麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

昨日もまた考える

考える時期もある

そういう時期は考えてしまう

 昨日もまた考えていまして。

 ええと。どこから書こう?

 

 とりあえず最初に軽いところから書いておくと今後のブログの方針ですが。

 同じイベントや作品に対しての記事を一回で書かず、分割しようかなと思っています。

 

 例えば今読んでいる本の場合

 本全体の感想ではなく「この本の、この意見についてこう思った」というので一回分の記事を書き

 別の意見に関してはまた他の記事で書く……という形です。

 

 ただ、イベントや映画など「1回で一気に書きたい記事」もあるかと思うので。

 どうするか……まあ、なるようにしていこうかと思います。

 

 次、今日もまた「世界平和のために人類を滅亡させる」というのを考えていたのですが。まあ、いきなりここから読むと意味が分からないという人にはこちらの記事、お願いします。

 これに関して子供を持つのは悪と唱えることで、むしろ既に親子である人が助かるという話。

 

 ええと、この手の「子供を持つのは悪だ」という意見は、すでに子供がいる親からしたら不快かもしれないのですが。

 しかし逆に「もし親が子供に『自分が生まれたせいで親が苦しんだ』と思わせたり、あるいは人生が苦しいという理由で死を選んだら、その子供はこうなる」

 という一例として、知っていただければ、無責任に子供のために自らを犠牲にしたり、あるいは命を絶つような親は減るのではないか。

 

 と、それだけです。

 が、それだけでも僕は〈人類の敵〉であり続ける必要があるかもしれません。

 

 次、「世界平和のために世界を滅ぼす」と考えていくと世界平和は財力、権力、武力では成り立たない」という一般の平和主義者の意見に近い形になると気が付きました。

 いや、最初と最後が同じなだけで全然違うのですが。

 

 これ、つまり。

 財力や権力は他者がいて成り立つが、その他者も含めたすべてを滅ぼすために財力や権力の力で動くものはいない。滅ぶ世の中では金や地位など役に立たない。

 

 また武力にしてもたった一人の人間の意志で、世界全てを滅ぼす規模の破壊はできない。

 流石に大量破壊兵器でも1つで世界は滅ぼせず。世界破壊規模で使用しようとしたら周囲によって阻止されるはずだ。

 

 すると、周りの人間のほとんどが自分自身まで含めた人類の滅亡を望んだ状態でなければ、破壊による人類滅亡はできないが。

 最初からそんなことを掲げていたら誰かに止められるだろうし、掲げなければそういったごく少数派の仲間は集まらない。

 

 結局は、人類を滅ぼせるだけ人類を滅ぼした方が良いという価値観を広める必要性があるが、それならそもそもそれが広まった段階で子孫を残さなくなるので、武力などで強引に滅ぼす必要性がない

 

 つまり、人類が人類を滅ぼすのは、事故*1ぐらいしかない。

 もちろん、隕石の衝突のような天変地異で滅びる可能性はあるが。

 なんて、考えていました。

 

 次は以前の記事で恋愛についてちょっと触れていたことで改めて思ったのですが。

 本当に、覚悟あって恋愛あるいは結婚する人はどのくらいいるのでしょうか?

 まあ、そもそも恋愛という「当人同士が愛し合っている関係」*2と結婚という「その人物が夫婦であることを社会的に認めるもの」は別なのですが。

 

 例えば結婚式で「あなたたちは確実に三年以内に死にます。しかし、ここで別れ、永遠に合わなければ、普通に生きて死ぬ時に死にます」と言われて。 

 それでも愛のために結婚しますといえる人はどれだけいるのか。

 多分結婚式や、あるいは結婚を計画しているカップルにこれを言ったら怒ると思うのですが……怒るという事は、その程度の考えってことですよね。多分。

 

 で、自分の場合未熟だから恋愛しないというのは。

「相手のために命を捨てるのは自分も嫌だし、相手も悲しみそうだからできない。そして逆に自分のせいで相手が死んだら悲しい」

 という問題から抜け出せないからで。

 

 お互いに相手のせいで死んでも恨まず、かつ相手が自分のせいで死んでも恨まないという人、つまり死んだりしたら悲しいだろうが恨まないという人。

 だったら付き合ってもいいと思うのですが……。

 

 ただ、これ友達の場合でも相手のために死ねるのか、相手が自分のせいで死んだらどうするのかとかがあって。

 じゃあ今いる友達と縁を切るのかと言われるとそうもいかず……所詮、執着を捨てられない凡人にはこの程度ですが。

 そもそも執着を捨てたら、最初の話題に戻ると今度は恋愛が必要ないという……。

 難しいことです。

 

 後、学歴は社会に不要という話で。

 これはそもそもの学歴というのは個人的には例えば「図書館にこもって一人、読書を続けた」でも学歴だと思っている*3のですが。

 現在の学歴社会は何故か「どこの大学卒業」みたいな学校基準になっているのがよろしくないのではという話。

 

 僕自身が大学と専門学校を中退していて、高卒扱いなんで〈学歴コンプレックス〉だからそう思っていると思っていたのですが。

  僕自身が受験で精神病んでいて、さらに受験で死んだ人も知っているというのがまずあり。

 

 また、専門学校退学は精神病んだ状態で行ったりしたのが理由ですが。

 大学については一浪して入った大学の他の学生が「遊びばかり考えてる」奴らで。

 それを僕は「滑り止めで入った程度の大学だから」と解釈したのですが、大学院まで行った友人に聞いても「大抵の大学生は遊びたくて通っているか、卒業資格が欲しいだけ」と言っていたのを聞いたので。

 

 その二つからの学校や学部で見るなら学歴不要という意見なのでこれが果たして単なる〈学歴コンプレックス〉なのか……というところです

 

 個人的には大学は無試験で入れるが、卒業資格は出さない。

 通っていた事は問い合わせれば証明できるだろうが、卒業試験も、卒論や卒業制作もないので「籍を置いていただけで遊んでいた人」かもしれない。

 あるいは個人情報という事にして、通っていたことさえ学校側は明かさない。

 という状態にして、学びたい奴だけ来るようにするべきでは……と思っていたりしまして。

 

 僕自身はそれでも学びたい大学(今なら哲学民俗学あたり)になら行くのですが。

 多分これをやると経営面とか教育とはあまり関係ないところから、まず批判が来て。

 さらに二次的な意味での教育に被害みたいな意見も来るのでは……と思っています。

 詳しく検討していないので、どんなのが来るかはわかりませんが。

 

 ちなみに、この意見を思い出したのはTwitter死ぬ気でやれよ、死なないから」という言葉に関しての批判を読んで。

 確か、どこかの参考書に「死ぬ気で勉強しろよ、死なないから」みたいのが書いてあったなぁ……と思い。

 でも実際死んだ奴はいるし「死ぬ気でやった」と口にできるやつは、そりゃあ当然死んでないですよね。とか考えていたというのがあります。

 

 まあ「死ぬ気でやれよ、死なないから」は、例えば「死を意識している奴より、この程度なら死なないと思っている奴の方が死ぬ」みたいな意味なのかもしれませんが。

 それだとしても、意味ではなく、言葉だけが独り歩きしていたら迷惑かと思います。

 

 そして最後に。

 何故、僕は変わらないのか。変わっても問題はないのではという話。

 

 自分はこれまでにみんなの事を考えて、世界を滅ぼす」か「自分勝手に生きて、世界には関わらない」かみたいなので悩んで、でも自分勝手は良くないとしていましたが。

 何が良くないのか? という問題で。

 

 今までの僕の書いていたような価値観を知った上で「自分勝手は良くない」というような人は、僕にとって〈嫌いな人であり。

 逆に単に「自分勝手に生きる」という意見しか見ないで批判するならそれは僕の価値観を〈知らない人となるのですが。

 

 何故〈嫌いな人〉あるいは〈知らない人〉の目を気にして、自分勝手に生きるのを選ばないのか? と考え。

 だとしたらこれは単に僕が変わるのを怖れているだけではないか*4……とも思ったというのがあります。

 

 で、ここで。

 10月からしばらく、世間の活動にも関わらず、小難しいことも考えず、単に〈楽しい〉と思えることだけを考えて生活しようかと思っています。

 

 特に、仕事がないという事もあって今まで「30歳にもなって無職なのに〈楽しむだけ〉とは何事か」と思っていましたが。

 ここまで追い詰められて、何の助けもない社会で。その社会の常識に合わせて「働かなければならない」とするならばアホではないか。

 というところです。

 

 と、いうわけで。

 10月からは緩めのブログになる予定なのですが……。

 9月いっぱいはまだ書きかけの意見があるので、それだけ書こうと思います。

 よろしくお願いします。

*1:戦争などにより想定外の破壊が起きることも含みます

*2:さらに言えば「片思いは恋愛ではないのか?」とか、そういう事もあり、恋愛とは何かから考えないとならないのですが。今回はまあ〈恋愛〉は精神的問題〈結婚〉は制度というくらいで考えてください

*3:実際、自分の〈学歴〉というか、今持っている考えの多くは図書館、博物館、美術館あるいは市民大学や大学の公開講座などで学んだものがほとんどです。まあ、赤ん坊の時点から考えるとおそらく〈本当の意味での考えの多く〉は生まれて数年(下手をすれば数か月)でつけたもので、今自分が知識だの知性だの思っているものは微々たるものの可能性もあるのですが

*4:変わることを怖れないとかをテーマにした曲なら『仮面ライダー電王』の「Climax Jump」など平成ライダーには多数あり「Climax Jump the Final」だと変わらないものも大事にすることも歌っています。また、この「変わるもの、変わらないもの」は「壊すか守るか」でもあるのですが。この場合、自分自身ではなく外部との関係もあるので。個人的には「仮面ライダーAGITO」の「君のままで変わればいい」が好きです。が、何故かこのことを考えていて思いついたのが平成ライダーではなく「ファイヤーマン」の「変われ、変われ」だったのですが……