麦粒雑記

麦粒(ムギリュウ)が日々の出来事をあれこれ綴るブログ。

第29回文芸ジャンキーオフ会へ!!

今回も面白い作品の紹介が満載!!

そして発表内容について補足☆

f:id:mugiryu:20180114103737j:plain

いきなりですが、オフの会場で即興で描いたイラストを。

持参したホワイトボードに描いたので、もう写真でしか見られませんが。

 

 この日は、予定通りに文芸ジャンキー・パラダイスの新年オフ会。

第29回文芸ジャンキーオフ会に行ってきました!!

 

 ちなみに〈文芸ジャンキー・パラダイス〉についてはこちら。

 

kajipon.sakura.ne.jp

 

 で、このオフでは。

 主催者のカジポンさんや、参加者の皆さんがそれぞれおススメのアートを紹介するというものになっていて。

 しかも、そのアートというのは自分の言った旅の記録だったり、料理だったり、武術やスポーツだったり、自作品の紹介でも構わないので。

 

 かなり幅広いジャンルのものを紹介していただけ、今回もスゴイ興味深いものがいっぱいありました!!

 

 主催者のカジポンさん、参加者の皆さん!!

 ありがとうございました!!

 

 で、色々書きたいものは多いのですが。

 例えば料理好きとしてはうどんとか。動物好きとしてはカエルとか。

 あと僕の好きな芸術家の岡本太郎も好きだったのでメキシコの遺跡とか。

 

 音楽も聴きたいし、読書好きとしては横溝正史の小説やアウトロー俳句も読みたいし。

 ハワイに関しては観光と言っても元から民俗学的な方向で興味があったので、そっちの意味で気になったし。

 

 あとは。ガンダムは何故か僕は『機動武闘伝Gガンダム』と『ガンダムビルドファイターズ』くらいしか見ていないから。

「試合の為に戦う機体」という本来のガンダムとは全く違いイメージがついているので。

 普通の……と、言うのも変ですが、とにかく一般的なガンダムを見てみたいですね~

 

 国宝展は行けなかったのが残念です。

 ちなみに、書は全く分かりませんが。

 なんとなく、自分で書いてみればいかに上手い人の字が上手いかわかる気もしています

 

 それと。ピタゴラスイッチ。あれ、よく考えているというか……発想している人、いつも何を考えているんでしょう?

 正直、あれとスーパー戦隊のロボットの合体込みのデザインを考えている人の思考法は気になるもののうち、上位に入ります!!

 

 あと大河ドラマについて、あえてあまり人気がなかったのを紹介しているあたりは、個人的に好きだし*1

 ウルトラシリーズについての紹介は特撮ファンとしては非常に気に入りました*2

 

 今回特に興味深かったのは、自分に関連するもので3ありまして。

 まずはSCPですね☆

 

 というのも、この記事を書いている段階*3では全く設定を紹介できていませんが。

 僕自身がシェアード・ワールド最終復讐者 絶夢と一連の作品群を作りたいと思っていまして。

 

mugiryu.hatenablog.com

 

mugiryu.hatenablog.com

 

 まだ二回しか紹介していませんが。

 一応大雑把な設定はあります。

 

 ……と、まあ、こんな感じで。

 シェアード・ワールド作品を計画中なので*4

 SCPという作品があるのは興味を持ちました!!

 

 ちなみに。

『最終復讐者 絶夢』は復讐者とありますが。

 

 作品の設定を見ての通り、本来は文化芸術活動で人間を虐げる社会に立ち向かうという形での〈復讐〉が基本で。

 ただ、ヒーロー作品でもあるのでどうしようもない〈最終〉的な状態になったら変身して戦う……という作品でもあります。

 

 で、もう一つ気になったのは。

 アール・ブリュット作品の紹介でした☆

 

 というのも。

 僕の絵は、一応は美大受験の時にデッサンなどは学んだものの。

 

 その際は自分がやりたいキャラクターデザインではなく。

 何故か講師に勧められて油絵を描いていて*5

 

 しかもその講師に「お前は才能ないから期待していない」とさえ言われたので。

 全く、絵が描けない状態にまでなり。

 

 その後、今の絵は独学で描いているので。

 アール・ブリュットに非常に近いというのもあります。

 

 まあシュヴァルの理想宮〉やヘンリー・ダーガーの作品は気に入っているし。

 この前は地元のアール・ブリュットの作品展に行ってきましたので。

 そういう点でも、この紹介は興味深かったです!!

 

mugiryu.hatenablog.com

 ちなみに、この時の記事はこちら。

 

 で、さらに。

 アール・ブリュットの作者の中には結構悲惨な人生を送っている人もいますが。

 

 僕の場合。

 僕の11歳の誕生日の翌日に亡くなった母について。その当日に。

 今まで聞かされていた「病院で入院していた」というのは嘘で。

 実際は家事や育児のストレスで実家で療養していたのが、心不全で亡くなったと聞かされ。

 以来、母は僕のせいで死んだのだと思っていたこと。

 

 さらに。

 20歳の時に、僕が美大受験をするきっかけになった友人が変死していて。

 彼も浪人生だったが、僕の方が彼が亡くなる前に受験を諦めていたこともあって。

 

 30歳……というか。 このオフの約2か月ぐらい前まで。

 

自分が生まれた事は罪だ

友人を助けることもできなかった

 

 と思って生きていました。

 

 いや、実際は。

 

 母に関してはそんな無責任な発言をしたのち。

 そもそも母親に関する話題を家庭内で一切しなかったがおかしいのだと。

 友人の死を受けて、哲学や心理学の本などを大量に読んだ25歳の時には気がついていたのですが。

 

 父にそれを言ったら恨むなら母さんを恨めと言われたし。

 周りは周りで「男手一つで子供を育てた良い父親」だと言うしで。

 

 一向に、罪悪感から解放されませんでした◇

 あとで控えめに言って、軽く地獄に墜としておきましょう。特に父は。

 

 が。どうも。父の無神経な発言によって。

 精神を病んだ状態で家事をしていた自分が、父からされたこと考慮すると。

 

 父は精神を病んだ人を自分に依存させ

 詳しくもないことを「よく知っている」だとか「専門家だ」などと言い。

 そして特に考えもない計画に巻き込むので。

 下手をしたら母が亡くなった理由自体が、父のせいである可能性があり。

 

 そうすると、男手一つでの子育てさえ〈自業自得〉どころの話ではない事になってしまうので。

 全く、感謝のできないオヤジということになります!!

 

 というか。

 そう考えた方が、僕自身が楽です。

 

 正直、今。

 約20年ぶりに生きていて楽しいので。

 

 ちなみに。

 母の件が解決したと同時に、友人の件も。

 

 可哀そうではあるけれども、おそらく事故死であって自分のせいではない……と、推測できたので。

 まあ、こちらの罪悪感もなくなったというのもあります。

 

 で、まあ。アール・ブリュットから話は飛んで。

 オフでも紹介した戦業主不ですが。

 

 これは。当然「母が家事育児のストレスで亡くなった」から来ていまして。

 

 ただ、僕自身はいまだに自分が生まれたのが間違い*6だとは思っているので。

 おそらく結婚したとしても血の繋がった子供は持てないかと思います*7

 

 ただし。

 最初から、結婚願望がない……というより。

 現代社会の結婚制度に反対しているので*8

 

 結婚とかではなく、自分が必要なところに行って家事をする……。

 というのが、やりたいことです*9

 

 まあ、本当に結婚して家庭を持ちたければ。

 結婚したのち、養子をとる……でしょうか? ただ、大人の事情で子供を扱いたくないので。

 養子自体、大人である必要性があるのですが。

 あるいは。どうしても誰かが育てなければならない子供がいたら育てますけど。

 

 恋愛や結婚にしろ子育てにしろ。

 僕は異性が好きだとか、子供が好きだとかいう以前に人間が好き*10*11なので。

 

 ……しかし。自分自身を。ヒトにあってにあらず」とさえ言い。

 ただのヒトという獣にすぎないとも扱う者が人間好きだというのも変ですが。

 

 まあ、今の自分は。

 めるために悪あるいは罪をむ存在。

 すなわち〈改造人間〉ならぬ戒憎人間ですので。

 

 カイゾウニンゲン人間の自由の為に、悪と戦うのはこの世界ではよくあることなので。

 まあ、仕方がないですよね☆

 

 で、最後に。

 ここまで話せばわかるように。

 

フランケンシュタイン、あるいは現代のプロメテウス』は。

 大好きな作品です!!

 あの怪物はまあ、自分の先輩みたいなものですから。

 

 とはいえ、今の自分にとってのフランケンシュタインの怪物のイメージは。

Fate』シリーズの女性キャラクターのフランケンシュタイン、通称フランちゃんですけども*12

 

 まあ、何せ僕は自分の事を。

名前のない怪物〉〈名状しがたきもの

 とさえ呼んでいますので。

 

 という訳で。

 今後も、這いよる混沌*13こと麦粒/麥龍の活躍にこうご期待ってところで☆

 

 今回の記事を終わらせていただきたいかと思いました……が!!

 ここからは雑談を!!

 

 まず何故戦業主不〉はなのかと言えば。

 この国が僕にとっての戦場だからです。

 

 確かに。

 この国でいわゆる武力暴力による戦闘は行われていませんが。

 しかし。

 

 この国には人間を虐げる圧力のようなものがあるのは確かで。

 これが具体的な政治団体とか、企業とかではなく。

 この国全体の体質というか、あるいは下手をすれば人間社会全体の歪みのようなものかもしれませんが。

 

 これをとみなし、完膚なきまでに倒すことが僕にとっての戦闘であるという事です。

 

 ちなみに。

 その戦い方については。

 

mugiryu0225.cookpad-blog.jp

 

 この記事では対個人用の家事を使った〈戦闘法を書いていますが。

 

 そもそも戦場での〈は、歴史的に見たら敵の兵士や兵器より。

  栄養不良精神異常疫病のような健康問題が多いというのは。

 全く軍事的知識のない自分でも知っている事なので。

 

 家事のスキルはそもそも戦闘に必須なものでもある。

 と、考えています。

 

 また。この時代、この国において。

 ここまで格差が広がっている以上。武力はもちろんの事。

 財力、権力でも革命のようなものは起こせないかと思いますが。

 

 魅力なら別です。

 

  魅力というと、何かあまり強そうに感じませんが。

 〈本来ならのような力を使うことができる者が、鬼未満ので相手を精神的に屈服させる〉

という事なので。

 まあ正義のためなら鬼となる……と、いう事です。

 

 で。ここまで書いたので言ってしまえば。

 国のやり方に逆らうのが〈非国民〉ならば。

 

 僕など、そもそも現代社会のやり方に逆らっている段階で非社会人であり。

 さらに、仮に人類が〈人間〉を虐げてでも繁栄・存続するならば非人類になってでも人間の人間性を護ろうかとさえ思っています。

 

 第一。

 僕は自分が生まれた事が罪と思って生きてきた段階で。

 

 種を残して存続する人類は、苦しみを増やすだけだから滅んだ方がマシだと思っていたので。

 人類ごとき、平然と敵に回します☆

 

 また、そもそも。この国*14は。

 僕のような異常者を生み出しておいて全く助けなかったような国なので*15

 最初から敵対するしかないです。正直言って。

 

 まあ、今は人類を滅ぼすのではなく。

 人類がこの世に生きる意味を見つけるか。

 高次元存在かなんかと接触するか、あるいは人類自らが上位存在に進化したら

 

 滅ぼすのはやめないでもないかとも思っています*16

 

 後自分が日本人かどうかに関して言えば。

 僕は自分の存在そのものが間違っていると思って生きていた結果

 

 自分の持つ属性(レッテル)例えば年齢、性別、国籍、人種、民族……などをすべて消去した。

何でもない何か〉になりたいとさえ思って10代を生きていたので。

 

 特に日本人だからどうだとか、そういう感情そのものがないです。

 強いていうならば〈この身体が日本産のヒトという動物〉でしかないかと。

 

 まあ、でも現在は。

 日本人であることも、男性で30歳であることも。

 

 所詮はこの〈〉という一点の在り方にすぎない。

 と思っているのでそんなに気にしていません。

 

 結局のところ。

 自分なんて言うものは。今この時にしか存在せず。

  過去の自分はすでに自分ではなく、未来の自分もまた自分ではない。

 という事になります。

 

 この場合は仏教的に一切皆空というべきか。

 あるいは聖書を引用して明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日自らが思い悩むとするべきか……いや。

 カルペ・ディエムでもいいですかね? まあ、好きなのを選んでください。

 

〈いい言葉は決してなくならない〉と西尾維新さんの小説『サイコロジカル』でありましたが。

 まあ、人間が至る答えなんて大体似たようなものってことかもしれません。

 

  とはいえガンジー明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさいを出すまでもなく。

 今日しか考えずに、何も学ばないのなら意味がないですが。

 

 まあラブライブ!サンシャイン!!』の曲「Step! ZERO to ONE で言っている。

 明日へ急ぎながら、今を楽しく過ごすというのもこの辺りかなぁ……なんて*17

 

 あとは……そう。

 頭の中お花畑という話。

 

 そもそも、僕の名前自体が植物なので。

 植物≒弱いとか能天気というのは嫌いな発想で。

 

 例えるなら。

侵略する呪海〉〈深淵の花園〉〈毒華繚乱〉〈業華賢嵐という感じで。

 

 まあ、自分の場合は思想という*18をまるで異世界からの外来種のように。

 獰猛増殖させ、駆逐不能なまでに現代社会に根付かせ、社会そのものを蹂躙喰い尽くすイメージなので。

 

 最早、ただ奇麗なお花畑……ではないです。頭の中に渦巻いているものは。

 

 この辺りの植物の危険性は。

仮面ライダー鎧武かアニメ版GODZILLAでも見ていただきたいかと。

 ……どちらも脚本が虚淵玄さんですけど。

 

 まあ、そもそも奇麗なお花畑創るのだって、邪魔な雑草抜くし。

 その花畑の中でも虫とかが平然と弱肉強食を繰り広げているので。

 底なしのジャングルロウですけどね☆

 

 生きているって事は、それ自体が戦いであり。

 戦わなければ生き残れない!! ってことでもあります。

 

 さらにさらに。

 ええといわゆるガチャ……というより物欲の話も少し。

 

 僕の場合は、所有欲がない……のではなく。

 宇宙の総てをすでに自分のものだと思っているので。

 

 別段、誰かが持っているものを無理までして自分の手元に置きたいとか。

 そういうのはないです。

 

 ただ。

 どうしてもこれは手元に置きたいというものに関しては多少頑張りますが……。

 そういうレベルまで「いらない」となると今度は逆に「所有しない」という事にとらわれているので。

 まあ、気分次第ってところですかね?

 

 ちなみに。

 この方法でソーシャルゲームやると。

 どうしても欲しいキャラのピックアップ時にはそれなりにガチャを回すアイテムが集まっているし。

 それで駄目な時に課金しますが……。

 

 ただ、ほとんどの場合またピックアップイベントは来るので。

 今回出なかったら、今回は縁がなかったであっさり諦めます☆

 

 とはいえ。

Fate/Grand Order』の去年の夏イベントの水着ノッブ*19みたいに。

 本当に期間限定っぽい奴は欲しいですけど。流石に。

 おそらく、今年の夏に復刻イベントはあるだろうけれど。その先手に入るかわからないので。

 

 あと。

 そもそも生まれたのが間違いだと思っていた自分は、命や人生すら誰かのために捧げようと思っていたので。

 そういう意味でも所有欲は比較的少ないのかもしれません。

 

 勿論。フィクションのキャラみたいに死ねるわけがないので。

誰かのために死ななければならないかもしれないが、死ぬのは怖い*20

 と悩んでいましたが。

 

 そして。

 自分の欲望を取り戻した今後、この所有欲がどうなるかは不明ですけどね☆

 

 と、まだまだ言いたいことはありますが……。

 ええと、もうこの段階で8000文字超えているので。

 

 今回はこの辺りでやめておこうかなぁ?

 また、いつかこういう話をできればしたいかと思っているので。

 

 その際はよろしくお願いします☆

 m(_ _)m

*1:ちなみに、自分が大河ドラマを視聴するようになったのは『平清盛』です。「タルカス」のオーケストラアレンジが使われていたやつ

*2:ウルトラシリーズだけでも語ればまあ一日楽しめるかと。個人的に『ネクサス』が思い入れがあります

*3:2018年1月17日

*4:というか、町田市のヒーローである『超伝神トライブレイバー』を含め、ヒーロー作品群でシェアード・ワールドをする予定でしたが。かなり初期の段階から

*5:10年前なので、当時まだ一般的ではなかったキャラクターデザイン関連の学部より、名のある大学の油絵科に入れた方が予備校嫌講師の評判が上がると判断しただけじゃねぇーの? と、邪推しちゃいます☆

*6:〈間違い〉ではあって〈罪〉ではなくなったのがポイントで。つまり、この宇宙に存在しないはずの存在なので、宇宙意志すら僕に関しては予測外だという事になります。まあ、科学にしろ芸術にしろ、間違いや失敗から優れた発明や作品が生まれることは多々あるので。間違いが悪であるというわけではないかと

*7:そもそも、父がおかしいと理解したところで、長年の価値観である「親(あるいは大人)は子を私利私欲のために産み育て、子はそれに憎悪を燃やして叛逆することで成長する」という価値観がすぐになくなるわけではなく、おそらく下手をしたら一生この価値観のままでしょう

*8:いや、まあ。そんなオヤジ持ってしまったら反対せざるを得ないというか……まあ、そうなるかと思いますが。また、この問題を他者に相談するたびに「それは親の愛だ」などと言われたので、そもそも親子愛を信じられるかが謎です。現在はかろうじて母の遺品などからそういうものもあるのだろうと推測しているだけです

*9:「世界中大きなファミリー」あるいは「地球が我が家」というやつです。特撮的には

*10:好きなのはあくまで〈人間〉であって〈人類〉ではないです。あとに書いているように〈人類〉が〈人間〉を虐げてまで存続するのなら〈人類〉は滅んで結構です。また、人間好きと言っても〈自称人間〉であるだけの人間以下の外道は別です。また逆に人間でなくても良いものは良いと思っています

*11:今まで恋愛をしなかった理由は〈自分の存在そのものが悪ならば、好きな相手を悪と付き合わせるわけにはいかないから〉であり、また他人のとはいえ子供の面倒を見なかったのは〈子供に悪影響な存在だと自分を持っていたから〉です

*12:名称はどうも生みの親から名を奪ったというメタ的というのか……そんな扱いですね。確か

*13:いや、それフランケンシュタインじゃないです。何故どさくさに紛れてクトゥルフネタ入れますか

*14:この場合の国は自然や文化ではなく、政治とかそういう意味の国です

*15:最低でも10年間は心療内科やら精神科やらその他精神問題の相談をしているのですが。自分が生まれたのが罪だとして育った人間に対して、全く理解を示しませんでしたので。また、学生時代は誰も僕が歪んだ家庭で暮らしていると気が付きませんでしたし

*16:まあ、人類全体が上位存在に進化した段階で、結果的に人類は滅亡しますが

*17:哲学的な話すが続くと精神が深淵に持ていかれるので、たまにオタク的なネタを入れるのがこのブログのスタイル……と、今考えました

*18:まあ〈麦〉なので。〈一粒の麦〉のイメージですね。ここは

*19:織田信長、通称ノッブ。信長は何故かフィクションで女性になっていることが多いですが、当然この信長も女性です。まあ、アーサー王が女性だったというようなシリーズですから当たり前とも言えますが。ちなみにノッブはルックスもイケメンです

*20:ちなみに。彼女を持たなかった理由の一つには「自分は彼女のために死ねるか。あるいは自分のせいで彼女が死んだとして耐えられるか」と考えていたからというのもあります