麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

久しぶりに空手に

〈勝つ〉のではなく〈負けない〉こと

問題は〈何に〉負けないか……だ

 

 この日は、前に通っていた空手道場に久しぶりに顔を出してみました!!

 空手道場と言っても、建物自体は市の教育施設の体育館を借りているのですが、やっていることは真剣かつ本格的なので、非常にためになる道場です。

 

 で、久しぶりに行ってみると。

 生徒の数が非常に増えていました。ほとんどが小学生ぐらいの子供なのですが、前より人数が増えていたのでこの点には驚きました。

 

 そんな久しぶりの空手ですが。

 たまたま5月の誕生会とも重なっていて、その誕生会で先生が「空手(あるいは武道)は〈勝つ〉ためのものではなく〈負けない〉ためのもの」という話をしていたのが非常に興味深かったです。

 これに関しては、前に読んだ武術家の方が書いている本にも同じようなことが書いてあり、自分でも色々考えていたのですが。

 

 ここでいう〈負けない〉というのは試合に負けない事ではなく、おそらく人生において〈負けない〉ということなのですが。

 果たして、何に〈負けない〉という事なのか。

 例えば、生き延びるというのも〈負けない〉のうちに入るけれども、じゃあ相手の言いなりになって一生を終えたとしたらそれは〈負けた〉と考えられるわけで……。

 

 こうなってくると、そもそも〈何に〉〈どうやったら〉〈負けない〉のかから考えたくなってきて、中々深いテーマだと思っています。

 

 また、丁度子供たちの世代的に特撮の話題をする機会があり。

仮面ライダー鎧武のライダーが何人いるか数えていたら、他の生徒も集まってきたりして面白かったのですが。

 

平成ライダー』シリーズにおいて、何度も主題歌や挿入歌で歌われているように、手に入れた力で壊すのか守るのかというのが。

 この日、空手の先生が話したことの中にあった何故、空手の技を喧嘩に使ってはいけないか」という内容に非常に関連性がある気がして。

 この辺りもいろいろと語れる機会があったらいいな……と思いました。

 

 まあ、こういった「特撮ヒーローの持つ〈正義〉や〈善〉あるいは〈悪〉」についての価値観の話の本も実は結構読んでいるので。

 この辺りも、いずれブログでも紹介する機会があれば、したいと思っています。