麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

プロジェクト名の変更

一応こちらでも

ローカルヒーロー〉ではないかもしれない

tribraver.hatenablog.com

 今まで〈町田市ローカルヒーロープロジェクト〉という名前でローカルヒーローを作っていましたが。この日トライブレイバー制作プロジェクト〉に名称を変更しました。

 

 理由は先のブログに書きましたが、まとめると。

 自分が町田市のローカルヒーローというつもりで作っていた『超伝神トライブレイバー』がどうも世間の言う〈ローカルヒーロー〉の雰囲気にそぐわない感じがあり。

 具体的には地域活性化より地元の文化や伝統、歴史を広め伝える方を優先している」ことと。

 

 話がシリアスで、テーマが〈正義と自己犠牲〉であり、主人公、ライバル、ヒロインがそれぞれの正義にがんじがら縛られ、自己犠牲に走ったり、あるは犠牲になることを強要されたりする。

 といったハードな内容があまり〈地元PR〉には向かない。と考えたからです。

 

 ただ、ハードな内容が地域活性化に向かないかと言えばそうではなく。

 例えば以前、仙台にも行っていますが、その仙台にある架空の町を舞台にした『ジョジョの奇妙な冒険』第4部、第8部のうち第4部は「町の行方不明者が全国平均より多く、これは町に殺人鬼が潜んでいるから」という内容だけれど、ファンは来ていますし。

 同じ仙台ならば伊坂幸太郎さんの作品も仙台付近が舞台になっていたりしますが、こちらも明るい話というわけではない*1

 

 また、そもそも東京都町田市が地元が舞台という点で町田市も宣伝に力を入れているように見える三浦しをんさんの『まほろ駅前』シリーズも、薬物の売人とか風俗で働く人とかがかなり話に絡んできていて。

 主人公たちの過去も結構重いものになっている*2とかなりハードな展開なので。

 

 明るい作風でなくても、話として面白ければ来る。もちろん町そのものを批判したり、悪く描いたら問題だが、それは別の問題。

 とも思っているので、自分の作品はこのままの路線で行こうと思っています。

 

 まあ、先に並べたような超有名作品とは違い、全く無名のド素人が作っているので、どの程度まで人を惹きつける内容にできるか……やってみないとわかりませんが。

 

 というわけで。

 こちらを中心に読んでいた方で、まだローカルヒーロープロジェクトの名称変更を知らなかった方は、ご理解いただきたいと思います。

 

 そして、今後も応援、よろしくお願いします。

*1:荒木飛呂彦さんも伊坂幸太郎さんもどちらも仙台に縁があり、かつ作品に仙台付近を登場させていて、しかも殺人事件にかかわる話……というのが共通していたりします

*2:この辺り、自分の作品も主人公たちの過去には「とりかえしのつかない悔しさ」があり、そのため、それぞれ正義を掲げていたりするのですが……