麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

今日で最終回

特撮の感想でも

動物戦隊ジュウオウジャー』最終回

 今日で動物戦隊ジュウオウジャーが最終回だった。

 

 自分はこの「スーパー戦隊シリーズ」は第31作目の獣拳戦隊ゲキレンジャーからは確実に見ており。

 それ以前のものも激走戦隊カーレンジャー』『未来戦隊タイムレンジャー』『特捜戦隊デカレンジャーは全話視聴しているのだが。

 今回のジュウオウジャーは中々面白かった。

 

 今回の作品はレッド(ジュウオウイーグル)と途中から加わるジュウオウザワールド以外は〈ジューマン〉という動物と人間を掛け合わせたような姿の異世界人で。

 開始前はこれをどうやって魅力的に描くのかというのが気になっていたのだが。

 それぞれの性格、そして特殊能力共にストーリーに上手く絡むようになっていたのが非常によかった

 

 まあ、個人的にはザワールドに変身する操の過去について詳しく知りたかったのだが(どう考えても常識的な人間ではなかったので)。

 この辺りを描写するとレッドである大和の過去の方が薄くなってしまうからあえて描かなかったのだろう。

 

 で。最終回自体の感想を。

 

 人間の世界とジューマンの世界である〈ジューランド〉が分かれることなく、繋がったのだが。

 これが現代社会で「自分たちと違う価値観の者を拒絶したり攻撃する」いう考えで行動している人々に対しての批判のように感じて興味深かった

 

 この作品を見て育った子供たちには是非、自分と違う価値観を持った者を否定することなく、受け入れようと努力する人間に育ってもらいたいものだ。

 

 あと。ちょっとだけ「芸術は種族を越える」というような要素があったのが、芸術好きとしては気に入った。

 

 他にも、ジュウオウイーグルがジュウオウゴリラ、ジュウオウホエールの力も同時に使った場面がカッコよかったし、主題歌の一節である「陸海空制覇」にかかっていて面白かったとか、書きたいことは多いのだが。

 まあ、感想はこれぐらいにしておこう。

 

 それにしても。

 来週から第41作目である『宇宙戦隊キュウレンジャー』なのだが。

 ついにか……これもまた楽しみだ。