麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

現代版人魚姫

人外好きですとも!!

今回は過去の短編を2つ

「現代版人魚姫 その1」/「窓井来足」の小説 [pixiv]

 

「現代版人魚姫 その2」/「窓井来足」の小説 [pixiv]

 

 今回は過去に書いた短編から人魚姫関連の2作を載せました。

 

 これは先に載せた「ウサギゴケ」という短編の中で『人魚姫』の話題が出たことと。

 先日体験したフューチャーマッピングの際に、僕が選んだ人物が人魚姫*1だったことがあって今回載せたというのがあります。

 

 さて「その1」「その2」の内容について補足を。 

 多少ネタバレになりますが。

 

 その1の方で王子が言っている〈人魚の尾びれでビンタ〉だとか〈おなかに頬擦り〉辺りは僕がしたいことだったりします。

 流石にそれ以上の内容になるとエロ要素が強く、いくらセクハラ発言をする王子でも言わないだろうと判断したので今回はこの程度に止めてあります。

 

 あとまあ、その1で言っているように。

 原作の人魚姫って、ちょっと危ない娘ですよね……いろいろと。

 アンデルセンが物語を書いた当時の女性の基準からしたらどうなのかは知りませんが。

 少なくとも現代の基準だと〈思い込みが激しくて暴走し、自滅する女性〉としか思えないというか……

 

 まあ、そんなのもあります。

 

 その2の方に関して。

海賊戦隊ゴーカイジャー』を連想させるネタが2つ程度入っていますが。

 これはまあ、物語を書いたのが数年前なので。その時はまだ「最近の特撮」だったというのもあります。

 

 ただ、大人になると10年くらい前でも〈最近の作品〉扱いで、果たしてどのくらい新しい作品を最近というのか、これはちょっと難しいかな。

 なんて思っていたりもします。

 

 あと、最後の次回予告もどきは全体的には特撮風味ですが。

 台詞や次回のサブタイトルなどは露骨に元ネタのあるパロディになっています。

 しかし、この時から書きたいと思っている「人外+特撮風ヒーロー」は書きたいかなぁ……と。

 

 人外と特撮ヒーローが別々に出たりするなら普通だし、ヒーローの正体が怪人というのも定番ですが。

 人魚やラミアーのような人外がヒーローに変身するという路線はあまりないので。

 両方好きな自分としては書いてみたいものです。

 

 しかしなんか、今までpixivに載せた小説が全部恋愛絡みで。

 何も知らない人から見ると〈恋愛とかラブコメとかばかり書いているのでは?〉と思われそうですが。

 

 実は過去に書いた長編は、3作中1作以外は恋愛要素がほぼゼロで。

 逆に1作は恋愛がメインな代わりに人外ものだったりします。

 

 ただ、この恋愛中心の1作はちょっと後で読んでみて修正を入れたいというか、露骨なパロディが多い点もあったので。

 今すぐは載せられないのですが……まあ、近いうちに何とかしたいですねぇ。

*1:ただし、アンデルセンの『人魚姫』とは別の、ボーイッシュで気の強い性格の人魚姫というオリジナルキャラクターです

夏バテがヤバいかも……

暑いのに寒気が……

無理はいけない!!

 実のところ、先週あたりから夏バテ気味でして。

 この前の土曜日に一度持ち直したのですが、訳あって日曜の夜から月曜にかけて寝られず、その結果寝不足もあって体調を再び崩した……という感じです。

 

 この日は病院に行って相談し、一応漢方薬をもらってきましたが。

 まあ、無理はしないようにして、ゆっくりしようかと。

 

 問題なのは……そんな状態でも「何かできるはず」と頑張ってしまう事なんですよね……。

 特に現段階だと自分は世間的には稼ぎがなく、無職扱いなので。

 何もしないで休むことに抵抗があるというか……

 

 あと、このブログが、この記事を書いている段階でまだ6月分の記事さえ書き終わっていないので。

 そういうのを何とかしたいというのもあるのですが……

 

 まあ、それは自己満足ですから、今は休んで、後程ゆっくりやりますけどね。

こんなのを作っていました!!

試作品なのですが

ペンケースとか……

f:id:mugiryu:20170721124055j:plain

 この日は、100円ショップで購入したペンケースを塗装して、こんなのを作っていました!!

 まだ黒い部分にやや色ムラがあるので修正しないといけない面もあるのですが、大体こんな感じの作品です。

 

実は、最初色をきれいに塗ろうとしていたら、使っているペンが布地(ポリエステル)に合わず、滲んでしまったので。

 結果としてあえてにじませてマーブル模様のようにして、その上から滲まないタイプの黒いペン*1で模様を描いたのがこちらになります。

 

 ただ、写真上部の方の面は最初にやった関係で、何が滲み、何が滲まないかわかっていなかったこともあり。

 ちょっときれいにできていない部分もあったりします。

 

 本当ならそこそこの値段で作品として売ろうと思っていたのですが。

 試作なので、300~500円かなぁ……ネットだと送料もあるからこれ以下はきついかと思うけど、まあ、そんな感じです。

 

 今後、新しい商品ができたらまた紹介しますね。

 

*1:サクラの〈マイネーム〉というペンが比較的ポリエステルでも滲みませんでした

妄想小説2つ目

今回はホラー系……?

ちょっとグロテスクかも

「妄想短編小説2「ウサギゴケ」」/「窓井来足」の小説 [pixiv]

 というわけで、妄想小説その2として書いてみました!!

 

 この小説はTwitterでたまたま「ウサギゴケ」の花言葉〈夢の中でもあなたを想う〉を〈夢の中でもあなたを襲う〉と読み間違え

「夢の中でもあなたを襲う(想う)」だと完全にヤンデレトーカーだよなぁ。

 と思ったのをヒントに書いています。

 

 本来なら、ストーカーの相手と主人公が出会った理由や、主人公がストーカーに好意を持たれている伏線。

 あるいはストーカーが夢の中に自由に入れるようになった理由をしっかり書かないといけないかもしれませんが。

 それを書くと完全に「妄想から考えた普通の小説」くらいの内容になりそうなので、今回は妄想の部分だけ書いています。

 

 ここからネタバレになるのですが。

 

 実はストーカー、登場時は正体が不明で。のちに女性と明かされ。

 主人公も女性なので、百合な展開でもあるのですが、百合のタグをつけるとネタバレになるからつけていないという。

 ただ、性的描写はないので今回はそれでも構わないと判断しています。

 

 また、この作品。

 当初は夢の中でバラバラにされるのに快感を覚えた主人公が、ストーカーの女性と両想いになり。

 最終的に夢の中でお互いの体をあちこち交換したり、あるいは首だけの状態でいちゃついたりという展開もあったのですが。

 友人に話したら「そういうのはちょっと……」と言われたので、今回は主人公が嫌がったままの状態で終了しています。

 

 ただ、これをもとにしっかり話を作るならば。

 主人公とストーカーの出会いから書いて、今回のシーンののち、主人公とストーカーが両想いになり、さらにストーカーの〈夢の中に入れる力〉で何か別の脅威(ほかの能力者など)と戦う展開が欲しいかと思っています。

 

 まあ、そうすると今回の物語中で書いた。夢占いの。

〈良い恋愛パートナーと出会う〉〈乱暴な相手と出会う〉両方回収できるので、その辺りも面白いかと。

 

 まあ、書くかはわかりませんが……要望があれば考えたいかと思います。

久しぶりに小説を

小説、書く方もやっていたり

まあ、元はそもそも

 今日は、pixivに妄想から書いた恋愛小説……というかコメディ? ということはラブコメ? という微妙なラインの短編小説*1を載せました。

 

「妄想短編小説1「僕と彼女のある夏の思い出」」/「窓井来足」の小説 [pixiv]

 

 いや、僕の恋愛対象として好きな女性の好みが〈少年がそのまま大人になったような女性〉と説明としてはわかりやすいのですが。

 現実的には全くいないうえに、仮にいたとしても「恋愛は興味がない」とか「男に興味がない」とかそういう話になるので。

 

 結果、彼女いない歴=年齢で30歳まで生きている僕としてはまあ、もう妄想で小説でも書くしかないかと。

 

 ちなみに、エロい話題は出るものの、実際そういう場面はないのでそういうのが苦手な人も読めるかと*2思います。

 

 で、なんで急に小説を書いたか……ですが。

 

 元から僕は小説を結構熱心に描いていた時期があって。

 一般の文庫本で1冊分(250P程度)くらいの長さの小説を3作くらいは趣味で書いていたりしました。

 

 が、長編は設定やプロットをしっかり作らないと矛盾が生じたりしてなかなか書き辛く、結果として約1年くらい小説は何も書かない*3状態が続いたので。

 ここはもう、妄想でいいから短編やSSを思いついたらコツコツ書いていこうかと。

 

 というわけで、今後はたまに短編などを書きますので。

 よろしくお願いします!!

*1:約7000文字程度。短編よりSSに近い

*2:というか、僕自身が露骨にエロいのは苦手。というよりエロゲーなんかで、シナリオ楽しんでいる最中にエロいシーンになるとやる気が失せてストップするレベル

*3:ローカルヒーローの関係で物語は描いているのだけれど。小説としては書いていない

ヒーローの変身に関する分類

前から気になっていたので

アドバイス、お願いします!!

 前から作品における〈ヒーローの変身〉の分類が気になっていたのですが、今日たまたまTwitterでその話題で盛り上がったので。

 私的にいくらか分類してみました!!

 自分一人の知識で分類したので〈こういう例もあります〉というものが多数存在するかと思いますので。

 このあたりのアドバイス、お願いします!!

 

 ではまず自分が考えた分類を。

 

1.見た目の変化
〈コスチュームを纏う〉
 非常にわかりやすいタイプ。服や鎧を纏うのと同じ。


〈身体が変わる〉
 科学や魔術などによって肉体レベルで別の存在に変化。

〈身体かつコスチュームであるものを出現させる〉
 身体の一部でもあるが、着脱可能なものを身体の外に出現させる。

〈コスチュームも纏い、身体も変わる〉
 コスチューム部分は身体ではないが、纏っている最中の内部では身体も変化。

〈人間の姿が仮の姿〉
 本来人ではない存在が、普段は人の姿を取っている。

2.見た目と能力との関係
〈見た目が変わることと、能力が身につくのは同じ理由〉
 コスチュームに超常的な力がある。身体が変化した結果見た目も変わるなど。

〈能力がある者が何らかの理由で見た目を変える〉
 超常的な力を持つ者が、正体を隠す、あるいは自身をアピール*1するためにコスチュームを纏う。

 

〈能力ある者がさらに特殊な存在に変化したため見た目も変わる〉

 最初から常人ではない存在が、さらに超常的な能力を持つコスチュームを纏ったり、あるいは別の姿に肉体を変えるタイプ。

〈普通の人間ではないものだけが変身できる〉
 通常の人間には変身アイテムなどを使用することができない。

3.普通の人間ではなくなる理由
〈コスチュームが超常的な存在〉
 超科学や魔法などによってつくられたコスチュームによって普通の人間が特殊な存在になる。

 

〈特殊な力で一時的に身体を変化〉

 科学や魔法などで身体を一時的に変化させることで特殊な存在になる。

 ただ、先の〈コスチュームが超常的な存在〉と同時の場合も多い*2

 

〈特殊な存在が憑依、あるいは融合〉

 変身者の身体に特殊な存在(宇宙人や神や精霊、悪魔など)が憑依あるいは融合することで超常的な力を得る。これにはさらに〈常時憑依あるいは融合しているタイプ〉〈変身時のみ憑依あるいは融合するタイプ〉がある。


〈本人が超常的な存在として生まれた〉
 生まれた時から普通の人間ではない存在*3

〈本人が超常的な存在になった〉
 科学的、あるいは魔術などの非科学的な理由で身体などが変化。

〈変身し続ける(あるいは能力を使い続ける)と超常的存在になる〉*4
 変身し続けると変身中のみならず、変身解除後も通常の人間と違う存在になる。

4.コスチュームのあり方
〈物体として存在〉
 普通の服を着るのと同じ感じで纏う。

〈データ化*5されていて転送されてくる〉
 特殊なスーツなどがどこかに保存されていて、必要な時に一度データ化されて転送されてくる。

〈データ化されていてアイテムなどに内蔵されている〉
 特殊なスーツが変身アイテムや、変身者の体内などに常時データとして存在している。

 


 で、ここまでまとめたのですが。

 一方、ここから予測はできたけど、例を知らないものがありまして。


 まず〈ヒーローに変身したと周囲に錯覚させているタイプ〉(実際には変身していない)というもので。

 おそらく人間に化けているタイプには〈人の姿に実際になっている〉と〈何らかの方法で他人には人間に見えるようになっている〉の2パターンがいると思うのですが。

 その逆に〈何らかの方法で他人にはヒーロー(あるいは怪人)に見えるようにできる〉というのはちょっと例が思いつかなかったです。


 また、コスチュームがデータ化されて転送されるのなら〈通常時とは違う〈身体〉が転送されてきて、意識をそれに憑依させる〉というのもあってもよさそうなのですが。

 強いて言うならサイバーパンクなどである〈あちこちに自分の身体があって、それに脳のデータを転送する〉タイプがこれに近い*6かという感じでした。

 

 まあ、これについては特撮作品は多いし、特撮以外の漫画やアニメの変身まで含めればおそらくどこかにあると思っています。

 

 で、この分類を進めたうえで。

 本当は現在のフィクションにおける変身と、神話や民話などの文化との比較というのをしてみたいのですが。

 今回はここまでにしておきたいかと思います。

 

 まあ、これに関しては以前、漫画版の『仮面ライダー』の感想や民俗学関連の話題の際にちょっと触れたりもしていたのですが。

 この部分は、作品制作の参考としても興味深い話なので。

*1:ヒーローによっては一方で普段の姿を隠し、他方で敵に対して自分の存在を示すためにマスクを着けているので

*2:厳密に設定されていない場合も多いので推測ですが、仮にパワードスーツなどで強化しても、内部が生身のままだと戦闘などの激しい運動や外部からのダメージについてこれなくなる可能性も高いので、スーツを纏った状態でさらに身体強化も施されている可能性は高いかと思っています

*3:宇宙人や魔族などの〈そもそも人間とは違う存在〉の場合と、人造人間などの〈人間の都合で作られた存在〉の場合だと共通するテーマもある反面、後者は〈超常的な存在になった〉タイプが持つ悩みなどとも相性が良いので、話としては使い分けが面白いです

*4:カテゴリ的にどこに入れるべきか迷いましたが一応ここに入れておきます

*5:これにも科学的なものと魔術など非科学的なものがあります

*6:書き終わってから思いましたが仮面ライダーWが意識の方が肉体に行くとはいえ、これに近い部分があるかと思いました。一方、完全にデジタルな世界で戦っているヒーローの場合、どう扱うかというのが問題になるかと

性的マイノリティ……なのか?

かなり多数の種類があるようで

そもそも〈性〉と一言で言っても……

 さて、実は前から僕は自身の事を何らかの性的マイノリティだと思っていて

 ただLGBTには当たらないもので、一体何なのか、そもそもマイノリティなのかと悩んでいました。

 

 そう想う理由が。

 

 僕は自身が男性であることに違和感はなく、身体的には女性が好きだが。

 世間一般が連想する女性的な女性(服装や口調、一人称、趣味などが女性に多いものを使う、好むなど)を恋愛対象にはできず

 逆に内面的に男性的、あるいは内面によって変えられる面が男性的な女性(服装や口調、一人称、趣味などが男性に多いものを使う、好むなど)を恋愛対象として意識するという事と。

 

 性欲はあるが、恋愛対象を性的対象と見ることに非常に抵抗が強く

〈恋愛≒性的関係〉と捉えられる可能性があるので恋愛をすることもできない。

 

 というものなのですが。

「同性愛、両性愛ではなく、性欲がない訳でもない」のでずっと〈なんだかわからない〉で放置していて。

 結果、彼女いない歴=年齢のまま30歳になり、身体的関係は手を繋ぐレベルで存在しない*1のですが。

 世間の人間は僕を「性的マジョリティ」として見るので「将来結婚して家庭を持ったら……」みたいな余計なアドバイスをしたりしてきて、困ったりしていました。

 

 まあ、家庭を持つことに関しては。

 僕が自分が生まれたことが間違いだったと思って生きてきたため、その僕が新しい命をつくることもまた〈間違い〉だと思っているので。

〈血の繋がった子供を持つ〉という意味ではないかと思っています。

 

 さらに言えば。この考えを持つようになった理由が〈母が家事や育児のストレスで亡くなった(と思って育った)〉ことなので。

 家庭的、母性的な女性を恋愛対象にできないことなどもここから来ている可能性も高いのですが……そうなるとますます複雑になるという。

 

 で、今まで〈性的マイノリティ〉あるいは〈性的少数派〉と検索してもLGBT関連ばかりが上がってしまい、何の進展もなかったのですが。

 昨日思いついて「性的マイノリティ、性に罪悪感」などのキーワードで検索してみたところ。

 

 どうやら、大雑把に分けでも性に関する種類は12種類くらいあるとか。

 さらに言えば、それぞれが複合的に組み合わさっていたり、程度の違いもあるから、ほぼ無限に存在するとか。

 そういうことらしかったです。

 

 また、僕自身は恋愛〉と〈性愛

 あるいは身体的な性〉〈社会的な性〉〈精神的な性がそれぞれ違うものだというのは当たり前だと思っていたのですが。

 世間ではその考え方自体が浸透していないという事でした*2

 

 ちょっと話が変わりますが。

 以前〈日本では性教育が遅れている〉〈学校で性教育をすると問題視されてしまうのでできない〉

 といった話をネットなどで見ましたが。

 そもそも性教育で扱う内容が〈性行為など身体に関わるもの〉ばかり連想され。

 性的マイノリティや先に挙げたような性に関しての分類などを教えるという発想がほとんどされていない事も問題ではないかと思いました。

 

 で、まあ。話を僕に戻すと。

 試しにそういう問題を扱っている団体に相談してみようかと思って今ちょっと調べているところだったりします。

 

 いや、今まで「恋愛や結婚はくだらない話で、人に相談するべきではない」とも考えていたし、性に関しても「品のない話だから相談しない方が良い」としていましたが。

 むしろそういう価値観自体が〈悩みになる価値観〉の可能性があるので、今回は一応相談してみようという事です。

 

 まあ、そんな感じなので、今後Twitterやブログでもそういう話題が多くなるかもしれませんが。よろしくお願いします。

*1:ただし、好きな人と手を繋ぎたいという発想そのものもないのですが。何故人前でいちゃつかなければならないのか? みたいに考えてしまうので

*2:専門用語も多々あるのですが、僕はあまり詳しくないので、紹介して誤用を招く恐れがあるので省かせていただきます