麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

ゲーム3作の話題

このブログは僕のファンの為に

……って、ファンって誰だよ!?

 ええと、記事の見出しの説明は最後に。

 流石にタイトルのゲームのことが気になると思うので、読者は。

 

 まあ3つのゲームといっても前に話した『Fate/Grand Order』『ファイアーエムブレムヒーローズ』『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の事で。

 

 ちなみに何度か話題にしたラブライブ!スクールアイドルフェスティバルについては、今のところ「今のイベントも地味にやってます」しかないので、今回は繰り返しヨハネが好きですぐらいになるので省きますが。

 

 ただ、このうちそれなりの期間*1熱心にやっているのはFate/Grand Orderなんですが。

 熱心にやっているからいまさら最初の方からの感想とか書いてもなぁ……というのもあって。

 

Fate/Grand Orderは先日二代目はオルタちゃん ~2016クリスマス~ 復刻ライト版」というイベントが終了しまして。

 ゲームやってない人からしたら「クリスマスって早っ! しかも終了って……」なんですが。

 実際のクリスマス前後に(おそらく)やる今年のクリスマスイベントではなく。

 前年のイベントのリメイク的イベントが11月中に始まり、すでに終了したという話です。

 ちなみに2015年のイベントは今年は復刻していません。

 

 で、このイベントの高難易度のバトルをクリアするために。

 先のハロウィンイベントで手に入れた刑部姫(通称:おっきー)というサーヴァント*2を育て、初めて戦闘に使用したのですが。

 このキャラクターは「表向きはオタサーの姫、実は腹黒系」みたいなやつで。

 いうまでもなく僕は腹黒キャラが好きなので、そっち目当てでガチャを回し……というのは半分嘘で。

 

 腹黒姫という設定自体は好きだったのですが、そのイベント中で自分が好きだったエルドラドのバーサーカー*3眼鏡をかける演出があり。

 元から好きなキャラだったが、今までは戦闘狂というバーサーカー本来の方が強調されていたのに、急に知的キャラになったギャップで、こちらのキャラのピックアップ時にガチャを回し。

 結果エルドラドのバーサーカー、おっきー、両方引き当てたという形だったりします。

 

 で、この刑部姫オタサーの姫設定があるように実際オタクキャラなんですが。

 同じオタクキャラでオジサンの海賊ティーチ(通称:黒髭氏)と相性がどうなのか。

 僕個人としては「黒髭氏はおっきーの正体が腹黒と知ったうえであえてオタサーの姫に引っかかったフリをして利用しようとする。一方のおっきーも黒髭氏があえて引っかかっているのに気が付いたうえでそのまま利用する。そしてさらに黒髭氏も……」みたいな感じで。

 しかも元々海賊である黒髭氏はリアルな人間関係なら得意なはずですが、一方引きこもりキャラでもあるおっきーはネット(文章)の方が得意だと思うので。

 おそらくはそのあたりで薄い本が……僕は書かないですが。

 

 で、このおっきーの初戦闘。実は僕が黒髭氏を聖杯を使ってレベル100まで育てていたので*4黒髭氏との共闘だったりもしました。

 

 しかし、このイベント

 敵がサンタの姿*5をしていて。しかもクリスマスイベント(ただし復刻)なので。

 なんか普段はお互いを利用しあう関係の二人がクリスマスのリア充爆破の為に共闘することにしたのを、サンタが止めに来たが、二人で撃退した」みたいなイメージで見ていました。

 多分今後も本編クリスマスやバレンタインでやってくれるのでしょう。

 

 ちなみに、このクリスマスイベントは毎年僕の好きなイベントの一つで。

 何故なら荊軻*6という僕の好きなキャラクター*7が酒に酔って〈人に絡む酔っ払いのねーちゃん〉みたいになっていて。

 正直言って、2015年版のこのシーンで僕は彼女を育てると決めたぐらいだったりするからです。

 

 とまあ、『Fate/Grand Order』についてはこんな感じで。

 次はファイアーエムブレムヒーローズで。

 

 これについては封印の剣』と『烈火の剣』あるいは『聖魔の光石』あたりの関連の際は熱心にやっている……みたいな感じです。

 

 自分が大乱闘スマッシュブラザーズDX』世代……というか、家庭用ゲーム機で最後に熱心に遊んでいたのが〈ニンテンドーゲームキューブ〉なので*8

 そこからスマブラDX』に本編発売前に登場したロイが主人公の『封印の剣』、更に過去編としてロイの父・エリウッドを主人公とした『烈火の剣』をかなり熱心に遊んでいて。

 

 その関係で同じゲームボーイアドバンスで出た『聖魔の光石』もやっていたのですが。

蒼炎の軌跡』はそれなりにやったものの、続編のWiiで発売した『暁の女神』は1周クリアして程度で。

 さらにDS以降のものについては「1回程度クリアした」か「やっていない」になり、できれば遊びたいのですが思い入れが薄くなってしまうという……。

 

 まあ、何より。

 中学3年から高校1年の時期に遊んでいた自分にとって封印の剣烈火の剣の若者キャラクターは同世代だったので。

 今遊ぶと「15年ぶりにあった幼馴染が、何故か15年前と同じ年齢だった」みたいな感じになっています。

 全く同じ作品を遊んでいるわけではないので「あのキャラクターの年齢を抜かしてしまった」とはちょっと違う複雑さです。

 ただ、設定年齢でいうと当時とさほど年齢差が変わっていないキャラがいるのですが……実はそいつが容姿や内面的には一番幼いという*9

 

  あとはあれですね。

 そもそも20歳ぐらいまでアニメやライトノベルなどに手を出していなかった自分としては、あの手のアニメ系のイラストの作品で最初に触れたのが封印の剣』なので。

 この辺りの影響もある気がします。

 まあ、そんな感じで〈たまたま手に入った☆5〉を除くと、この『封印の剣』と『烈火の剣』あたりのが育ってます*10

 

 ただ、先にちょっとだけ話に出した蒼炎の軌跡なんですが。

 これに出てくるラグズという動物と人間の姿を持つ種族が結構好きなので、登場しないかなぁ……とは思っています。

 個人的に猫の姿を持つレテと、元ラグズに敵対する国の兵士であるジルのコンビが好きだったので*11

 

 さて。ゲームの話題としては最後にマギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝を。

 と言っても実はこのゲームは先のハロウィンイベント中からの参加で。

 このイベントのメインストーリーをコンテニューなどを使って何とか終わらせ、その次のイベントもそんな感じで終わらせ、現在のイベントに至るという形で。

 一番レア度が高い魔法少女(キャラクター)が御園かりん何とか覚醒させて☆5にした一人で。

 他のを覚醒させるだけの時間もまだないので。かなり苦戦しています。

 

 で、最初そんなに興味がなかったので「試しにやってみよう」と思ったぐらいで。

 僕は原作の魔法少女まどか☆マギカは好きとはいえ、あくまでテレビ版と劇場版3作を見た程度*12で。

 しかも僕の好みからして〈少女〉に絞られると好きなキャラも多いのかなぁ? ……と思っていたので、あまり乗り気ではなかったのですが。

 

 よく考えると、少女しかないとなると僕や俺を一人称に使ったり、ボーイッシュだったりというキャラも当然いて。

 最初そっち系のキャラを好んで育てていました……

 加賀見まさらというキャラクターが、表情や口数が少ない系のキャラなんですが結構気に入っていて*13今は彼女を育てていますね……ただ。

 そのためのアイテムを集めるのに、強い魔法少女が必要で「まさらを育てるために、別の魔法少女を育てる」という感じにもなっていますが。

 

 まあ、とはいえ。

 先に言ったようにイベント、イベント、またイベントとイベントのシナリオばかりが続いて、メインストーリーが疎かになってしまっていて。

 まさらについても性格や目つきあたりが好みだけれど、実際どんな子なんだろう……というのはあります。

 

 また、実は自分が何故「試しに」でもやってみようと思ったかといえば。

 佐倉杏が実装されてその段階で揺れ動いたのですが、迷った挙句しばしたってしまったがやったというのがあって。

 

 ええ。まあ杏子は相当好きです。

 具体的には人生で初めて買ったフィギュアが杏子で。

 実は現在自分は杏子と、同時に買った美樹さやか*14の二人それぞれ2種類(つまり合計4体)

 加えてヒーロー制作の資料に買った仮面ライダーOOOタトバコンボ、さらにそれと合わせて買ったアンク*15の6体しかちゃんとしたフィギュアは持っておらず。

 資料である特撮系のフィギュアを除くと趣味で買ったのは杏子か、その関係買ったさやかしかなかったというくらい好きで。

 

 まあ、今お金があれば自分が好きなカッコいい女性キャラのフィギュアばかり集めるとか、資料として特撮フィギュア集めるとかできる*16のですが。

 どっちかといえば杏子については〈お金がない時も売らなかった〉方ですよね。

 まあ、初めて買ったからというのもありますけれど。

 

 と、まあこんな感じで楽しんではいます……

 何せお金がないので、課金は「絶対に何かレアなのが手に入る課金(福袋など)」以外は残念ながらできず。

 グッズを買う方で何とか……みたいな感じです。

 課金し過ぎは確かに問題なんですが、遊んでおいてタダでやっただけというのもまた問題かと思っていまして。

 

 と、今回は……もうここまでで4700文字程度書いているのですが。

 最後に〈僕のファン〉について軽く。

 

 ええと、そもそも作品を作って活動したい、あるいは表現活動をしたければその活動のファンというのはできると思うし。いや、むしろできないと困ると思うし。

 

 また単に何かテーマを絞ったブログだと、よほど詳しく、しかも何かイベントやら事件がある度に、即座に記事を書かないと他のブログに負けてしまうのですが。

 そもそも読者の目当てが僕自身なら勝ち負けはないという。

 

 というわけで僕のファンの獲得を目指そうかなぁ……と。

  まあ、それで今回から(というよりここ最近そうですが)ブログの方向性をあくまで〈僕の日常〉を書く方向に近い形にしたいかと思っています。

 何でそれの最初が「好きな二次元キャラの好みを暴露する」みたいな記事なのかが謎ですが。

 

 とはいえ。

 相当アクが強いヒトなので、ええと珍味みたいに「一部の人にはウけている」みたいな感じで狙いますが。

 ただ、僕のファンになるような人はむしろ「麦粒とか、俺が倒してやる!」くらいの反抗心があってほしいので、チヤホヤされたいのとはちょっと違うのかもしれません。

 

 まあ、戦いを挑まれるぐらいに何か実績を出さないとならないんですがね。これ。

f:id:mugiryu:20171126094448j:plain

ちなみに、映画見た時に特に狙わずこの2枚貰っていまして。

*1:現段階で450日やってます。連続ログインも同じく

*2:キャラクターの事

*3:実際には正式名称があるのですが、ネタバレのため伏せています

*4:このゲームではレアアイテムである〈聖杯〉を使うとキャラクターのレベル上限を最高100まで上げられるのですが。レア度が低いと多く聖杯を使わないとレベルが高くならないという……ちなみに、おっきーは☆5の最高レア度ですが、黒髭氏は☆2です

*5:2015年のイベント時に貰うことができたサーヴァント。説明するとアルトリアという〈アーサー王は実は女性だった〉というキャラがいて、それの反転版〈オルタ〉が、イメージを払しょくするためにサンタとして活動を……とややこしい。が、この2016年のクリスマスイベントで配布されたサーヴァントや、今年のハロウィンで配布されたものはさらにややこしいので、気にしてはならない

*6:始皇帝暗殺を企てたがあと一歩で及ばなかった暗殺者。史実では男性だが、このゲームでは女性。傍若無人の由来にもなっていて、酒癖が悪い

*7:彼女のレア度は☆3なのですが、こちらも聖杯でレベル100にしてあります

*8:なんでゲーム機でのゲームをやらなくなったかといえば「ゲームの話題で盛り上がれる友人がいなくなった」「ネットでコミュニケーションをとるようになってからは今度はお金がなく、収入がある時期は時間がない」からです。本当は興味があるゲームが多数出ているのですが……

*9:ファというマムクート(竜が人間に変身している存在)のキャラクターで、結果として人間と歳の取り方が違い長寿なのですが、一番幼い見た目と性格をしているという。まあ、同じマムクートのニニアンや、半分竜の血を引くソフィーヤもいるので、この辺りだと年齢差はあまり変わっていないかなぁ……と

*10:このゲームは手に入ったキャラクターのレア度の☆が低くても、アイテムで最高レア度の☆5までは持っていける。が、同じキャラクターでもパラメータに個体差があったりする。まあ、自分は好きなキャラ育てられれば良いのですが

*11:どっちも気が強い女性で、しかも最初は敵対していて……という、自分の好みのパターンです

*12:漫画版などはほとんど手つかずです

*13:面白いのは自分は闇系女子が好きなのに、彼女の属性は光だったりすることです

*14:独りぼっちはさびしいらしいので、仕方がないことです

*15:ちなみに、作中か作外かの違いはありますが、杏子もアンクもどちらも〈アンコ〉というあだ名で呼ばれたことがあります。また性格にも似た点があり、メインカラーも赤で。しかもアンクのフィギュアにはアンクの好物であるアイスキャンディーがついているのですが。一方、杏子は食べる事が好きで、フィギュアにもお菓子などがついていたりします。たまにうちでは、ねんどろいどの方の杏子をアンクがアイスキャンディーで誘惑していますが、気にしてはいけません……魔法少女の上に仮面ライダーになったらどうなるんでしょう? 脚本家の人的にはメダルよりフルーツのライダーになりそうですし、魔法少女なら指輪のライダーネタでもありますが。ついでにいうと確か、ねんどろいどの頭部を外してマスクコレクションとかを乗せると大体サイズが同じだった気がします

*16:いや、一番贅沢を言えば自分が作っている女性ヒーローの変身前と後を両方フィギュア化してほしいのですが