところだ。

(ちなみに後の2つは大阪天満宮天神祭厳島神社の管弦祭らしい)。

 

 ……そういえば。

 調べたところ、恵比寿様というのはクジラを神格化したものでもあるというのだけれど。

 先に行った博物館にクジラの骨格標本が触れることができるように展示されていたりもした。

 このクジラの骨もまた、神様なのかもしれないな。なんて思ったりもしたのだった。

 

『彼らが本気で編むときは、』を観る

映画 町田市

て非常に良かった映画

テーマが実に興味深い

 さて、この日は『彼らが本気で編むときは、』という映画を観てきた。

 

 この作品はLGBTの中でも特にトランスジェンダーをテーマにした作品で。

 僕は知り合いに何人かそういった人がいるし、僕自身はLGBTではない代わりに社会の〈男性像〉と相性が悪いタイプの人間なので興味があって観にいったのだけれど。

 予想以上に、深い話で、観に行って良かったと思える映画だった。

 

 以下、ネタバレがあります。

 

 見る前、この作品で気になっていたのは当然、話の中心人物で、トランスジェンダーの女性のリンコだったのだけれど。

 一方で、見ている最中に気になったのは小学生のトモとその同級生のカイだった。

 

 特にカイは本人が〈自分は男だけれど、男が好き〉という人物なのだけれど。

 その母親がLGBTに対して差別的な人間で、結果として学校にも家庭にも居場所がなくなって追い詰められてしまうという展開は非常に胸にくるものがあった。

 

 一方のトモも母子家庭の一人娘なのだけれど。

 母親が勝手に男を追って家を出て行ってしまうという厳しい境遇にあり、こちらもこちらで泣けてくるものがあった。

 

 個人的に。

 自分の家庭もいろいろ問題があるので。

 

 子供が、親の都合で振り回されて不幸な目に合うというのは許せないため。

 見ていてトモにも、カイにも幸せになってほしいと思ったが。

 映画の雰囲気からして「おそらく映画中で彼女らの抱えている問題が解決はしないだろう」とは思っていたので、最後はどうなるのか、非常に気になりながら見ていた。

 

 一方で、最初に興味があったリンコだけれど。

 LGBTに対して無理解な人間によって被害を受ける場面もある反面、親や恋人は非常に理解ある人たちで、個人的には幸せそうでいいなあという方に受け取って観ていた。

 

 もちろん。回想シーンなどを観ると過去には非常に苦労しているのだろうけれど。

 少なくとも今は幸せなのだろうと感じた。

 

 他に、面白かったのはリンコが編み物で男根に見立てたオブジェのようなものを作っていて。それを煩悩の数である108作って燃やして供養するという話で。

 これに関しては実際にそういう表現をする作家さんがいてもおかしくないと思えるようなものだったので興味があった。

 

 後、作中でリンコがつくる料理が非常においしそうだった。

 どうやら飯島奈美さんというフードスタイリストの方がつくっているらしい。

 

 僕自身料理が趣味なうえに、特撮をよく見るので、以前からドラマや劇で使われる料理については興味があったのだけれど。

 今までこのフードスタイリストという職業についてはあまり詳しく調べたことがなかったので、ちょっと調べてみたいと思ている。

 

 にしても。

 この映画が上映された2月25日が自分の誕生日で。

 撮影場所が地元の東京都町田市だったうえに、自分の母校の側だったのは何かの運命を感じざるを得ないのだけれどね。

 

またもやゼンタングル

絵画・イラスト

タングル的なものを

作品をまたしても載せてみる

 流石に一日中カラオケをした後に、すぐにブログに書けるようなネタは思いつかないので。

 今日はゼンタングル的な作品をまた載せさせていただこうと思う。

 

f:id:mugiryu:20170325084218j:plain

f:id:mugiryu:20170325084222j:plain

f:id:mugiryu:20170325084223j:plain

f:id:mugiryu:20170325084224j:plain

 さて。最近気が付いたのだけど。

 このブログのカテゴリーの〈絵画・イラスト〉がゼンタングルっぽい作品ばかりになりつつある。

 ので、そろそろそうではない作品も載せたいと思っている。

 

 よろしくお願いします。

ちょっとイベントに参加していた

音楽

とりあえず宣言!!

持ち歌、増やします!!

 

 この日は、とあるカラオケイベントに参加していました。

 主催者、スタッフおよび参加者の皆様。

 お疲れさまでした。

 そしてありがとうございました!!

 

 ええと。

 流石にこのブログでそのイベントについて細かく書くのもどうかと思うので。

 一つだけ宣言をしておこうかと。

 

 1年後までに。

 特撮ソングを100曲。東方project関連曲を100曲。

 持ち歌に増やします。

 

 まあ、帰宅してからあれこれ検索したところ。

 既にかなり持ち歌のある特撮ソングでさえあっさり100曲以上増えそうなので。

 上手くいけば、両方200曲ずつ追加できるかもしれませんが。

 

 あまり欲張りすぎてもどうかとおもうので。

 とりあえず100曲、合計200曲でよろしくお願いします。

 

『ラ・ラ・ランド』を観に行く

映画

また映画の感想を

夢を追うチカラ

 この日は、友人と二人でラ・ラ・ランドを観に行った。

 あまり事前情報なく「駆け出しの女優と、売れてないジャズピアニストの物語」ぐらいしか知らなかったのだが。

 非常に良い映画を観たと思った。

 

 ここから先、多少ネタバレがあります。

 

 夢を追うっていうのは、辛い事も多い。

 自分自身、そういう生き方をもう10年以上していて、全く芽が出ない(ほとんど発表していないのだから当たり前だけれど)のでその辺りはよくわかる。

 ただ、それでも挑む価値があるもの。というより、挑まずにはいられないものが夢なんだと思う。

 

 さて。

 この映画では女優の卵であるミアは「自分のやりたい事を貫こうとして認められない」という状況に途中まではなっており。

 一方、ジャズピアニストのセブは途中から自分のやりたいのとは違う方向性の音楽をすることになり、結果としてそちらで成功してしまうというものになっている。

 

 自分としては。

 自分のやりたいことを貫くのは大事だけれど、一方で認められるためにやり方を周囲に合わせるのも一つの手で。

 中盤辺りのミアとセブが互いの夢に対しての在り方の違いで揉める場面は「おそらくお互いに、相手の今の状況に憧れ、あるいは納得も多少はあったのだろう」と思いながら見ていた。

 

 で。僕としてはミアのように「やりたいことを貫く」方が好きな生き方なのだけれど。

 そう思う反面、セブも「周囲に合わせてやりたいのとは違うバンドをする」という経験があったからこそ、最終的にやりたかったジャズバーを開けたのではないかとも思える訳で(資金的なもの以上に、精神的な意味で)。

 

 夢を達成するまでの道は無限にあって、中には一見回り道だったり、停滞や、更には後退だったりするものもあるけれど。

 その経験がなければきっと夢は叶わなかったのだろう。

 とも考えていたりもした。

 

 しかし。

 個人的に一番気に入っているのは二人が映画や音楽の話をしている場面で。

 自分もああいった「芸術について語れる恋人」が欲しいなあ、なんて思ったりした。

 

 まあ。最終的にこの二人は別れて。

 五年後にミアは別の男と結婚しているのだけれど。

 実った恋だけが美しい、あるいは幸せな恋愛とは限らないからねぇ。

オルタナティブ人形劇とは?

美術

「劇団★死期」とは何者だ!?

岡本太郎美術館にて。

 この日は岡本太郎美術館で、オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」によるギャラリーイベントを鑑賞してきた。

 

 まずそもそも、僕はこの団体について全く知らなかったのだが。正直に言えば。

 だが、岡本太郎美術館で配布されていた宣伝を見る限り、どうも濃厚な奇妙さを感じたので、今回は見に行ってみたという訳だ。

 

 まあ、ここには。

「僕もローカルヒーローをつくっている関係で、ショーとかもしないといけないし、人形劇も劇であるから参考になるかもな」なんていう意図もあったりするんだが。

 ……ヒーロー人形による人形劇……悪くないかも、なんて思ったりもした。

 

 で、このギャラリーイベント。ギャラリーツアーという面もかなり強いものなのだが

 参加者に質問をしたり、あるいは彫刻になりきってポーズをとるといった事をしたりと、結構観客の方が何かアクションをする場面も多くて面白かった。

 

 後、このイベントで初めて太陽の塔』がカラスをモチーフにしていることを知った。

 確かに岡本太郎はカラスと一緒に生活していたし、また、カラスは洋の東西問わず太陽と関連のある鳥とされている(金烏、アポロンの烏、古代エジプトの信仰など)し。

 また、いくつかの神話や伝説では「神や英雄が姿を変えた鳥」だったり「神の使い」だったりもするが。

 

 まさか、あの塔がカラスだったとは。

 そう思ってみると、結構、そう見えてくるから面白いと思った。

 

 それと途中で明日の神話に関して、人形劇の登場人物であるゲンダイチコースケ地獄の学芸員トークバトルをする場面があったのだが。

 予想以上に濃い内容で、美術だけでなく哲学用語も出てくる辺り、そういうのが好きな自分は楽しかったのだが。

 見ていた人(特に子供)置いてきぼりでは? と、ちょっと心配になったりもした。

 

 この辺りは対象を一体どの層に持ってくるかが問題になるので、結構難しいところだったりするかも。

 と、自分も近い将来ショーをする側としてちょっと考えたのだった。

 

 ちなみに。

 美術館のショップで、現代アート探偵ゲンダイチコースケの事件簿 銀髪の賢者と油之牝狗という本が売られていたので。

 試しに買ってみたりもした。

 

 読んだら感想を書こうかと思っていたりもするのであった。

 

タングルその2

絵画・イラスト

昨日に引き続き

今日もゼンタングル的なものを

 予定通り、今日もゼンタングル的な作品を載せようと思う。

 中には半年以上前の作品もあるのだが、まあ、いいだろう。

 

f:id:mugiryu:20170320074832j:plain

 

f:id:mugiryu:20170320074839j:plain

f:id:mugiryu:20170320074844j:plain

 

f:id:mugiryu:20170320074850j:plain

 

 ゼンタングルの特長としては「失敗というものがない(失敗しても応用する)」というのがある。

 実は二枚目のベタ塗になっている場所は思った通りに模様が描けなかった場所であって、結果として黒く塗りつぶしただけだったりするのだが。

 

 全体的には問題なく収まっているからこれでいいのである。たぶん。