Eternal Medium Second Chaotic Room

ただの中二病だと思うなよ!!

戦う家事!!

すなわち戦業主不!

戦いとは単に武力だけでなく……

 

 諸君!! 真導院機足*1だ!!

 先日からずいぶん経ってしまったが……兎も角。

 

 前回の記事で宣言したように。

 今回は家事や健康管理と戦を組み合わせた記事を書こうではないか!!

 

 前の記事を忘れてしまった者はこちらの記事を読むがよい!!

 

mugiryu.hatenablog.com 

 さて、では。

 何故、家事や健康管理が戦と関係するのか……と、いうのは。

 そもそも軍事にしろ、武術にしろ、戦いについて考えればわかるが。

 

 過酷な環境で、命のやり取りのような極限状態に置かれた際。

 休息をとり、栄養をつけ、衛生管理をして健康を保たなければならないのは当然の事。

 昔から、よく「戦での死者は、病気や栄養不足が多い」とは言われているので、それはわかりやすいはず。

 

 つまり、家事や健康管理は。

 いかに厳しい環境で戦うとしても、いや.

  厳しい状況になればなるほど必要なスキルという事ができる。

 

 無論、極限状態では使える道具やできることは限られるとは思うが。

 そもそも、平時の道具が手に入り、時間がそれなりにある際にできない事が。

 緊急時に出来る訳がない。

 

 ……と、すると。

 日々の家事や健康管理をするのは戦士としての当然の修業である。

 

 そもそも武術には殺法だけでなく活法があるし。

 武士も茶の湯や禅などを嗜んでいた。また、ヨーガも元々もは武人が行っていたし。

 武術の修業として家事をする場面は定番である。

 

 と、考えると。

 

 戦士は家事をし、心身ともに健康であろうとするものだ。

  ともいえるであろう。

 

 まあ、最も。

 別に本当に戦うかどうかという話ではなく。

 

 家事をする際に、気合が入らないのならば。

「これは戦士としての修業である」

 と思い込んでしまえばよい!! という事だ。

 

 で、最後に。

 タイトルにもあった戦業主不だが。

 

 これはいない状態でも、士の修として家事をする」

 という意味で私が作った造語だ。いいだろ

 

 まあ、気分をノせるのには、勇ましい名前があった方がよいだろうという事で。

 そこまで、深い意味はない!!

 

 では、諸君!! また次の記事で会おう!!

 

f:id:mugiryu:20181230170517j:plain

 ちなみに。

 次の作戦としてこのようなものを作っているが……これについてはまた次回。

 

 

*1:まどういんきたる