読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

今日は色々

絵画・イラスト 美術 音楽

岡本太郎ボサノヴァ

 大人の塗り絵に初挑戦!

 今日は前回行った川崎市岡本太郎美術館で開かれていた(岡本太郎美術館へ - 麦粒雑記「大人のためのTARO塗り絵」の講座に参加してきた。

 

 これはいわゆる〈大人の塗り絵〉と言われる、様々な画材を使って本格的に塗るタイプの塗り絵を、岡本太郎作品をテーマに行うというもので。

 扱った作品は三作(「森の掟」「遭遇」「記念撮影」)だったのだが。

 自分はとりあえず「森の掟」を塗ってみた。

f:id:mugiryu:20170211171152j:plain

 

 使った画材は、色鉛筆やパステル、クレヨンである。

 

 色は元の作品にとらわれず、自由に塗っていいので。

 自分はとりあえず、真ん中の怪物をピンクに塗ってみたのだが、元の作品が赤なのでちょっと被ったかもしれない。

 

 まあ自分がピンクを選んだのは。

 岡本太郎は当時男性的ではないとされていた「激しさを象徴する」として男性的なカラーとして扱っていたので。

 自分もあまり男性的ではないとされるピンクを「毒々しさを象徴する」として使ってみたという理由だったりする。

 

 また、毒々しい色を使いたいと思ったのは岡本太郎の著書の一つ『自分の中にを持て』からの連想である。

 

 で、講座が約2時間半で、そのうち30分は解説や美術館の見学だったので、製作時間は2時間ちょっとだったのだが。

 流石に2時間では全部は塗り終わらなかった。

 というかこれ、このペースで塗っていくとおそらくのべ10~15時間はかかると思う。

 

 そして塗り絵は、今回自分が手を付けなかったのも含めて三枚全部もらえているので……合計すると最速でも30時間はかかることになる

 

 まあ、つまり30時間楽しめる訳だからいいのだけれど……完成したらこのブログに載せたいところだ。

 

 そういえば。

 今回の参加者は自分以外たしか全員女性だった気がする。

 

 以前紹介したゼンタングル(ゼンタングル! - 麦粒雑記)の講習会に昨年5月に行った時も自分以外女性しかいなかったような……。

 

 まあ、いいのだけれどね。

 

f:id:mugiryu:20170213100702j:plain

f:id:mugiryu:20170213100709j:plain

ちなみに、今回の昼食もカフェテリアTAROでとっていたり。

 

 ボサノヴァを聴く

 この日の夜は茅ケ崎にあるバーKolohe Style Ojisanchiに知り合いの演奏を聴きに向かった

 が、実のところ自分はその知り合いがどんなジャンルの演奏をするのかさえ知らないという状態で向かったのだ。

 

 で、現地で知ったのだが。

 今回、演奏してくださったFLAMINGOというバンドはボサノヴァ、ジャズ、ポップスを演奏するバンドだった。

 

 さて、自分はボサノヴァというものを今まで意識して聴いたことがなかったのだが。

 これは中々いい感じの音楽だった。

 

 もちろん、演奏が魅力的だったためというのもあるのだろうが、結構気に入った。

 

 今後、機会があればボサノヴァもいろいろ聴いてみたいところだ。

f:id:mugiryu:20170213100630j:plain

ちなみに、バーではこんなのをいただいていました。