麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

あわしまマリンパークへ

ウミウシが擬人化されている……

そして『ラブライブ! サンシャイン!!』もある

f:id:mugiryu:20170923181240j:plainチケット売り場からこんな感じ。

 

 島に行った理由や、自分と『ラブライブ!』について長くなったので。

 島を観光した感想について読みたい人はこちらからどうぞ。

 

 この日は、あわしまマリンパークというか、沼津市にある淡島に行ってきました。

 行った理由は「自宅の風呂場にナメクジが出たからです。

 

 ……まったく意味が分からないと思いますが。

 風呂場にナメクジが出た際に、ナメクジの擬人化という発想が出て。

 そこから〈雌雄同体 擬人化〉と検索したらこちらのマリンパークの萌えキャラである〈淡島うみね〉というウミウシを擬人化したキャラクターが出てきた。

 

 で、前回の熱海同様、家族が釣りに行くというので「沼津に行きたい」と提案し、自分は淡島に行った……という感じです。

 

 しかし、当初考えていた「ナメクジの擬人化ですが。

 ナメクジ、調べてもウミウシとは違って全身がほとんど同じ感じなので、なかなか可愛いというタイプがおらず、結構難しそうです。

 で、ウミウシの擬人化の方ですが。既にこのマリンパークには三人いますが。

 自分ならやはり、アオミノウミウシの擬人化が望みたいです。カッコいいので。

 ……カッコいい女性キャラが好きなので多分容姿は女の子ですが、性別は雌雄同体なのでどうなるか……。

 

 さて、それで。

 この島なんですが。どうやら『ラブライブ! サンシャイン!!』のいわゆる聖地になっているらしく。

 というか、マリンパークはかなり『ラブライブ! サンシャイン!!』を推していました*1

 感覚としては島中なのですが、実際にはマリンパーク以外はそもそも建物が存在しない海岸と、神社までの参道の方が多いので。

 

 さて、この『ラブライブ! サンシャイン!!』ですが。

 一応アニメは見ていて(今度の二期も見ます)、スクフェス」も遊んでおり。『ラブライブ!』に関しては『サンシャイン!!』ではない方のアニメも見ているのですが。

 ここに至るまでの経緯が複雑で。まず、最初に見たのが劇場版だったという。

 

 最初の劇場版に関して。

 これはたまたま映画館で「何見よう? この『ラブライブ!』とかいうの、最近話題だな」という感覚で見たという感じで

 その後、去年の8月3日に『仮面ライダー響鬼』関係で前にも行ったことがある神田の〈竹むら〉に行ったところ、丁度『ラブライブ!』でこのお店をモチーフにしたお店を実家にする高坂穂乃果さんの誕生日だったという……*2*3

 

 で、何かの縁と思い「スクフェス」を始め、そしてアニメも見たという感じです。

 ……なんてことが3月30日に書いてあって。この際はまだ『サンシャイン!!』は見ていなかったのですが、現在は既に視聴済みです。

 

 ちなみに、僕がこの手のアニメやゲームに手を出すと「推しが多すぎて、それは本当に推しなのか?」という状態になるのですが。

 このシリーズに関しては通称・津島善子さん事、ヨハネ一択*4です。いえ、他に興味がないのではなく、明確にヨハネだけ突出している感じで*5

 

 まあ、僕自身がボーイッシュだったり、イケメン女子が好きなのですが。同時に中二病系女子が相当好き*6……というだけです。

 まあ、中二病に関してこことか、ここで書いていますが。こんなこと考えている人が中二病キャラが嫌いなわけがないという……。

 

 それと。一度アイドルものは小説で描いてみたいというのがあり。

 これは現実のアイドルにも二次元にも、自分の好みのアイドルが、個々の人物ならともかく、アイドル活動あるいはアイドルグループという意味ではほぼいないからなのですが。

 

 描くならば「ステージで常に武器を持ち、勇ましい歌ばかり歌うアイドル」「絶望や悲劇ばかり歌うアイドル」になるかと。

 アイドルというと〈〉を歌うイメージもありますが。

 前者なら愛と正義」「愛する人を護るみたいな歌詞。

 後者なら愛は人を苦しめる」「愛は自由や理性を奪うみたいな愛の暗黒面を歌う感じになると思います。

 

 できれば自分の好きなヒーロー要素も足して「アイドル同士がそれぞれの正義のために、ヒーローに変身して戦う。ファンの応援する感情の量だけ強くなる」という感じにしたいですねぇ……。

 なんか、歌はともかく、ダンスなどをしている団体のメンバーがヒーローになり、それぞれの価値観で戦うとなると『仮面ライダー鎧武』の序盤みたいな感じになりそうですが。

 

 と、なんか島に実際に行ったところを書くまでにすでに2000文字*7以上書いているのですが。

 なんか前に紹介された「異様なぐらいに〈まくら〉の長い落語家」を思い出したりしていました。

 

                             というわけで、ここからが本題

 

 ええとまずは島に行くための船のチケット売り場からなんですが。

 既に写真を載せましたが、この段階で驚いています。

 

 実は「なんかご当地萌えキャラがいて、『ラブライブ! サンシャイン!!』の聖地らしい」しか知らない状態で行っているので。

 自分のイメージとしてはちょっとお土産屋にそういうのがある程度だと思っていて、ここまでがっつり推しているというのはびっくりしました。

 

f:id:mugiryu:20170923182337j:plainこれに乗っていくという。

 

 移動の船も、もうこれしかないという感じで。いや、これしかないっぽいんですが。

 完全に『ラブライブ! サンシャイン!!』仕様です。

 

 ちなみに、この日が平日だったためか、来ているお客さんもほとんど『ラブライブ! サンシャイン!!』のファンだとわかる人ばかりという……。

 自分で自分を〈にわか〉という人が本当に〈にわか〉*8かはさておいて、にわかファン程度の知識しかない自分が果たして行って大丈夫か? レベルの状態で。

 

 というか、この前後の日付のブログ記事を読むとわかるように、かなりダークな気分で行っているので。

 そもそも世界滅ぼしたい奴が萌えキャラとか、何考えているんだ?」ぐらいの違和感があるという……まあ、ただ。

 

 世界が絶望に満ちていようが、苦しみだらけの人生だろうが、萌えは尊い*9

 というだけの話です。

 

 というか、こんな世界だからこそ、必要なのかもしれません。

 いうならば、酷くマズいコーヒー(世界)を我慢して飲み干すのに、砂糖とミルク(萌え)を入れた……感じです。世界が美味しいコーヒーならいいのですけれど。

 

 いや、行った当初は。

 例えば真っ先に「島の主に挨拶しなければ」と淡島神社に行ったのですが。

 その際も「私みたいな邪悪が神聖な場所に行って良いのか?」と考えていたし。

 水族館に行けば「大量に生まれる生物は、その大半が幼い時に死ぬ運命」とか考えていたのですが。

 

f:id:mugiryu:20170923183132j:plain実は自分が注文していいのかと迷ったが……頼んでみた

 

 ええと、レストランで「Aquars丼食べたあたりから。

「現実のためにフィクションがあるのではない。フィクションのために現実があるのだ」とか。

「二次元キャラは身体を持っていない。つまり二次元を愛することは精神的な愛に近いなどと考え始め。

 だんだん気分が変わった……というのはあります。根本的には変わっていないですが。

 

 しかし、この「Aquars丼」……とても美味しかったのですが……。

 食べにくいです、具体的には海苔が。

 

f:id:mugiryu:20170923183254j:plainた、食べにくい……

 

「食べないでください」「食べないよー」という別のアニメのネタ*10を連想せずにはいられないくらい食べにくい*11

 流石に「喰うか喰われるかの運命(さだめ)」とかさらに別の作品ネタを出してくることができるような精神ではないです。少なくとも食べている最中は。

 まあ、内側にイラストを織り込んで食べましたが。それは単に見なかったことにしただけでは……気にしないことにしましょう*12

 

f:id:mugiryu:20170923183443j:plain神社までの鳥居。

 

 さて、話題を最初に行った淡島神社に戻します。

 個人的にこの淡島の歴史が気になり、Wikipediaでは第二次大戦中に「音響兵器部 淡島臨海実験場」という軍事施設があったことなどはあるのですが、基本的に無人島だったらしく。

 その場合、神社は1707年(宝永5年)からあるというのはどういうことなのか。

 

 最初から人が住む場所ではなく信仰の対象だったのか。それとも例えば漁師などが寄る場所でそこに神社を建てたのか……。

 そもそも島の名前が〈淡島〉である以上、当初のご神体は像ではなく島自体ではないかとか。いろいろ推測できて。

 

 実のところ淡島神社があるから淡島なのか、淡島にあるから淡島神社なのか。つまり一般の淡島信仰とは関係あるのか、ないのか」さえ分からず。

 まあ名称については先にどちらだったとしても、のちに他の淡島神社の影響はあったと思うのですが。

 

f:id:mugiryu:20170923184127j:plain社。

 

f:id:mugiryu:20170923184212j:plain社の後ろの空間。何かある……気がした。

 

 さらに元は淡島弁財天だったが、神仏判然令により淡島神社になったという話などが興味深く。

 そもそも淡島神の由来はいくつかあるのですが、Wikipediaの淡島信仰の項目には淡島と弁才天の関係が書かれていない。

 そして〈淡島 弁才天〉で検索すると今回の神社が出てくる。

 とすると、この辺りはどうなっているのか……弁才天信仰との関係も含めて非常に気になっています。

 

 というのも、自分の地元には東京都唯一の淡嶋神社があり。

 そのすぐ側の川である境川下流には弁才天で知られる江ノ島がある。

 そして境川は上流に雄龍籠・雌龍籠山があり、途中には淵辺義博が龍退治をしたという話がある。

 一方、町田を治めていたことがある小山田氏は弁才天と関係があるように思える。

 ……と、再び調べるために検索したら僕が前に書いた記事が出てきたのですが。

 

 こんなこともあって、淡島信仰についてはちょっと調べていたりします。

 個人的にまず知りたいのは、東京都町田市の南端に淡島神社がひとつあり、東京と括るとそれ以外は浅草寺の淡嶋堂だけらしいのですが。

 県境などを無視して、神奈川から静岡にかけての分布を調べたら何かわかるのでは……と思い、これについての情報が知りたいと思います。

 なんとなく、和歌山から海沿いに分布している気がしていますが……

 

 まあ、ここの神社だけに関して考えるならば。

 まずは沼津市自体の郷土史や、民話、信仰などの資料を集めてそこから推測するのがよさそうですけれど。

 

f:id:mugiryu:20170923184508j:plain参道の途中から。

 

 と、淡島神社についてはこのくらいにして。

 次は水族館に関して。

 

 ここの水族館はカエル館があり、また別に一般的な水族館があるという形で。

 プラスしてイルカやペンギンもいるという形でした。

 

f:id:mugiryu:20170923184608j:plainカエル館。

 

 で、個人的にはショーも好きですが……カエルです。

 実のところ、カエルはそれなりに好きな動物なので。まあ、実際には両生類より爬虫類特に蛇やトカゲ派なんですが。

 

 でも、この水族館のお土産のぬいぐるみにもなっていたフクラガエルとか。

 ヤドクガエルとかは毒の事はともかく、見た目は可愛いかと思います。

 まあ、アマガエルとかも普通に可愛いですし。

 流石にピパピパとかになると、いわゆるトライポフォビアという蜂の巣状のブツブツが嫌いな人にはお勧めできませんが……。

 

 結構好きです。カエル

 ちなみに、この日たまたま使っていた手ぬぐいもカエル柄でした。

 

f:id:mugiryu:20170923184944j:plainここから入りまして。

 

 で、次に水族館に。

 ここでまず、気になったのはラブカの標本です。いや、別にスクフェス」のガチャを回したりするアイテムが〈ラブカストーンとか、そういう意味ではなく。

 どちらかと言えばシン・ゴジラ』の通称〈蒲田くん〉の方なのですが。

 確か、ラブカぬいぐるみ*13を『シン・ゴジラ』ネタと絡めて売っていたのは沼津深海水族館だった……ようです。この記事を書くのに調べてみましたが……今度はこっちも行こうかな……。

 

 で、先に脚注で言ったようにラブライブ!』そのものに手を出したきっかけの日に、僕は『シン・ゴジラ』を見ていて。

 という事は僕はラブライブ!』に関して2回「登場人物の誕生日の時に、その関係地にたまたま行き、そして何故かラブカ(やそれをモチーフにしたもの)を見ている」という。

 どちらも〈ラブはつきますが、全く関係ないと思います。

 

 次に気になったのは。チョウチンアンコウの標本です。

 個人的にチョウチンアンコウは好きです。見た目というよりは……。

 メスがオスより圧倒的に大きく、しかもオスはメスに噛みついて血管レベルで融合するという……ええと。とりあえず擬人化お願いします。

 同じ意味で擬人化してほしいのはオスがメスになるクマノミですが、一応すでに水族館のサイトを見るとそれらしきのはいるので……設定を掘り下げて欲しいかと思っています。

 

 あと擬人化のオススメですか? 

 ミノカサゴとかはひらひらした外見と毒の刺から〈派手なドレスを着た暗殺者〉とかにできそうですが、萌えキャラだと〈派手好きで毒舌〉くらいになるかなぁ……とか。

 あと、ドチザメとかネコザメ、エイ辺りはやはり可愛かったりしました。 

 まあ、自分の場合、海の生き物で一番擬人化して好きなのはタコなんですけどね。最近はイカの擬人化の方が人気ですが。

 タコは吸い付く、イカは噛みつくなので、吸盤的に。

 

 他、甲殻類系は擬人化したらやっぱり鎧になるのだろうか? 鎧着た少女とか好きだから是非お願いしたいかな……とか。

 しかし『バトルホーク』という昔の特撮で「人類が滅んだあと地上を支配するのはカニ」という珍説*14が出ていたからなぁ……なんて考えながらカニやらエビと見つめあったりしていました。

 

 とこんな感じで。水族館も楽しみ。

 それから島の外周を回りました。

 

f:id:mugiryu:20170923185608j:plain柱状節理

f:id:mugiryu:20170923185613j:plain海。 

f:id:mugiryu:20170923185619j:plain獅子岩

 

 ええと、色々な地形があってみていて面白いのですが。

 説明については、興味がある人は調べてくださいという感じにしておきます。

 

f:id:mugiryu:20170923185803j:plain急に出てきた碑。

 

「イエスタディー若き頃」の歌詞。

 説明があまりないので何故、ここにあるのかは謎ですが、調べたところシャルル・アズナブールという歌手の方の詩だそうで。

 青春……あっただろうか? 自分には。

 単に若くて無知な時代を青春と呼ぶのならあっただろうが……青春……。

 

 例えば趣味に夢中……ええと、今やっている趣味は大体20歳を超えてからだし。

 例えばがあった……ええと、17歳まで夢などなく、追った結果は御覧のありさだし。

 例えば恋愛……ええと未熟者の私に恋など早い」とか「学生時代の恋愛など所詮は遊び」として生きて、30歳まで彼女いなかった*15

 

 ただまあ、高校時代の友人とは楽しくやっていたし。

 その友人のうち一部とは今でも付き合いがあるから、青春がなかったかと言われたら「あるにはあったかなぁ」という感じです。

 

 まあとりあえず青春〉といったら『超人機メタルダー』の「君の青春は輝いているか」か『仮面ライダーBLACK』の「俺の青春」が思い浮かびますね……*16

 

 と、こんな感じで、島を回ったのですが。

 最後はお土販売所の紹介ですかねぇ。

 

 ええと。改めて。

 この〈あわしまマリンパーク〉がすごいと思ったのは。

 

 一方でアニメの舞台がここという形、もう一方でこの場所のための萌えキャラがいるという二つ同時の形でキャラクターグッズがあるところで。

 何かのアニメなどの聖地という場所は多数あるし、逆にご当地キャラクターがいる場所も多数あるけれど。

 両方あって、しかもどちらも強めに推している場所は少ないのでは……と思ったというのがあります。

 

 で、自分が地元町田市のローカルヒーローを作っているのですが。

 実のところ、最初からローカルヒーローを作っているという意味では「町田のためのキャラクターですが。

 作風としては「ヒーロー作品の舞台が町田市という方向性で。

 この辺りをどうするか……なんてのも考えるためにお土産を見ていた……というのもあります。

 

f:id:mugiryu:20170923211846j:plainだって可愛いから……

 

 まあ、買いましたが。

 とりあえず「こ、これは参考資料なんだからね!!」と言って誤魔化しましょう。

 どう考えてもツンデレ的発言ですが、気にしないことに。

 

 個人的には淡島うみねに関してはポストカード系のが欲しいとか、漫画か小説が欲しいとか欲深いことを考えますが。

 ストーリーがあるもの(漫画、小説)なら、水族館の職員兼萌えキャラという形で「水族館関係者の日常」系作品で読んでみたいかと思っています。

 

 と、こんな感じで楽しんだので。

 それなりにネガティヴな気持ちは収まってきました……やはり萌えは良い文明です。

 

 できればまた来たいですが……ラブライブ! サンシャイン!!』あるいは『ラブライブ!』のシリーズ全般にもう少し手を出しておこうかな……とも思いました。

 その際はまた、よろしくお願いします。

*1:たぶん最初から『ラブライブ! サンシャイン!!』目当てだったらこれぐらい普通と思うかもしれませんが、自分の場合「『ラブライブ! サンシャイン!!』もあるのか」ぐらいで行ったので、かなり驚いた感じです

*2:ちなみにこの際は、新宿で『シン・ゴジラ』を見て、その後渋谷で『大怪獣モノ』を見ていて、その関係で開店とほぼ同時に来ているので、混んではいましたが入店は比較的早くできました

*3:写真の看板にもあるように、この日も黒澤ルビィさんの誕生日だったという……どちらも狙って行った訳ではないので、何か妙な縁を感じます

*4:真名を隠すために善子と呼ぶと、否定するから不思議です

*5:僕に対してほかの登場人物に愛着を持ってもらいたい方は、その人物が活躍する作品(含む二次創作)を紹介すると容易に落とせます。相当ちょろいです

*6:ほかの好みのタイプが人外とロリババアになり。結果として現実に少ない(ボーイッシュ、イケメン女子、中二病)か、おそらくいない(人外、ロリババア)になっているのですが……もちろん、ここに来た理由の〈淡島うみね〉は人外だから好きという事になります

*7:ちなみに、最終的に記事全体の文字数は8000文字前後になっています

*8:先に書いたように僕の場合〈流行ったから急にファンになった人〉とは違うので、厳密には〈にわかファン〉ではないのですが、知識的には大してないので。ただ僕の場合、聖地に行ってからその作品のファンになった例もあったりします

*9:ええと、このワードに対して〈はてなキーワード〉だと萌えを通り越した感情となるのですが。まあ、ニュアンスが伝わればいいです

*10:まあ、水族館にペンギンとかいるので、関係が全くないとは言えないですが

*11:一応書いておくと、褒めてます。食べにくいから悪いという意味ではないです。念のため

*12:持って帰って保存しようかとさえ思いましたが、食べ物を粗末にできないという考えと葛藤したりしました。が、海藻の標本と同じと考えれば食べない手もあったか……とか未だ考えています

*13:このマリンパークでもラブカのぬいぐるみは売っていました

*14:「ご覧くださいこの脳みそを」といって蟹味噌を見ていたけど、それは脳みそではないです。中腸腺という肝臓と膵臓を合わせたような器官です

*15:現在は「立場上、お互いに彼女/彼氏だとしているけれど、恋愛関係だとはお互いに思っていない。だが好きではある」みたいな相手がいるので、彼女いない歴=年齢ともいえず、かといって彼女がいるともはっきり言えない感じです

*16:直に青春とは言っていないですが『超光戦士シャンゼリオン』の「シャンゼリオン〜光りの未来」が青春を送っていないと思う大人にとっては救いがある歌です。3番の歌詞的に。ちなみに『仮面ライダーフォーゼ』の「Switch On!」はこの部分を読み直すまで素で忘れていました