読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

今更、今更ながら

魔法つかいプリキュア!』を見終える

遅すぎる気もしますが……


 はい。最終回が放送されたのが2017年1月29日なので、1ヶ月以上見ていなかったのですが。
 先日、魔法つかいプリキュア!』の最終回を見終えました。

 

 しかし、最後のボスを倒すという〈実質的な最終回〉の後に数年後のエピソードで丸一回使うとは。
 ラスボス撃破後に一話以上かけてその後を描いた作品としては特撮なら魔弾戦記リュウケンドー仮面ライダー』以降の『平成ライダー』シリーズには結構ありますが。
 まさか『プリキュア』でやるとは。しかも、既に主人公が大学生になっているとかね……驚きです。

 

 ついでに言えば。
 最後の敵が仮面ライダーオーズ/OOOの敵怪人の種族名と名前の由来まで含めて同じなのも面白かったです。
 まあ、『魔法つかいプリキュア!』の今までの敵キャラの名前が〈ヨクバール〉(途中から〈ドンヨクバール〉)で、『OOO』の敵幹部の名前が〈グリード〉であって、どちらも由来だからそうなったのかもしれませんけど。

 

 ちなみに、個人的には〈ドンヨクバール〉という名前が〈ヨクバールの首領(ドン)〉と〈貪欲〉にかかっている辺りが好きです。

 こういった名前遊びは結構好きで。

 例えば特捜戦隊デカレンジャーの怪人たちの総称アリエナイザーありえないAlien+erだというのとかは気にいっていたりします。

 

 で。話は戻って。

 

 最終回も面白かったのですが。
 個人的にはラストまでの流れが先にブログで紹介した『動物戦隊ジュウオウジャー』と「結果は逆だがテーマは同じ」だったのが非常に興味深かったです。

 

(『動物戦隊ジュウオウジャー』の最終回に関してはこちら)

今日で最終回 - 麦粒雑記

 

 どちらも同じように「主人公の一人が、異世界から来た人物と一緒に変身して戦う」作品だったのですが。
ジュウオウジャー』が「二つの世界を分ければ助かると知ったが、その方法を拒み、結果的に二つの世界が融合するだったのに対して。
プリキュア』は「問題を解決すれば二つの世界が離れてしまうと知ったうえで挑み、いつの日かまた会うという約束をするというラストだった辺り。
 これ、両方の製作スタッフが被らないように打ち合わせしたのでは? なんて思っちゃうような感じでした。

 

 まあ。
ジュウオウジャーの方では異なる文化が繋がったら困難もあるけど、乗り越えられるというところを。
プリキュアの方は離れ離れになったとしても、心が繋がっていたらまた会えるというところを。
 それぞれ描いていて。


 誰かと繋がるってことは「繋がったがための困難」も「別れるという困難」もあるけど、それでも仲間との繋がりは大切なんだというメッセージを感じました。

 

 まあ。
 異世界の仲間との出会いを冒頭に描いた作品としては『魔法つかいプリキュア!』タイプの方が多く。
動物戦隊ジュウオウジャー』タイプはかなり珍しい気もするのですが。

 

プリキュア』シリーズは比較的王道を行くからなぁ。そこが魅力でもあるけどね。