Eternal Medium Second Chaotic Room

ただの中二病だと思うなよ!!

ちょっと予想通り……かと

反出生主義に対しての批判とか

もっと詳しい意見が知りたいが

 前回、10月8日にたまたま〈反出生主義〉という価値観を知り、自分の考えに非常に近いと感じたのですが。

 調べていくと、やはり自分のとは微妙に違うところがあって。

 

 前に書いたように僕は〈主義〉というのはそもそも好きではないのですが。

 どうも〈反出生主義〉だという人の意見とは「他人には強要していない」「〈生きるに値する意味〉が〈絶対にない〉とまでは言っていない」「幸せな人の存在も想定しているし、僕自身が幸せになる可能性も考慮している」辺りが違う場合もあり。

 

 単に「子供を作るのが間違い」という意見だけで同じ主義にまとめるのは危険ではないか……というのもあったりします*1

 

 特に、自然保護的視点で「人類は自然にとって悪」というのは僕には相性が悪く

 何故なら人類も自然の一部だからなのですが。

 しかし、仮に「人類が自ら滅びを選んだとしたら、それもまた自然」なので、別にこの点に関しては〈どっちでもいい〉というのが正直なところです。

 

 ただ、一方で「欠陥があるジェットコースターに子供を乗せた場合、事故なく楽しめる子供と、事故に巻き込まれる子供がいる。欠陥があるまま使うよりは、使用禁止にした方が良い」というような比喩があり。

 これは比較的、僕の言っている人類存続は犠牲者の上に成り立つから、存続させるべきではない」に近いかと思っています。

 

 で、当然。過激な意見なので反論も多く*2

 幸せな人もいる」「生きている意味がある。来世や前世がある」「そういう価値観を考えるのは頭がおかしい」あたりは多いのですが。

 これらは〈反出生主義〉という言葉を知る前に予測できた反論なので、僕なりの意見なら大体答えられるかと。

 もちろん、その反論自体にさらに反論もできますが。

 後は子供がかわいいのにほしくないのかとか家庭を持てば幸せになれるのに」「老後はどうする?系の意見ですかね? その辺りについても僕の意見を。

 

 まず 幸せな人もいる系の意見は。

 もう繰り返すまでもなく「じゃあ、一部不幸な人が出るのは仕方がない」と言って認めるのか? という事です。

 これに関してみんなが幸せなのがいい」という奇麗事ではなく「人類は弱肉強食だ」というようなタイプの価値観の人ならば、逆に〈出生主義〉でもいいという事になるのですが。

 少なくとも僕は嫌なので、人類存続には加担しないかと。

 

 次に生きている意味がある。来世や前世がある系の意見。

 僕は非科学的なものは否定しないし、あるのなら知りたいですが。

 これをまだ生まれてもいない子供や、あるいは〈反出生主義者〉に押し付けるのは「強引な宗教勧誘」と違わないのではないか? と。

 

 あるいは人生の生きる意味に迷ったので、自身は子供を作らず生きる意味を探します」という状態を何かの宗教の信仰者以外は受け付けないというのか?

 信仰の自由がある以上、宗教団体に属さなくても個人的にそう思って修行したり、研究するのは勝手ではないか? とも言えます。

 

 ついでに言うならば私は優れた存在だから真理を求める修行に専念するため、子供は持たないだの人類の最終形態だから子孫はいらない*3というタイプの思想ならば。

 個人レベルならば〈反出生主義〉に近いですが〈悲観主義〉ではない可能性もあるというのもあります。

 

 後、よくあるのが。

たとえ苦しい人生を歩んで死んだ人がいても、その人の人生には意味があった」系の思想ですが。

 意味があったら誰かが苦しんでも構わないのか? それだと例えば虐殺をした者も、された者も、人生には意味があるから仕方がないのだとも言えてしまうのだが?

 という点でも疑問を持っています。

 

 さらにそういう価値観を考えるのは頭がおかしいあるいは所詮は弱者の言い分という意見。

 これについてはむしろ同意すべき意見で。

 ただしかし、あなたの子孫が頭おかしい人や、弱者にならないとは言い切れない」という事になるだけです。

 

 というか僕の場合、実際に精神に異常がある可能性が高いと専門家にも言われているのに。

 具体的に何の異常かわからないから立場上は〈健常者だが無職〉になっているというのがあって、こういう考えを持っているという面もあるので。

頭おかしい弱者だと認めるなら、さっさと認めてなんか手を打ってほしいとさえ思います。

 

 それと子供が可愛いのにほしくないのかとか家庭を持てば幸せになれるのに」「老後はどうする?辺りは。

 この意見がすべて〈大人〉あるいは〈親〉の幸せのための意見で〈子供〉の幸せのための意見ではないことがまず問題で。

 

 更に子供が可愛いに関しては。

「可愛いから持っていいのなら、野生動物を勝手に捕獲したり、好きな相手を誘拐することも正しいのか?」となり。

 家庭を持てば幸せになれるに関しては。

「違法な行為や、非道徳的行為を行っても幸せになる方法はいくらでもあるが、それは悪ではないか? つまり幸せになる事と善悪は関係ないといえないか?」あたりが。

 老後はどうする? については。

「寂しい的な意味なら〈可愛いなら勝手に連れてきていいのか〉と同じような意見に。労働力的な意味なら、相手の同意なく自分のために労働させる目的で連れてくるのは正しいか?」あたりが反論になります。

 

 他に生命の神秘」みたいなものを出す人もいそうだと思いましたが。

 じゃあ生贄の儀式に神秘性を感じているから、人を生贄に使って良いのか?という話になりますね。これは。

 

 ただ実は、ある意味可能性があるかもと思うのが。

生物は子孫を残すために生きているなんですよね。

 

 僕が批判する部分は大抵この思想を持つ人が「人間は論理的にものを考えるから動物とは違う」系の意見で、何故子孫に関してだけ〈生物としての本能〉を優先するのかが謎なんですが。

 

 僕自身は自ら〈人(人間)ではなくヒトという獣〉と名乗っているように、人間だけが優れた生物だとは思っていないので。

生物としての本能は時に人の理性より優れている」という意見なら逆に理解はできたりします。

 

 ただ、その場合は僕個人は本能より理性を重視する生物として間違った存在である自分は、子孫を残さず淘汰された方が良い。あるいはそれが自然」なので子供は残しませんが。

 あるいは生物としてのヒト全体でいえば「生きていることそのものに悩むような間違った生物は滅んだ方がいいのでは?とさえいえるので。

 

 

 ……まあ、この辺りですね。

 

 本当はもっと学んでから色々書きたいのですが、残念なのは日本語だとこの手の主義者の本がショーペンハウアーとかくらいしかメインに扱っている書籍がなく

 他は精々「そういう意見もある」扱いだったりするので、今のところネットでの情報収集がメインになってしまうという……。

 

 ただ世の中だとそもそも子供を作るのが普通過ぎて「何故生む、何故生まれる」についてほとんど考えないので。

 考えてくれる人がいることは、僕自身の救いにはなっている……とは言っておきます。

*1:僕の場合「僕は子供を作るのは間違いだと思っていて、その理由もちゃんとある。だが、他の人は何かそれなりの根拠があって作っているのだろう」としています。逆に言えば「根拠なく作っているならおかしい」という意味でもありますが

*2:僕自身は11歳頃から思っていたので別段過激に思っていないのですが、何せ「生きている意味は大人になればわかる。だからみんな子供を持っている」と本気で考えていたくらいなので。そのため20代前半で同級生が子供を持つようになって、自分の異常性がようやくわかり始め、社会活動に参加すると〈人類存続〉を大前提にしているので、それ自体が衝撃的だったという……

*3:自分の場合、こういった価値観とするならば、親が望んで死んでいるので〈親が最終形態。僕はおまけみたいなもの。おまけのそのまたおまけは余計だからいらない〉と考えています