読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

映画を三本観る その3

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』

意外と悪くなかった……が

 

 さて、映画三本目は仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』。今回もネタバレありで行ってみようと思う。

 

 正直に言えば。

 この手の〈ライダー大戦〉ものの映画はあまり面白くないことが多々あったので期待はしていなかったが。

 予想外に見ることはできる映画だった。

 

 ただ。

 ヒーローが100人出てくるとか、ヒーローチームを作るという映画の宣伝になっていた部分が、正直言ってどうでもいい感じがした。

 

 この映画の主人公は『仮面ライダーエグゼイド』の二号ライダーポジションで、プライドの高い天才外科医である鏡飛彩であり。

 映画のストーリーは、その飛彩がかつて救えなかった患者の少年、霧野エイトを救うために、過去の自分を超えるという成長物語になっている。

 

 その点だけに話を絞れば「主人公の成長物語」でありかつ「ヒーローが子供を救う話」なので非常にヒーロー映画的なのだった。

 

 さらに興味深いのは。

 飛彩は患者の内面には関与しないとしながらも患者に治りたいという意思がなければ治療しないという価値観だったり。

 エイトは感情が希薄という精神状態だったりと。

 心の面が話の中心にあったところだった。

 

 個人的にはこの辺りをもっと深く掘り下げて欲しかったのだが……私の理解力不足かも知れないがちょっと物足りない気もした。

 

 で。問題は。

仮面ライダーエグゼイド』の主人公、宝生永夢がヒーローチームを率いて戦ったりした事や。

 敵として登場したショッカー首領三世などが。

 果たして〈飛彩とエイトの物語〉に何の必要があったかと言えば、特にいらなかったんじゃないかという感じがしたところだ。

 

 特にショッカー首領三世やそれが率いていた怪人軍団は。

 単に〈人々を襲う、特に意思は持っていない災害の類〉という感じでも話が通ってしまうような扱いに思えた。

 

 というか。

 別の映画の話も絡むが。

ウルトラマン』や『プリキュア』の映画を観て思ったのだが。

 別にオールスター作品の悪の組織を過去の組織(ショッカーなど)に関連付ける必要性はないのではないかとも思えるのだが……。

 

 もちろん、大量の怪人を出す以上、過去の怪人を再登場させないといけないという製作上の理由はあるのだろうが。

 敵のボスくらい「別段過去のライダーや戦隊やライダーの敵組織とは関係ない悪」でも良いような気が……。

 

 と、そういう感じだった。

 

 まあそれでも。

 飛彩、あるいは『動物戦隊ジュウオウジャー』のアムのファンなら観に行っても損はない作品ではあったと思う。

 中々、変身前の状態でも活躍するシーンが多かったので。

映画を三本観る その2

『映画 プリキュアドリームスターズ!』

期待以上の完成度!!

 さて、昨日に引き続き観た映画の感想を。

 今回は『映画 プリキュアドリームスターズ!』について。もちろん、今回もネタバレがあるので注意。

 

 この映画。

 個人的には〉をコンセプトにした辺りが非常に気になっていたのだが。

 実際に観てみて世界観、映画オリジナルキャラクターのデザイン共に非常に魅力を感じた

 特に神社を巡るのが好きな自分としては鳥居がモチーフとして使われている辺りが気に入ってしまった。

 

 また、春というシーズンでかつ、和がモチーフなので〈桜〉が非常に重要なテーマになっているのだが(メインの劇場版オリジナルキャラクターの少女の名前も〈サクラ〉である)。

 この辺りもとても良かった。

 これが単に美しいだけではなく桜は散っても、来年の春再び咲くというメッセージにもなっていてその辺りも気にいったりした。

 

 また、各プリキュアも魅力的に描かれていてそこも良かった。

 今回、キラキラ☆プリキュアアラモード』『魔法つかいプリキュア!』『Go!プリンセスプリキュアという現在放送中作品、前作、前々作の三作だけに登場キャラクターを絞ったとはいえ、それでもプリキュアだけで12人いるのだが。

 

 台詞やしぐさ、あるいは行動が「ああ、このキャラならこうするよね」という感じがしてかなり自然に描かれていてそこが魅力だった。

 

 後。悪役の鴉天狗について。

 この作品で彼はあくまで美しいものとして〈桜が原の桜〉を狙っていて。その結果〈サクラ〉やその友人である〈シズク〉を苦しめているのだが。

 決して「世界の危機」とかそういう悪ではなく、あくまで「女の子を困らせている」悪であるところが興味深いと思った。

 

 他の映画の話になるが。

 昨日紹介したウルトラマンオーブの悪役も美しいものとして宝石を集めており、地球を宝石化しようとしていたのだが。宝石化するとその結果、人類は滅んでしまう。

 また、明日紹介する『超スーパーヒーロー大戦』の悪役は……なんか彼らに何の目的があったのか不明な感じだったのだが(原因を作った少年は兎も角)。それでも人類の危機ではあった。

 

 二つの〈ヒーロー集合映画〉が〈人類の危機にヒーローが立ち向かう〉という形だったのに対して。

 プリキュアの映画は〈困っている女の子を助けるために立ち上がる〉という話であり。

 この辺りの比較は実に面白いのではないかと感じた。

 

 後は。個人的に気に入った場面になるが。

 イケメン男子に間違われることの多いキラキラ☆プリキュアアラモード』のプリキュアの一人、剣城あきらがいわゆる壁ドンを『Go!プリンセスプリキュア』の登場人物七瀬ゆいにして赤面させる場面が印象に残った。

 

キラキラ☆プリキュアアラモード』のプリキュアの中では剣城あきら立神あおいを気に入っているのだが。

 今回の映画ではこのシーンの影響であきらの方が活躍していたイメージがあるのだった。

 

 それと。

 過去のプリキュアのキャラクターについて、魅力を再確認できたのは良かった。

 放送時にはあまり意識していなかったが、自分は『Go!プリンセスプリキュア』では天ノ川きらら、『魔法つかいプリキュア!』では十六夜リコを気に入っていたらしい。

 

 放送が終わってから気にいっていたと気が付くのもこういったオールスターものの映画の良いところなのだろう。多分。

映画を三本観る その1

『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』

悪が魅力!!……だが

 この日は映画を連続で三本観てきたのだった。

 ので、とりあえず感想を書こうと思う。もちろんネタバレがあるのでそういうのが気になる人は見ない事をお勧めする。

 

 で、まずは『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』

 これはタイトルの通り『ウルトラマンオーブ』の劇場版である。

 

 この映画。

 当然、ガイさんも魅力的だったが。それ以上に気になったのは。

 やはりジャグジャグさんことジャグラスジャグラーであった。

 まあ、最初から彼に非常に注目して観ていたので、それは当たり前ともいえるのだけれど。

 

 ちなみに、ジャグジャグさんは完全な〈悪〉ではない。

 というか彼は〈〉ではあっても〈悪〉とは言えない部分が多々ある。

 

 で。彼は作中で二回(宇宙魔女賊ムルナウSSP裏切っているのだが。

 予想はつくとはいえ、それでこそジャグジャグさんである。

 いや、そうでなければファンという彼でも悪い意味では裏切ってはいけない者を裏切ってしまうと言っても過言ではない。

 

 まあ、残念なのは。

 そのジャグジャグさんには劇場版フォームがなかったことだが(変身したのはゼッパンドンだった)。

 まあ、彼はいずれ最強のの戦士になってガイさんの前に再び現れてくれるのだろう。多分。

 

 また、個人的には奇機械宇宙人ガピヤ星人サデスにも魅力を感じた。

 彼はジャンルを分けるのならいわゆる〈戦闘狂〉タイプなのだが。

 それに追加して〈熱血バカ〉要素が入っていて、他の〈戦闘狂〉とはまた違う雰囲気だったのが実に面白かった。

 

 ただ。

 悪のボス宇宙魔女賊ムルナウやその部下がちょっと魅力に欠けた感じはあった。

 

 で、この魅力に欠けたのが結果としてガイや大空大地といったウルトラマン側が精神的な意味で苦戦しているようにあまり見えなくしていた感じもあった。

 そこが少し残念だが……まあ、全体的には面白かったので良しとしよう。

 

 しかし。

 個人的にはムルナウの手下がジャグジャグさんに斬られたとき、勿論SSPが捕まっている大地を気にするのはいいんだけど。

 斬られた宇宙人もちょっとは心配しろよとは思ったりもした。

 

 いや、あの場面。

 見張りをしていた宇宙人同士で他愛のない会話をしていたので。どうも「悪い奴だから斬られて当然」という感じが抜けてしまっていて気になっているのだが。

 私だけだろうか?

 

 後は一応言っておくと。セブン登場時の『ウルトラセブン』主題歌の冒頭に合わせる形で。

 各登場人物が「セブン」「セブン」「セブン」「セブン」「セブンセブンセブン」というのが。

 なんか妙に印象に残っていたりするのだった。

町田リス園に行く

リスはともだち(フレンズ)

一人ピクニックは続く

f:id:mugiryu:20170407091319j:plain

ともだちらしいですよ。

 

 昨日の続きですが、薬師池の後はその傍にある町田リス園に行っていました!!

 

 と、いうより。

 こちらに行きたくて、ついでに薬師池にもいったというのが本当のところです。

 いやアニメの『けものフレンズ』を見ていたら動物園に行きたくなったのですが、町田市にある動物園がここだったので。

 

 ちなみに、まあ。アニメで活躍した動物はプレーリードッグくらいだったんですけどね。

 

f:id:mugiryu:20170407091611j:plain

こいつな。

 

 で、リス園なので当然リスもいっぱいいまして。

 シマリスとかタイワンリスとか。

 

f:id:mugiryu:20170407091821j:plain

f:id:mugiryu:20170407091755j:plain

 こいつらな。

 

 ええと、リスはともだちですが、噛みつかれると危ないので。

 餌をあげたりする方は注意してくださいという。

 

f:id:mugiryu:20170407092032j:plain

f:id:mugiryu:20170407092024j:plain

 他にもいろいろいるよ。

 

 まあ、こんな感じで。

 結構かわいい動物が多いのですが。個人的には……。

 

f:id:mugiryu:20170407092217j:plain

アオダイショウ。

 

 昨日の薬師池の大蛇の話なのですが。どうやら美女に化けた蛇は弁天様の使いとされたそうなのです。

 で、どうやら町田市では大きなアオダイショウの事を〈べんてんさま〉と呼んでいたらしいのですね。

 

 じゃあこの子も女の子に化けたりする……とは思えませんが。

 目つきとかかわいいかなぁ……なんて。

 

 ちなみに。

 一説には「鏡〈かがみ〉」という名前は「かが(蛇の古語)」の「目」から来ていると言われていて。

 まあ、なんかいいですよね。蛇。

 

 と、こんな感じで。

 一人でリス園を楽しんでいたのでした。

薬師池公園へ

町田市野津田にある公園

一人ピクニックへ

f:id:mugiryu:20170407083914j:plain水面が中々いい感じ。

 

 今日は、町田市野津田にある薬師池公園に行ってきました!!

 ここは名前の通り、薬師池という池を中心とした公園で、新東京百景にもなっている場所でもあります。

 

 この池は1590年(天生18年)に農業用の溜池として造られたもので。

 公園として開園したのは1976年(昭和51年)だったりします。

 

 まあ、そういった事より。

 個人的にはここの池に大蛇が住んでいて、それが美女に化けていたという民話が非常に気に入っていたりするのですが。

 

 まあ、そんな池です。

 

 で、その池の名前の由来になっている薬師堂というのがこちら。

f:id:mugiryu:20170407084601j:plain

中央のが薬師堂。左側の木が大イチョウ

 

 ここは正式名称は福王寺薬師堂といって、名前の通り薬師如来を祀っているお堂になります。天平年間(729年~749年)の草創らしいです。

 本尊である木造薬師如来坐像は平安後期(11世紀)のものであって、町田市内の木造仏としては最古のものだそうです。

 

f:id:mugiryu:20170407085419j:plain

〈ねめれいしん〉と読むらしい。

 

 で、ここのお堂の側に興味深いものがありまして。

 調べてみると理容の開祖、藤原采女之亮に関係があるようなのですが。

 

 この人物は、京都にある御髪神社という日本唯一の髪の神社に祀られている方のようで……。

 ちょっとその神社は行ってみたいかも。なんて、思ったりもしました。

 

f:id:mugiryu:20170407090517j:plain古民家。

f:id:mugiryu:20170407090611j:plain

フォトサロン。

 

 薬師池には、池や薬師堂以外にも古民家フォトサロンもありますし。

 また、季節の草花を楽しむこともできるので。

 今後もちょくちょく行こうかな。なんて、思っていたりします。

 

f:id:mugiryu:20170407090841j:plain

ガパオライス風の。

 

 ちなみに。

 今回は〈一人ピクニック〉として来ていたので。

 お弁当もちゃんと手作りしていたりしましてね。

 

生きるために〈人間〉やめるか

人間社会にうんざりする

さっさと人間やめたいらしい

 この日は、朝からハローワークに行って仕事を探したけれど見つからず。

 その後、町田市民病院の精神科に発達障害の検査の予約をしていましてね。

 

 実のところ。

 僕はもう10年以上、心療内科を通っていて。

 その上仕事についての悩みをハローワークなどで相談すると発達障害か、あるいは精神障害の可能性があると助言されるのですが。

 

 父親障害があるとなると社会的に不利になる」として検査を受けたり、手帳を取得させたりさせてくれないため。

 精神に異常があって仕事はできないけれど、障害があると認定されていないので支援も受けられないという状態にあったりします。

 

 で。

 この前は発達障害支援センターの方に相談に行きまして。

 結局、父親に黙って検査は受けることにしたのです。

 

 問題は。

 僕が発達障害なのか。それとも精神障害なのかわからないという事で。

 

 産まれたときには何の異常がなくても。

 11歳の時に母親が精神的な病気で亡くなったことで、自身が産まれたことに罪悪感を持っていたり。

 あるいは20歳の時に友人が事件によって亡くなったことで何か影響があったりして。

 結果的に精神異常者になっている可能性もあるのでした。

 

 そして、タイトルの〈人間〉やめるになるのですが。

 もう、精神的にはとっくの昔に世間一般の〈人間〉とは違う気もするのですよね。僕は。

 そのくせ、人間社会で仕事を探しているからいつまでたってもこんな状態に置かれているのではないかと。

 

 この際、心がもはや人間ではないのだから人間として生きていくのはやめるべきかなぁ。なんて思っています。

 で、とりあえずそのためにはまず〈人間〉とは何かについて考えねばならないとして、哲学の本などを読み始めているのですが……。

 

 さて、どうなることやら。

編み物を始める

まだ編むことしかできないけれど

今後、色々挑戦したい!!

f:id:mugiryu:20170405091022j:plain

赤い毛糸でちょっと色々と。

 

 いつもヨーガを教えてくれている友人と、今日はヨーガだけではなく編み物をしていました。

 ……なんて言っても、まだ一直線に編むだけで、何かがつくれるわけではないのですが。

 

 ただ、結構面白いので。

 今後、何か作れるように色々がんばってみたいと思っています。

 

f:id:mugiryu:20170405091155j:plain

ちなみに、今回はこんな感じ。

 

 流石に、今から編み物をすれば、次の冬までには何とかなるでしょう。多分。