麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

ファシリテーターとは何か?

会議をデザインする仕事……など

実は僕は会議したことがない

 この日は町田市で開催された、平田隆之さんが講師を務める『団体力アップ連続講座』の第一回目「話し合いをパワーアップしよう! モヤモヤ会議をスッキリ会議に! ファシリテーター養成講座」というのに参加していました!!

 

 で、最初に。

 実は僕は会議というものを強いて上げるのなら高校時代までの部活やクラスでの話し合い程度しかしたことがなく

 しかもクラスの方はほとんど不参加で、部活もたまたま自分の部は3年間、先輩後輩がいないというような状況だったこともあって会議というよりは友人同士の話し合いみたいになったので。

 それを含めてもいわゆる会議はしたことがなかったりします。

 

 まあ、20代前半で体調を崩し、大学も中退しており。

 その後、正社員として勤めることがほとんどなかったので、会議に参加する機会もなかったという事です。

 

 ですが、現段階で「町田市ローカルヒーロープロジェクト」を直接のメンバーが僕一人しかいない状態で立ち上げていて、こうなると結果的に僕が団体代表者になること。

 すると後から入ってきた人たちからしたら「代表者が会議をまとめないのはどうなのか?」となってしまう可能性もある事。

 を、考えると会議の方法は学んだ方が良いと思ったというところです。

 

 ちなみに、いつものようにここで町田市ローカルヒーロープロジェクトのブログを。

 町田市ローカルヒーロープロジェクト

 

 で、今回の講座では本来8時間くらいかかるのを1時間半程度にまとめてわかりやすく扱ったのですが。

 会議にも色々あり、目的も「意見を出し合う」のか「意見を絞る」のか「結論を出す」のか、さらにはその前の段階で「メンバー同士が自己紹介する」というのなど、多様にあって。

 1回の会議だけですべてやる必要性はなく、例えば「今回は意見を出すだけにして、次回は絞る」みたいなのでもよいのですが。

 

 その目的がはっきりしていないと参加者から「意見を色々考えてきたのに、自己紹介だけで会議が終わった」などになってモヤモヤが残るので。

 何をするかを明確にして、それを参加者と共有するのもファシリテーターの仕事の一つという事でした。

 

 他にも、そもそも会議の場所が毎回会議室である必要はなく、アイディアが出たり、話しやすければ公園で行うなどでもいいとか。

 座り方も様々あって、奇麗な四角形にテーブルを並べなくても、あえて歪ませることで場の雰囲気を変える手もあるとか。さらには円形に集まるとか、椅子を使わず和室に座布団などで会議をするとか。

 

 色々と参考になる意見があって面白かったです!!

 

 この講座、第2回が9月5日にあり、1回だけの参加も可能なこと。

 また、今回の講師の平田さんは〈まちだまるごと大作戦〉の方にも協力していただいていることもあるので。

 これらの活動に興味がある方は、是非、参加してみてください!!