読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

『仮面ライダー』を読む!!

漫画・アニメ 特撮

実は先生の作品を最後まで読んだのは初めてかも

漫画版『仮面ライダー』の感想

 先日、漫画版の仮面ライダーを中公文庫コミック版で購入しまして。

 一気に最後まで読んでみました~!!

 

 なんていっても。まあ。

 全三巻なので、大した時間はかかっていないのですが。

 

 実のところ。僕はライダーファンですが。あくまで【平成ライダーファン】であり。

昭和ライダー』に関しては映像作品は『』『ZO』『J』しか見た事がなく(強いていうなら小学校時代に初代や『V3』の再放送はたまに見ていた)。

 漫画版も今まで読んだことがなかったという状態だったりしました。

 

 ただ、一方で。

仮面ライダーSPIRITS』は読んでいたため、昭和の方に興味がなかった訳ではなかったりもしました。

 

 まあ。その上。

 正直に白状すると石ノ森章太郎先生の萬画を最後まで読んだ経験も今までなく。

 今回読んだ『仮面ライダー』が初めてだったのですが……

 今後、この辺りは楽しませていただきたいと思います。

 

 で。前置きがやや長くなりましたが。感想を。

 

 やはり全体的に気になったのは「ショッカーによる平和です。

 

 ショッカーのやり方だと人間を全員支配することで、結果的に戦争などが無くなり平和になるというような感じなのですが。

 この平和。実は僕が考えている〈世界平和〉を実現できる可能性のある方法のかなり有力な一つだったりします。

 

 これ、完全にディストピアですけれども。

 確かに強力な支配者が、全人類を支配すれば、戦争は無くなり平和になるというのは事実でしょう。

 

(ちなみに、僕の考えている他の〈世界平和〉の実現方法も「人類が、直に関係を持てるレベル(100人前後)まで数を減らす」というものだったりするので。どちらにしても「平和になるが、自由はなく、幸せでもない」というものです)

 

 まあ、これに関しては。

 作中でも一文字隼人がたしかにこの社会は現在混乱しているかもしれないが・・・やつらの考えている人間のロボット化による平和と秩序よりはまだましだよ!!と言っていますが。

 

 僕もそんな方法で〈世界平和〉が実現するぐらいなら、混沌と無秩序な世界の方がましだと思っていますけどね。

 

  で、他に。気になった点で興味深かったのは。

 本郷猛が、仮面ライダーのマスクの方が本当の顔で、人間の自分のは偽りだと考えているシーンです。

 

 仮面ライダーはショッカーによって造られた、つまり科学によって生み出された存在ですが。一方で大自然がつかわした正義の戦士を名乗っていたりします。

 とすると、仮面をつけるのには、単に正体を隠したりする以外に「人を超えたものを憑依させるシャーマニズム的な要素」もあるのではないかと考えられる気もするのです。

 

 ただ。本郷猛の場合

 既に身体は「人を超えた存在」になっているので。仮面の方が本当の顔になってしまっているという。

 この辺りの関係をあれこれ考えると、中々興味深いな? なんて思いました。

 

 この辺りショッカーに改造されるというのをイニシエーション(通過儀礼死と再生と考えると「やはりそういう要素なのでは?」とも思えます。

同族殺しあるいは親殺しでもある辺りもかなり神話・伝説との比較をすると面白そうな部分ですよね?

 

 他、作品全体を通してみると。

 初期は結構シリアスなのが、途中でちょっとコメディ要素が入り、最後の方はまたシリアスになった辺りは気になりました。

 

 これ。調べてみたら連載中、別の雑誌に移動したらしいという事なのですが。そのあたりに関係があるのでしょうか? 

 どうなんですかね? やっぱり気になります。

 

 と。今回はこんな感じで『仮面ライダー』の感想を書かせていただきました。

 今後も漫画の感想をちょくちょく書くかもしれないので、その際はよろしくお願いします。