麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

町田市民文学館ことばらんど

中垣ゆたか展 開催中!!

この日は公開制作最終日でした

 この日とその前日に町田市民文学館ことばらんどで開催中の「ことばらんどでたからさがし!  中垣ゆたか展に行ってきました!!

 

 今回は8月11日からこの日までのイラスト公開制作の期間で。

 僕自身がイラストを描いている関係もあって、見に行ったというのもあります。

 

f:id:mugiryu:20170819161800j:plain

完成した作品。正面からのものは是非実物を見ていただきたいかと。

 

 中垣ゆたかさんに関しては公式サイトがこちらになります。

 イラストレーター 中垣ゆたか|Yutaka Nakagaki

 

 また、上のサイトからも行けますが中垣さんは「町田家、あさって、しあさって。」という4コマ漫画をブログ上で、1日1作公開しています。

 町田家、あさって、しあさって。

 

 継続は力なりといいますが。現段階ですでに3700話を超えていて。

 これだけの継続ができるというのは、相当すごいと思います!!

 

 内容に関しても、時事ネタや、町田由来のネタなどもあり。

 読んでいてとても面白かったりします。

 

 さて、この展示会に行っておきながら、実は僕はあまり絵本を大人になってからは読んでいなかったりします。

 子供向け絵本でも、内容的には大人も楽しめるというのは知ってはいるのですが。手を出す機会が少ないため、ちょっと今のところは詳しく読んだことがないというところで。

 この機会に、絵本を読んでみるのもいいかもしれないと思いました。

 

 それと中垣さんの絵に関して。

 僕自身も結構細かい絵を描きますが、僕のはあくまで模様が細かいという絵なので。

 こういった沢山の人物を細かく描くタイプの絵というのは共通点もある一方で、自分とは違う点も多いので、作品を見た事と、描いている様子を見ることができたのは非常に刺激になりました。

 

 また、中垣さんにいくつか質問もしたのですが。

 丁寧に答えていただけたので、とても感謝しています。

 

 そして、個人的には20代前半に暗黒時代があり、27歳で「どうせ死ぬなら好きなことをやれば」と母親に言われたことをきっかけにイラストレーターを目指したという話に共感を持っていたりします。

 

 僕自身が20歳の時に、浪人のストレスと友人の死が重なり、その後20代前半は学校の退学やアルバイトの退職を繰り返していて。当然、就職の機も逃し。

 また、友人の死の件とすでに母親も亡くなっていることもあり「一回の人生、好きなことに賭ける」と決めて今の〈企画を売る〉というのを仕事にしたいという考えで生きているというのがあるので。

 この点には何か興味を持ったというのはあります。

 

 ただ、自分の場合はそもそもの浪人していたのが美大で。

 ただし、本当はイラストを描きたいのになぜか油絵科を講師に勧められ、それでいて油絵がうまくならなかったのを同じ講師から「才能がない」といわれたためストレスを抱えた。

 というのがあるので。完全に美術は独学ともいえず、かといってイラストに関しては独学ともいえる状態という違いはあるのですが。

 

 まあ、それでもイラストに絞っていえば独学なので。

 独学でもイラストレーターになれるというのは興味があって、個人的にはどこに何を持ち込みしたらいいのかはちょっと詳しく聞きたいと思ったのがあります。

 

 できれば次回のイベントで聞こうと思ったのですが。

 9月3日の「雑誌の現在と未来~編集者・イラストレーターの視点から」というトークショーで質問コーナーがあれば聞きたいところです。

 

 というわけで、今後もこの企画展のイベントには行ってみようと思っています。

 また、この展示自体は9月18日まで開催されているので。

 興味がある方は是非足を運んでほしいと思います!!