読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

新井薬師梅照院に行く

新井薬師に向かう

中野観光 その1

 昨日は、中野をブラブラと散歩していた。

 まず僕が向かったのは新井薬師。ここに向かった理由は、自分の地元、町田市にも薬師堂があり、縁を感じたからなのだが。

 どうやらその薬師堂がある薬師池公園と同じく、この新井薬師もまた新東京百景の一つらしい。

 

 ちなみに。

 ここは武相四大薬師でもあり、御府内八十八箇所でもあるという。

 僕は仏閣や神社めぐりが好きなので、こういったものを知ると片っ端から回ってみたくなるのだが……時間と予算が問題ではある。

 

 ただ、御府内八十八箇所は名前の通り、すべて都内にあるので。

 巡ろうと思えば行けるかもしれない……ちょっと考えてみたいところだ。

 

 とりあえず細かい説明は後にして。

 まずは写真を。

 

f:id:mugiryu:20170414103430j:plain

入り口。

f:id:mugiryu:20170414103745j:plain

桜が鮮やか。

f:id:mugiryu:20170414104051j:plain

桜の花びらが浮いていた。

f:id:mugiryu:20170414104152j:plain

この花も中々……。

f:id:mugiryu:20170414104258j:plain

こんな感じで。

 

 創建は天正4年(1586年)であり、行春という僧が修行中に発見した、失われていた新田家ゆかりの薬師如来を安置するために建てたお堂が新井薬師であるという。

 

 また、徳川第二代将の秀忠の子供が目の病に悩まされたときに、この新井薬師に祈願したところたちまち回復したため、目のご利益があるともいわれているらしい。

 

 この他、薬師如来や鮮やかな色彩の十二神将も安置されているらしい。

 十二神将に関しては八のつく日が縁日であり、その際に見ることができるらしいのだが……今度機会があれば見たいところである。