Eternal Medium Second Chaotic Room

ただの中二病だと思うなよ!!

久しぶりに紹介を

短編小説を追加する

実は数日前には載せていたのだけれど

www.pixiv.net 10月10日に投稿した小説らしく、大体2000文字程度のものなのですが。

 確か9日の夜辺りにTwitterでちょっと書いたネタを小説化したものです。

 

 一応、ある妖怪の詳細について、著者が語るという形ですが……まあ、オチが気になる人は読んでいただけると助かります。

 

www.pixiv.net

 また、こちらも書いた作品で。実は作品自体はこちらの方が先に書いてあったのですが、投稿は後だったという。

 内容に関してはタイトル通り〈矛盾〉について書いたものですが……まあ、ちゃんとオチはあの故事の先には進めておきました。

 

 某ニンジャ小説っぽい雰囲気なので、この文体で果たして良いのかと迷いましたが、まあこういう方向性もありかと。

 ただ、何故かウルトラセブン』ネタがあり、さらに魔弾戦記リュウケンドー』ネタもあるという……。

 

 まあ、そんな感じです。

 

 ちなみに、この作品(と、既に投稿済みの『現代版人魚姫』)は一応〈二次創作〉として投稿してあるのですが……これを二次創作にすると、昔話や伝説モチーフの作品はみんな二次創作になるという……。

 果たして二次創作の線引きはどこまでなのか、気になっています。

 

 それと。

 短編やショートショートの難しいところは「他人とネタが被りやすい。しかもアイデアが同じだと大体オチまで同じになる」というところで。

 

 実は昔、書いていた小説が、その後読んだ星新一さんの「地球から来た男」という作品とそっくりで、タイトルも「空から来た男」*1だったことがあり。

 

 以来、投稿した後に「あの作品のパクリでは?」と言われたらどうやって知らなかったことを証明するのか。ないことの証明は〈悪魔の証明〉になるが……とか。

 無知だと非難されたら今度はそもそも世界中にある作品を把握するのは不可能なのだが。

 という悩みもあったりします。

 

 ただその後。

 H・G・ウェルズさんの『塀についたドア』水木しげるさんの『丸い輪の世界』という2つの作品を偶然読んで。

 この程度なら類似していても問題ないかとは思ったりもしたのですがね。

*1:一応解説すると〈防御力が高い〉という超能力者が、いわゆる念力が使える超能力者と戦い、相手に空に吹き飛ばされた際に、雲を突き抜けたら何故かその先に地面あり。防御能力で着地したが、その世界は〈自分が住んでいたのとまったく同じ世界〉だったという話で。オチとしては相談された相手が「彼の話が本当なら、彼とは逆に〈彼が元いた世界〉に行った彼とほとんど同じ人物がいるはずだ」と考えるというものなのですが……「地球から来た男」に関しては実際に読んでいただいた方が良いかと