麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

市民大学3回目!!

今回は縄文時代弥生時代

ですがブログでは人骨の話を

 昨日はゼンタングル講座の後に、市民大学に行ってきました!!

 今回は前回に続き縄文時代弥生時代をテーマとした講義で、町田市の遺跡をメインに説明してあり。

 結構、専門的な遺跡の図なども使って紹介していました。

 

 実は。

 僕自身が以前、伊勢原市でですが遺跡発掘の作業員としてアルバイトをしていたので、こういった図を見ると懐かしい感じがしたというのがあります。

 

 で、面白いのは人骨が出土した場合ですね。

 基本的に日本は酸性土壌が多いので骨は溶けてしまい出土しないのですが、貝塚などはアルカリになるので出土するし。

 場所によってはその他の要因で遺骨が残っている場合もあるという……。

 

 で、人骨が多く出る遺跡を発掘すると、講義をしていた先生曰く「食欲がなくなる」らしいのですが……。

 自分の場合、人骨は神聖なもののイメージがあるためか、発掘されたようなものであればあまり食欲などには影響がないというか……。

 

 話はずれますが。

 遺骨や遺体を聖なるものとして祀る文化仏舎利即身仏、西洋なら聖遺物としての聖人の遺体があり。

 エジプトのミイラは勿論、インカ文明では皇帝のミイラを生きているのと同じように世話をするなどをしているので。

 

 民俗学や考古学的に見ても遺体についての考察をすると面白いのですがね。

 

 で、遺体を祀ることや、遺跡に関していうと。

 自分の発掘していた現場からは確か江戸時代ぐらいの人骨が出土していて。

 その際にはちゃんと線香やお酒などで供養していたりしました。

 

 ちなみに。遺跡などの発掘で人骨が出ると。

 比較的新しいものの場合、警察を呼ぶこともあるようです。

 調べてみると具体的にどういった状況なら警察を呼ぶのかは結構ややこしい話みたいですが……。

 まあ、後で事件の可能性を疑われるよりは先に警察を呼んだ方が良いという事なのでしょう。多分。

 

 という訳で。

 ブログの方は縄文や弥生ではなく、遺跡発掘と人骨について書かせていただきました。

 

 しかし。

 考古学と警察の話題が出てくると、特撮ファン的には『仮面ライダークウガ』を連想させるのですが……。

 まあ仮面ライダーアギト』でも「縄文の地層から現代人の遺体が発見された」というのがあったりするんですがね。