読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

国際版画美術館へ

町田市立国際版画美術館!!

〈江戸ノスタルジア〉と〈追悼・木村利三郎〉を見る

f:id:mugiryu:20170317083809j:plain

 この日は、町田市立国際版画美術館に行ってきた。

 この美術館は国内でも珍しい版画を専門に扱った美術館で、27,000点もの版画が収蔵されているという。

 

 で。今回は偶然、現在の企画展江戸ノスタルジア〉のギャラリートークを聞くことができたので、それについてまずは書こうと思う。

 

 そもそも今回の企画〈江戸ノスタルジア〉とは何かといえば。 

 明治時代に描かれた江戸時代をテーマに扱った展示会で。

 特に楊州周延という絵師の作品が多く展示されていた。

 

 この楊州周延

 歌川派の門人として絵を学び、幕末には神木隊に属して戦に参加していたこともある絵師らしいのだが。どうやら明治の浮世絵師としては4番目ぐらいの知名度らしく。

 今回の企画のために集まった資料も少なく、一番しっかりしたものはアメリカの研究書だったとも言っていた。

 

 ちなみに。

 周延の作品は約870点知られているが、そのうちこの版画美術館には270点が存在するという。

 

 そんな周延を含めた、明治の浮世絵師だが

 よく使っていた色が赤色であったらしい。

 これはどうやら西洋からアニリンなどの発色がよく、安い合成染料が入ってきたことに影響されているのだという。

 これによりベロ藍などの藍色を多く使った幕末と絵の雰囲気が違っているようだ。

 

 また、明治に入って画題も変化したらしく。

 今回のように江戸を懐かしむ絵も多く描かれた一方で〈開化絵〉と呼ばれる文明開化をテーマにした作品も多くつくられている

 また、江戸をテーマにした作品でも、江戸時代では描くことができなかった江戸城内での政治に関する絵や、大奥の絵も描かれるようになったという事もあるらしい。

 

 今回のギャラリートークでは。

 江戸城内の絵が明治22年(1889年)前後に制作されたものが多い事を。

〈江戸会〉という江戸時代についてまとめる組織が明治22年に発足していることも考えると、この頃に世間で江戸時代を見直す風潮があったのではないかと推測していたりもした。

 

 と。

 こんな明治時代の浮世絵だが。

 実際に作品を見てみると、発色も良く、構図も面白く、また描かれている人物の表情やしぐさが生き生きとしていて、中々魅力的だった。

 

 特に僕が興味を持ったのは。

 美人画や大奥を描いた作品の女性が着ている着物の柄で。

 

 一方では模様によって身分や、どんな家の出身かが分かるのではないかという知識面での好奇心が刺激され。

 もう一方では、自分が絵を描く際に、こういった緻密な模様を描き込んでみたいという創作意欲を刺激されたのだった。

 

 この展示会。

 来月9日までやっているので、興味がある人は是非、見に行っていただきたい。

 

 また同じく来月9日まで。

 木村利三郎さんという2014年に亡くなった作家さんの展示会も常設展の方で開かれているのだが。

 

 この作品が、僕はとても気に入っていたりする。

 今回。版画美術館に行くまで、僕はこの利三郎さんの作品を見た事がなかったのだが。

 

 まずポスターを見て「これはよさそう」と思い。

 実際に作品を見て「こんなに凄いものがあるとは!!」と思ったのだった。

 

 また、どうやら利三郎さんは美術評論家を目指すために、自らも作品制作をするようになったという経歴の持ち主らしいのだけれど。

 僕自身、色々なタイプの作品を制作しているのが、創作活動を研究するためという目的もあるので、この辺りには好感を持てたというのもあったりする。

 

 今後、この人の作品が展示される機会があれば、是非、見に行きたいものだ。

友人達と

河原でラーメンを食べたり

野外活動をする!!

 この日は以前に行った河原で、友人と火を起こして、その火でインスタントラーメンや、市販の加熱調理すると食べられる鍋なんかを作っていた。

 

 といっても。

 インスタントラーメンや市販の鍋の写真を載せても仕方がないので。

 今回はどんな道具を使ったかを載せておこうと思う。

 

f:id:mugiryu:20170317083429j:plain

 まずはメタルマッチ

 これを擦る事で火花が飛び散り、それを燃えやすいものに引火させて火を起こす。

 

f:id:mugiryu:20170317083519j:plain

 次にウッドストーブ

 この中に木や紙などを入れて火を燃やす。

 

f:id:mugiryu:20170317083552j:plain

 そして火が付いたら上に鍋などを置いて湯を沸かしたり、調理したりできる。

 

 今回使った道具は友人の一人が所有しているもので、僕のものではないのだけれど。

 僕も野外活動には興味があるので、近々買いたいかな?

 なんて思っていたりするのだった。

マクラメというものを

マクラメでアクセサリーを作る

マクラメ初体験!! どころか

f:id:mugiryu:20170314065047j:plain

こんな感じに

 今日はマクラメというものでアクセサリーを作ってみた

 マクラメというのは中世のイスラム圏で発祥したとされる〈装飾的に紐を結ぶ〉技術で。その後ヨーロッパに広まったものである。

 が、紐を編んでものを作るというのは日本や南米にも古くからあるため、決して中東やヨーロッパだけの文化ではないようだ。

 

 ……というのは。

 今回僕がたまたまマクラメ入門講座に参加した後に調べたから知ったことで。

 実は、そもそも僕は「マクラメって何?」という状態にもかかわらず、近所の手芸用品店で講座が開かれていたので飛び入りで参加したという感じだったのだ。

 

 で、しかも。

 最初に作った、今回ブログのトップに載せているようなアクセサリーしか知らない状態だったので。

 まさか、あんなに複雑なものまで〈紐を結ぶ〉という方法で作っているとは思ってもみなかったのであった。

 

 いや、流石に先生の作品を勝手にブログに載せる訳にはいかないので、興味がある人は検索してみてくださいとしか言えないのだけれど。

 見てみると「これ、本当に紐を結んだだけで作ったの?」というような作品ばかりなのだ。

 

 今後も、このマクラメ、挑戦していきたいところだ。

f:id:mugiryu:20170314065310j:plain

ちなみに、こんな感じで制作していました。

 

怪獣、そしてヒーロー!!

『ぼくたちのトクサツ!』を観に行く!!

ヒーローと怪獣に会いに調布へ!!

 この日は調布市文化会館たづくり〉で今月12日まで開催されている展示会ぼくたちのトクサツ!を観に行ってきた。

 この企画はあの『仮面ライダークウガ』のプロデューサーとして知られる髙寺成紀さんがプロデュースしているものなのだが。

 

 とりあえず、まずは写真をどうぞ。

f:id:mugiryu:20170310144142j:plain

今回はこのギャバンを目当てで行っていたり。

 

f:id:mugiryu:20170310144132j:plain

怪獣もすごいが破壊された街もすごい!!

 

f:id:mugiryu:20170310144107j:plain

ガメラ。迫力がある!!

 

f:id:mugiryu:20170310144040j:plain

入り口で迎えてくれるピグモン

 

 僕は自分自身がヒーロースーツを作っている関係もあって、今回は『宇宙刑事ギャバン』の主人公、ギャバンのスーツを見に行ったのだけれど。

 怪獣の展示もかなりの迫力があり、作品制作をするためのエネルギーを思い切り与えられた感じがした。

 

 後。『平成ライダー』から特撮に入った自分としては。

仮面ライダークウガ』の全話シナリオが展示してあったのが非常に嬉しかった。 

 

 それと平成ガメラ』シリーズの展示。

 僕は実はまだ『ガメラ』をほとんど見ていないのだけど。

 この展示を見て「これは早く観てみたい」と思えるような展示だった。

 

 さて。

 僕がこの展示を見ている際に、おそらく近くの幼稚園か、そういった団体が来ていて。子供たちが楽しそうに展示を見ているのも非常によかった

 

 で。

 その園児たちを案内している先生の方も「子供のころこれ、見ていました~」と楽しんでいて。

 子供も大人も楽しめるまさに「ぼくたちのトクサツ」なんだな、なんて思ったりもした。                                                           

  こういった、特撮関連の展示があれば。

 また行きたいな、なんて思ったので、今後もこういったイベントを楽しみにしたいところだ。

サッカーと料理!!

サムライブルーの料理人』

日本代表専属シェフについての本を読む

 さて。僕はこれでもいくらか本を読むほうなのだけれど。

 大抵の場合、小説以外だと作っている作品絡みの資料ばかりになっちゃうので、あまりブログで紹介っていう訳にもいかなかったりする。

 

 で。今回は。

 一応は作っている作品絡みで読んだけど、そこまで作品にどっぷり関わってくるわけではないので。

 西芳照さんの『サムライブルー料理人 サッカー日本代表専属シェフの戦いという本について紹介しようと思う。

 

 この本はタイトルからもわかるように。

 サッカー日本代表の専属シェフをしている方が、そのことについて書いたもので。

 サッカーについての本を読みたいけれど、今までサッカーに縁がなかった自分としては、自分が好きな料理の話という事もあって非常に読みやすい本だった。

 

 そんなこの本の中で。

 僕が一番気に入った言葉は「料理は世界共通のコミュニケーションツールである」というもの。

 

 この本の著者の西さんは本の中で何度か書かれていることによると英語はそこまで上手くないらしいのだけれど。

 それでも海外の調理スタッフとコミュニケーションが取れるのはお互いに「食べることに対する興味が旺盛である」からなのだそうで。

 

 結局。言葉や文化が違っても。

 同じ料理の道で生きている人間同士だと「食に対しての好奇心」で分かり合えるのかもしれない。なんて思い。

 読んでいて非常に興味を持った部分だった。

 

 食の場合食欲〉という生物が生きるのに最も必要な欲求の一つが関わってくる上に。

 料理人であれば〈知識欲〉などの別の欲求も絡んでくるので、この辺りの〈食べることに対する興味〉は相当強いものなのだろう。

 

 それとこの本は。

 スポーツ選手に海外で食事を提供するという事に関して、興味深い事がいくつも書いてあった。

 

 例えば。

 海外での調理の際に衛生面でどういったことを気を付けるのかは結構書かれていたし。

 試合前は胃に負荷がかかるものや、腹痛を起こす可能性があるものは出さないという事も書かれていた。

 

 また。選手の精神面の事を考え、料理も単に栄養のあるものを出すだけではなく。

 海外で食べると落ち着く、日本的な料理を作ることもあり。

 ラーメンお好み焼きを作ったこともあるというのは面白かった。

 

 確かに。

 旅行に行くならば現地の食事を楽しみたいという気持ちもあるけれど。

 試合をしに行く以上、慣れないものを口にするよりは、自分に馴染みのあるものを食べたほうが、精神的には良いのかもしれない。

 なんて、考えさせられた。

 

 ただ。一方で。

 ベトナムで教わったフォーは日本代表の選手たちにも好評だったという事も書かれていて。

 日本人の口に合うと判断すれば、現地の料理も取り入れていくという姿勢のようだった。

 

 それと最後に。

食はスタートの一歩にすぎないのだ。私はスタートを踏み切らせるために背中を少し押す仕事をしているだけだ

 という言葉が興味深かったという事も書いておこうと思う。

 

 この言葉。

 僕は著者の謙虚さが感じられて、中々素敵な言葉だなと思ったのだけれど。

 一方で、その一歩はきっと大きな意味のある一歩でもあるのだろうとも思った。

 

 多分。

 すべての料理は、人生の次のステップへ進むための最初の一歩なのだろうけれど。

 実際、食べたものが身体となり、エネルギーとなっている以上、そうであると言えると思うのだけれど。

 

 僕は料理を食べる際。

 あるいは作る際に、そういったことを考えていただろうか?

 なんて考えさせられる言葉だった。

 

 と、まあ。

 こんな感じで、色々と面白い内容だった本だったので。

 サッカー、あるいは料理に興味がある人は是非、読んでみてください。

 

伊万里焼の大皿

町田市立博物館へ!!

藍色浪漫 伊万里染付図変り大皿の世界〉

 

f:id:mugiryu:20170309063551j:plain

 

 この日は、町田市立博物館で開催中の展示会藍色浪漫 伊万里染付図変り大皿の世界を見に行ってきました~!!

 

 僕は焼き物は昔ちょっとした理由で興味を持ったのだけれど。

 どちらかと言えば陶器の方に関心があったので磁器である伊万里焼はそこまで詳しくないのですが。

 ポスターの伊万里染付の藍色がかなり気に入ってしまったので。

 今回は見に行ったという訳です。

 

 どのお皿も非常に魅力的で。良かったのですが。

 個人的には具体的な絵が描いてあるお皿より、模様で埋め尽くされているタイプのお皿の方が気に入りました。

 

 多分。

 普段描いている僕の絵が、そういった方向性の作品が多いので。

 共感できたのだと思います。

 

 そういう点では。

染付唐草文大皿というお皿は、ほぼ唐草(蛸唐草)しか描かれていないのに、じっくり見ても飽きが来ないようになっていて、かなり面白いと思いました。

 

 また。僕自身は絵を描くと画面全体に模様をびっしり描くのですが。

 対して染付丸文散大皿というお皿は。他のお皿に比べると余白が多いのですが。

 絵と余白の空間のバランスが良く、作品の参考になると思いました。

 

 他、お皿に〈八卦〉が描かれているものもあり、それも興味をひかれました。

 自分が占術にも興味があるので、果たして一体、このお皿を何に使ったのかというのは考えてみて面白かったです。

 

 後は。染付鹿来文大皿というのも魅力を感じました。

 これはかなり太い雷文がお皿の大半に描かれている作品だったのですが。

 個人的に太線でカッコよく描くタイプの絵も好きという事もあって、気に入りました。

 

 他にも見ごたえがある大皿が全65点も展示されているので。

 興味がある方は是非見にいってくださいね。

『仮面ライダー』を読む!!

実は先生の作品を最後まで読んだのは初めてかも

漫画版『仮面ライダー』の感想

 先日、漫画版の仮面ライダーを中公文庫コミック版で購入しまして。

 一気に最後まで読んでみました~!!

 

 なんていっても。まあ。

 全三巻なので、大した時間はかかっていないのですが。

 

 実のところ。僕はライダーファンですが。あくまで【平成ライダーファン】であり。

昭和ライダー』に関しては映像作品は『』『ZO』『J』しか見た事がなく(強いていうなら小学校時代に初代や『V3』の再放送はたまに見ていた)。

 漫画版も今まで読んだことがなかったという状態だったりしました。

 

 ただ、一方で。

仮面ライダーSPIRITS』は読んでいたため、昭和の方に興味がなかった訳ではなかったりもしました。

 

 まあ。その上。

 正直に白状すると石ノ森章太郎先生の萬画を最後まで読んだ経験も今までなく。

 今回読んだ『仮面ライダー』が初めてだったのですが……

 今後、この辺りは楽しませていただきたいと思います。

 

 で。前置きがやや長くなりましたが。感想を。

 

 やはり全体的に気になったのは「ショッカーによる平和です。

 

 ショッカーのやり方だと人間を全員支配することで、結果的に戦争などが無くなり平和になるというような感じなのですが。

 この平和。実は僕が考えている〈世界平和〉を実現できる可能性のある方法のかなり有力な一つだったりします。

 

 これ、完全にディストピアですけれども。

 確かに強力な支配者が、全人類を支配すれば、戦争は無くなり平和になるというのは事実でしょう。

 

(ちなみに、僕の考えている他の〈世界平和〉の実現方法も「人類が、直に関係を持てるレベル(100人前後)まで数を減らす」というものだったりするので。どちらにしても「平和になるが、自由はなく、幸せでもない」というものです)

 

 まあ、これに関しては。

 作中でも一文字隼人がたしかにこの社会は現在混乱しているかもしれないが・・・やつらの考えている人間のロボット化による平和と秩序よりはまだましだよ!!と言っていますが。

 

 僕もそんな方法で〈世界平和〉が実現するぐらいなら、混沌と無秩序な世界の方がましだと思っていますけどね。

 

  で、他に。気になった点で興味深かったのは。

 本郷猛が、仮面ライダーのマスクの方が本当の顔で、人間の自分のは偽りだと考えているシーンです。

 

 仮面ライダーはショッカーによって造られた、つまり科学によって生み出された存在ですが。一方で大自然がつかわした正義の戦士を名乗っていたりします。

 とすると、仮面をつけるのには、単に正体を隠したりする以外に「人を超えたものを憑依させるシャーマニズム的な要素」もあるのではないかと考えられる気もするのです。

 

 ただ。本郷猛の場合

 既に身体は「人を超えた存在」になっているので。仮面の方が本当の顔になってしまっているという。

 この辺りの関係をあれこれ考えると、中々興味深いな? なんて思いました。

 

 この辺りショッカーに改造されるというのをイニシエーション(通過儀礼死と再生と考えると「やはりそういう要素なのでは?」とも思えます。

同族殺しあるいは親殺しでもある辺りもかなり神話・伝説との比較をすると面白そうな部分ですよね?

 

 他、作品全体を通してみると。

 初期は結構シリアスなのが、途中でちょっとコメディ要素が入り、最後の方はまたシリアスになった辺りは気になりました。

 

 これ。調べてみたら連載中、別の雑誌に移動したらしいという事なのですが。そのあたりに関係があるのでしょうか? 

 どうなんですかね? やっぱり気になります。

 

 と。今回はこんな感じで『仮面ライダー』の感想を書かせていただきました。

 今後も漫画の感想をちょくちょく書くかもしれないので、その際はよろしくお願いします。