Eternal Medium Second Chaotic Room

ただの中二病だと思うなよ!!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を

実は結構Queenは聴いていた

世代……ではないはずだが。

 

 フハハハハハ!! 真導院機足*1である!!

 

 さて、今回は。今月17日に見た映画。

ボヘミアン・ラプソディについて感想を書こうではないか。

 

 現在、我が肉体の年齢は30代前半なので。*2

 当然、Queenが若い頃に直撃した世代ではない。

 

 が、20代前半で頻繁に

 Queenを聴いていたという事はある。

 

 理由は……ジョジョの奇妙な冒険なのだが。*3

 

 Queenの場合。

 特に『ジョジョ』に関係のある曲が入っていないアルバムまで借りて聴いていたので。

 作中に登場した曲はほとんど知っていたりした。

 

 まあ、Queenとは関係なく。

 ライヴエイドのシーンで流れていた〈Sultans of Swing〉もわかったのだが*4

 

 それはともかく。

 

 我、個人的には〈Keep Yourself Alive〉から好きな曲が登場し。

 その後もKiller Queen〉や〈Another One Bites the Dust

 そしてタイトルにもなっているBohemian Rhapsodyなど。

 

 映画を見ていて、またQueenの曲を聴きたくなり。

 最近では頻繁に聴いていたりする状況である。

 

 さて、映画は。

 

 フレディ・マーキュリーを中心に。

 Queenのメンバーが描かれていたが。

 

 我は、Queenに限らず、今まで音楽は聴いていても。

 そのバンド、あるいはミュージシャンが。

 何者で、どういう人生を送り、どういう価値観を持っているか

 を、あまり意識していなかった。

 

 これは我が。

 物語として物事を認識するため。

 単なるプロフィールだと興味を持てないから。

 の、ようだが。

 

 今回の映画は当然、物語として描かれていたので。

 

 彼ら、特にフレディがどういう人物かがすんなりと頭に入り。

 しかも、フレディの人生には共感できる部分も多かったため。

 

 物語としての面でも、この映画は気に入ったというのがある。

 

 また、これにより。

 Queen以外のバンドでも。

 

 物語性のある描き方をしているもの。例えば自伝のようなものを読んで。

 

 この曲を作った人々は何者か。

 を、知るのも良いのではないか?

 

 などと思い、近々。

 昔興味を持ったバンドについていろいろ読んでみようと思っている。

 

 そして、その関係で。

 Queenのみならず、最近は洋楽を聴いているのだが……。

 

 うむ。

 やはり音楽は素晴らしいものだな!!

 

 という事で。

 今回紹介した映画は実に楽しめた。

 

 では諸君!!

 次回の感想も楽しみにしてくれたまえ!!

*1:まどういんきたる

*2:普通に年齢31歳という事です。あと1ヶ月ほどで32歳になりますが。

*3:ジョジョ』の登場人物やスタンド(超能力)の名称は洋楽からとられていることが多く、Queen由来のものいくつかある。

*4:この曲を演奏しているDire Straitsもまたジョジョで登場人物の名前の由来になっているため。