麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

映画を三本観る その1

『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』

悪が魅力!!……だが

 この日は映画を連続で三本観てきたのだった。

 ので、とりあえず感想を書こうと思う。もちろんネタバレがあるのでそういうのが気になる人は見ない事をお勧めする。

 

 で、まずは『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』

 これはタイトルの通り『ウルトラマンオーブ』の劇場版である。

 

 この映画。

 当然、ガイさんも魅力的だったが。それ以上に気になったのは。

 やはりジャグジャグさんことジャグラスジャグラーであった。

 まあ、最初から彼に非常に注目して観ていたので、それは当たり前ともいえるのだけれど。

 

 ちなみに、ジャグジャグさんは完全な〈悪〉ではない。

 というか彼は〈〉ではあっても〈悪〉とは言えない部分が多々ある。

 

 で。彼は作中で二回(宇宙魔女賊ムルナウSSP裏切っているのだが。

 予想はつくとはいえ、それでこそジャグジャグさんである。

 いや、そうでなければファンという彼でも悪い意味では裏切ってはいけない者を裏切ってしまうと言っても過言ではない。

 

 まあ、残念なのは。

 そのジャグジャグさんには劇場版フォームがなかったことだが(変身したのはゼッパンドンだった)。

 まあ、彼はいずれ最強のの戦士になってガイさんの前に再び現れてくれるのだろう。多分。

 

 また、個人的には奇機械宇宙人ガピヤ星人サデスにも魅力を感じた。

 彼はジャンルを分けるのならいわゆる〈戦闘狂〉タイプなのだが。

 それに追加して〈熱血バカ〉要素が入っていて、他の〈戦闘狂〉とはまた違う雰囲気だったのが実に面白かった。

 

 ただ。

 悪のボス宇宙魔女賊ムルナウやその部下がちょっと魅力に欠けた感じはあった。

 

 で、この魅力に欠けたのが結果としてガイや大空大地といったウルトラマン側が精神的な意味で苦戦しているようにあまり見えなくしていた感じもあった。

 そこが少し残念だが……まあ、全体的には面白かったので良しとしよう。

 

 しかし。

 個人的にはムルナウの手下がジャグジャグさんに斬られたとき、勿論SSPが捕まっている大地を気にするのはいいんだけど。

 斬られた宇宙人もちょっとは心配しろよとは思ったりもした。

 

 いや、あの場面。

 見張りをしていた宇宙人同士で他愛のない会話をしていたので。どうも「悪い奴だから斬られて当然」という感じが抜けてしまっていて気になっているのだが。

 私だけだろうか?

 

 後は一応言っておくと。セブン登場時の『ウルトラセブン』主題歌の冒頭に合わせる形で。

 各登場人物が「セブン」「セブン」「セブン」「セブン」「セブンセブンセブン」というのが。

 なんか妙に印象に残っていたりするのだった。