麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

健康である怒り

「St.Anger」からの発想で

そういえばメタルが好き

 昨日の記事に8月26日まで精神的に不安定だったと書きましたが。

 この日も朝から不安定で、地元関連のイベントが2つあったのを一方は途中退場、もう一方はキャンセルしたぐらいでした。

 

 で、これに関して。

 そもそも僕が、本来なら正当な怒りさえ、相手に迷惑だとかそういう理由で抑えていることが、実は相当なストレスになっているのではないかと考えるようになりました。

 

 例えば、8月23日の日記に書いた「相手の手違いで予約したホテルが宿泊できなくなった」などでも、相手に怒っていない

 まあ、電話に出ている相手に怒っても仕方がないとはいえ、それを愚痴にすることさえ少なく、結果として「こんな状況を作った自分が悪い」で終わらせてしまった

 

 こういう事が溜まりに溜まって精神を病んだのではないかと思います。

 

 思えば。

 このブログを始める丁度前日、2017年1月31日まで働いていた職場を辞めた理由の一つも。

 自分のミスは気にせず、相手のミスばかり指摘するような人間とペアで作業するような状態になり。

 結果として「自分は相手を指摘できないが、相手は些細なミスまで指摘してくる。しかもそれに関して外で愚痴さえ言えない」となった。

 というのがあります。

 

 まあ、さらに言えば。

 風邪で体調が悪いと連絡したのに「それで休んだら社会ではやっていけない」と言われて出勤し、その結果ミスをしたのを「お前の責任だ」と言われたこと。

 それに加えて、連絡もこちらとしては「飲食関連企業なので食中毒に注意するために体調不良なら連絡すること」という掲示物を見て連絡したのに「その程度で連絡するなんて」みたいな扱いをされたこと。

 

 そもそも入社後2ヶ月間の準社員期間に風邪をひいて欠席したのを「風邪というのは自己申告(≒ずる休みの可能性もある)」としてさらに2ヶ月間、準社員期間を延長をし。

 しかもその2ヶ月後(入社4か月後)の本来ならお互いの同意のもとに契約を更新するかを決める時期に、無断で準社員のまま契約延長をされたので。

 このままでは「昇給もなく、有給休暇も発生しない状態が延々と続く可能性もある」と判断したから辞めたというのあるのですが。

 

 とにかく、そんな状態でもひたすら我慢するという事です。

 

 で、こんな状態ではさすがに耐えられない

  というか耐えられれなかったために結果として今まで何度も、壁に頭を打ちつけたり、自虐的なことをしていた。

 というのがあり、先の工場でペアで働いていた際も、耐えられなかったところに「作業が遅い」という相手からの説教が来て、こちらが床に頭を打ちつけて土下座したというのがあったりしています。

 

 で、そんな状態で。

 この数日もまた自傷的行動や、自虐的発言を繰り返していたのですが。

 

 ふと、昔聴いていていたMetallicaの「St.Anger」の歌詞を思い出しまして。

 まあ、元が歌詞つまり詩なので和訳すると厳密な意味とは違う場合もあるのですが。

 

 この歌詞の中で「健全であるための怒り」「自分のための怒り」「支配されないための怒り」「自分に戻れる怒り」などという言葉が出てくるのですが。

 これを思い出し、果たして怒りをひたすら堪えることが正しいことなのか?

 と思ったというのがあります。

 

 もちろん怒りに任せて相手にあたるのならば悪かもしれませんが。

 正当な怒りさえも「怒りは悪の感情だ」として我慢し、結果として自分が傷つくのなら、どこかで怒りを放たねばならないのではないか?

 と思ったという事です。

 

 で、今後は何か怒りが沸くことがあればどこかで開放していきたいと思っているのですが……。

 具体的にどこに、どうやって発散すればよいのかがこれがまたなかなか難しく。

 おそらく怒りの量や種類によって、発散する方法も変わると思うのですが……。

 

 今後、この辺りは考えていきたいかと思っています。